ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マクシムス(ロマサガ3)


ヨミ: マクシムス
掲示板をミル!
14カキコ!

マクシムスとは、ゲームロマンシング サ・ガ3」の登場人物である。


概要


作中に登場する宗教団体「教団」の伝者。

普段はピドナの礼拝堂にて、教えを説いている。
教団の顔として、メッサー地方の有者・ルードヴィッヒをはじめ多くの人々に名前と顔を知られているが、クラウディウス嬢・ミューズ夢魔の秘を飲ませ睡状態にしたりと、めいた一面も持っている。

それもそうで、彼の裏の顔は世界の秘宝たる王遺物・魔王遺物を集め、モンスター達を従え教団を乗っ取ろうという邪悪な本性を持っている。その一面を職者という表の顔で隠しているに過ぎない。
ノーラがいるピドナ工房から、工房シンボルである王のを盗み出し親方を殺したのも彼の仕業で、さらにミカエルに成り済ましてカタリナ女の顔をさらけ出しマスレイドを奪ったのも彼の所業である。
(もっともカタリナの場合は、正体を現した際の姿がマクシムスと違う為、彼の手下である可性もあるが。)
夢魔からミューズを救出した後、グレートアーチの桟にいるの老人・ハーマンを連れてピドナの礼拝所を訪れると、マクシムス海賊である事を衆の前で看破する。
マクシムスの正体は元海賊ジャッカルで、かつて海賊として悪名をかせていたが、海賊ブラックに喉を掻っ切られた過去がある。その後も生き延び、マクシムスとして教団に入った。(この話は、ある条件を達成すると仲間に加えられるハーマンの本来の姿・海賊ブラック仲間に連れてピドナのパブでサンゴの話を聞くとられる。)
正体を見破られたマクシムスは、逃亡のち砂漠に立つ王のへ逃げ延びると、教団教祖ティベリウスの前で配下のモンスター達にを襲撃させ本性を露にする。

その後、様々な仕掛けが用意された内を追跡するうちに主人公パーティは人数が1人2人と減っていき、最終的にマクシムスの元へ辿り着く際は主人公1人になってしまう。
そしてマクシムスとのバトルでは、離別した仲間ターン経過と共に1人ずつ戻ってくる。最後は5人うことになるが、7ターン以内に撃破できなかった場合は今度はマクシムスターンとなり、後述のマクシムスガード達を呼び寄せてくる。こうなると、マクシムスへ攻撃が届きにくくなってしまうが、マクシムスを倒せば勝利なので全体攻撃でガード達もろとも倒すか、マクシムスのみを狙い撃つかした方が効率がいいだろう。

ゲーム中で全部で14個存在する、王・魔王の武具のうち、実に5個を1人で(そして、このイベントだけで)独占しているため、強な装備を整えるには避けて通りたくないイベントである。特に七星剣王のは強な固有技を持つため、最終戦まで使い続けられるほどの強さを誇る。
ただし、マクシムスを倒した時点で持ち物がいっぱいだった場合は、持ちきれなかった分の王遺物が消滅してしまう(=手に入らない)ので、マクシムス戦直前は忘れずにアイテム欄を確認し、きを5個以上確保すること。練磨の書等でも「持ちきれない分は消滅する」と記述されているが、持ちきれなかった分は倉庫へ保管されているので安心を。
またストーリー上でも、マクシムスは上述の通り様々なキャラクターと因縁があるので、パーティマクシムスが憎い人々で構成し挑むのも一であるか。
(例:カタリナ主人公の場合)、ノーラ、シャール&ミューズ、ハーマン(ブラック)、ティベリウス等)

ちなみにピドナの礼拝堂へ殴りこむ際はハーマンの代わりに、海賊ブラックを連れて行ってもOKである。
こちらの場合もハーマンと同様にイベントが進行するのみならず、逃亡時のマクシムス台詞が少し変わる。


マクシムスガード


マクシムスとの決戦で出現する、マクシムスの護衛部隊。アンデッドのような貌だが、人間僧侶)である。
内で別れた味方が勢いし、「マクシムスめ、覚悟しろよ」と意気巻いたプレイヤーを逆に驚愕させた。
7ターン以内にマクシムスHPを0にできなかった場合に召喚されてはマクシムスを守護するように布し、これまでにマクシムスが手に入れた王遺物を手に、マクシムスの加勢に入ってくる。
(そして同時にマクシムスHP10000まで回復し、を使った攻撃を使い始めるようになる。)

な武器(王遺物)を手に、マクシムスと共に主人公達へ襲い掛かってくる上、いずれの敵もHP6000と高めなので倒すには手間がかかる。しかも正面のガード2人を倒さない限り、遠距離攻撃や全体攻撃でしかマクシムスに攻撃が届かないので、なかなかの苦戦を強いられる事になる。戦う際は、対集団戦の基本として1人を集中攻撃することだろう。
とはいっても、状態異常が効くという弱点があるので、戦いようはいくらでもある。一例を挙げると、

マクシムスガード(剣)

マクシムスの正面に構える敵。七星剣を使いマクシムスを護衛する。
距離攻撃がい場合は、コイツと後述の使いを倒さないとマクシムスに攻撃が届かない。

各種技の中でも、たまに繰り出してくるバックスタッブの一撃が怖い。(即死の危険がある為)

マクシムスガード(槍)

前述の使い共々、マクシムスの正面をカバーしている。王のを使う。

必中&クリティカルヒット技「エイミング」、強制フリーファイト形で戦うパーティの場合は全員ターゲットになってしまう「足ばらい」、を与える「ミヅチ」など、厄介な技が多い。

マクシムスガード(小剣)

マクシムスに構える敵。カタリナから奪った小剣マスレイドを使いマクシムスを護衛する。

もっとも、大剣に変化するわけではないので脅威は少ない。ウェイアップ」を命じるのが恥ずかしいのか。
が、「インプリズン」や「マインステア」などの状態変化技が地味にうざったい。
また何気に、小剣技「スクリュードライバー」を使う数少ない敵であるため、見切りをコンプリートする場合は見逃せない敵キャラでもある。 

マクシムスガード(斧)

マクシムスに構える敵。魔王を使いマクシムスを護衛する。

4人のガード達で、最も攻撃が高い。もっとも、マクシムスさえ倒せばバトルは決着であるため倒す必要性は低く、上述の小剣使い共々戦闘終了まで残っている事も少なくないかもしれないが。


関連動画



■sm204703[ニコ動]

■sm3932785[ニコ動]


関連商品


■azB000066BPT
■az489366459X
■azB000JAMLOE
■azB004TV3V52


関連項目



最終更新日: 17/01/04 07:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ