ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マシンガン継投


ヨミ: マシンガンケイトウ
掲示板をミル!
20カキコ!

ピッチャー真田! ピッチャー篠原 ! ピッチャー! ピッチャー田! ピッチャー山口
.     ____
.   /      \  / ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄\
.  /   \ , , /\  \ , , /\  \ , , /\.  \ , , /\.  \ , , /\
./  ==⊂⊃=⊂⊃=\⊂⊃=⊂⊃=\⊂⊃=⊂⊃=\⊂⊃=⊂⊃=\⊂⊃=⊂⊃=\
|     ⌒(__人__)⌒ |⌒(__人__)⌒ |⌒(__人__)⌒ .|⌒(__人__)⌒ |⌒(__人__)⌒ |
.\      ` ⌒´  ,/  ` ⌒´  ,/  ` ⌒´  ,/   ` ⌒´  ,/   ` ⌒´ ,/
 /⌒~" ̄, ̄ ̄⌒,ニつ , ̄ ̄⌒,ニつ, ̄ ̄⌒,ニつ, ̄ ̄⌒,ニつ, ̄ ̄⌒,ニつ
 |  ,_____、rヾイソ⊃.____、rヾイソ⊃____、rヾイソ⊃____、rヾイソ⊃____、rヾイソ⊃
 |         `l ̄        `l ̄        `l ̄        `l ̄        `l ̄


概要


マシンガン継投とは横浜ベイスターズ中継ぎ投手を湯のようにつぎ込む継投法。

投入する中継ぎ投手に勝ち試合継投と負け試合継投の区別がく、大差で負けていようが何人もの投手をつぎ込むのが特徴である。

90年代後期のマシンガン打線と掛けてこの名が付いた。

2008年頃、大矢監督がこの継投策を確立させ、田代監督代行を経て、尾監督へ引き継がれた。

評判はよくはない。むしろ悪い方だ。


マシンガン継投の実績



2007年


 7172敗1分(セリーグ4位) チーム救援登板数460(同2位チーム救援勝利26(同2位

チーム救援敗戦13(同6位タイ) チームホール87(同4位) チーム救援防御率4.06(同5位) 

選手名 投球 登板 防御率  勝利 敗戦 セーブ ホール タイトル 備考
木塚敦志 76 3.06  3 1 0 29 登板リーグ2位 ホールド数リーグ4位
那須野巧 63 3.79  4 5 1 12 登板リーグ4位(左腕投手では1位
ホセロ・ディアス 45 4.59  3 4 2 7
加藤武治 52 4.50  8 4 1 11 9試合先発登板
マーク・クルーン 43 2.76  3 1 31 0 セーブリーグ4位タイ
横山 36 3.32  0 0 0 6
川村丈夫 35 3.60  3 1 0 7 5試合先発登板
吉見祐治 38 4.27  3 4 0 3 12試合先発登板
高宮和也 22 7.71  0 0 0 3
 マットホワイト 21 4.96  0  3  0  6

前年の6位から4位へと最下位脱出を果たしたこのシーズンは、久保田智之90試合登板など、阪神横浜以上に中継ぎを使ったためチーム救援登板数は1位にならなかったが、リーグ2位を記録。チーム救援勝利2位チーム救援敗戦数は阪神と並んでリーグ最少は立だがチーム救援防御率は4点台と冴えない結果。ただ、クアトロK(木塚・加藤川村クルーン)の活躍により近年の横浜の中では優秀な中継ぎと言える。

中継ぎエースの木塚が球団記録となる76登板を記録するなど大活躍を見せ、左のリリーフエースとして那須野がキャリアハイの成績を残す。先発としては活躍できなかった加藤川村中継ぎ転向後は安定した成績を残した。抑えのクルーン横浜時代では最多の31セーブを挙げた。


2008年


 4894敗2分(セリーグ6位) チーム救援登板数471(同1位チーム救援勝利19(同4位タイ

チーム救援敗戦26(同1位) チームホール71(同6位) チーム救援防御率4.25(同6位) 

選手名 投球 登板 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホール タイトル 備考
横山 51 3.22 3 5 0 11
寺原隼人 41 3.30 3 9 22 1 4試合先発登板 セーブリーグ6位
小山田保裕 39 3.80 3 4 0 5
石井裕也 35 2.38 2 0 0 14
山北茂利 32 8.72 0 1 0 4
吉見祐治 41 5.30 3 6 0 7 10試合先発登板
吉原 25 6.43 0 2 0 8 5試合先発登板
牛田成樹 23 5.25 2 3 0 3
トラビス・ヒューズ 21 4.91 1 1 1 2
 真田裕貴 26  4.91  2  4  0  3 シーズン途中トレードで移籍
 桑原謙太朗 30  4.74  3  6  0  1 10試合先発登板

 最下位に転落したこの年から本格的なマシンガン継投を始める。マシンガン継投と揶揄されるのもこの時期からである。チーム救援登板数は2位広島(424登板)を大きく引き離しダントツ1位を記録するもチーム救援敗戦、防御率はワースト1位

前年活躍したクアトロKはクルーンの移籍と他3人の成績不振により壊滅。右の横山小山田と左の石井が活躍するも他は投壊状態に。抑えとして期待されたヒューズも活躍できず、前年チーム最多勝の寺原を場当たり的に抑えに転向させたが、登板機会に恵まれない上に9敗も喫してしまった(ハマのヒ魔人)。


2009年


 5193敗0分(セリーグ6位) チーム救援登板数424(同1位チーム救援勝利21(同2位タイ

チーム救援敗戦22(同2位) チームホールド78(同5位) チーム救援防御率4.21(同6位)

選手名 投球 登板 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホール タイトル 備考
真田裕貴 68 2.98 5 4 0 19 登板リーグ5位
高崎健太郎 56 4.01 4 0 1 5 登板リーグ10位タイ
山口俊 51 3.27 5 4 18 7 セーブリーグ6位
工藤公康 46 6.51 2 3 0 10
木塚敦志 43 4.83 3 2 1 16 ホールド数リーグ10位
加藤康介 31 3.68 1 0 0 13
石井裕也 28 4.26 0 6 6 3
吉見祐治 27 4.28 3 4 0 1 13試合先発登板
横山 14 4.80 0 0 0 0

次へ»
最終更新日: 17/10/27 23:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ