ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マスゴミ


ヨミ: マスゴミ
掲示板をミル!
4310カキコ!

マスゴミとは、インターネット上において、マスコミ批判する際に使用される用
マスコミ』と『ゴミ』のかばんである。

更に拍をかけ、「カスゴミ」とも呼ばれる。

現在では、マスコミや著名人が使用するケースもみられる。


概要


 社会器としての報道をする事を建前とするマスコミであるが、下記に述べるような様々な問題を抱えていることから、(ネット住民に)否定的に受け取られている。

  1. 事実に基づかない意図的な捏造
    TBS不二捏造報道問題や朝日珊瑚事件や新党日本に関する捏造事件に代表される捏造報道
    事実でない事項を既成事実化する、既成事実変を行う、結論をあらかじめ決めたうえで都合の良い部分だけを取り上げてミスリードする、などの方法が行なわれている。
  2. 相手によって評価が変わる不さ、偏向姿勢
    媒体にもよるが、与党と野党、日中国朝鮮韓国、とでは同様の政治発言、行為でも評価が大きく変わることが多く、場合によっては正反対になることすらある。また、一般人犯罪では男性女性日本人外国人とでやはり評価が変わることがある。
    その際に、一方は裏付けを取らずに批判をする傍ら、もう一方では不利な事実が発覚しても理矢理な擁護をするなど、明らかを欠く報道がしばしば行われている。
    実際にマスコミ関係者が特定の勢に肩入れするような報道を組織ぐるみで行ったことを言した事例もある(椿事件)。最近では尖閣大規模デモの件を内のメディアが一切取り扱わなかった(海外では大々的に報じられている)。問題が発生しており、明らか特定の存在に利する情報統制、偏向報道が行われている。
  3. 事故犯罪被害者に対する人権視の報道姿勢
    所沢ダイオキシン訴訟や松本サリン事件など
  4. 反権を標榜しながら長いものには巻かれる姿勢
    大きなバックを持たない一般人や有名人に対しては容赦ないが、(スタンスが同じ)政治家スポンサー広告代理店、大手事務所所属の芸人、女性団体、民族団体、同和団体、創価学会等の不正については視したり取り上げても追及が甘いことが多い。
  5. 取材対に多くを要するくせに自らに課することの少ない身勝手ぶり
    各種業界の閉鎖性を批判しながら排他的な記者クラブを構成している。格差社会批判しながら下請け出版や番組制作会社を搾取している。非正規雇用を批判しながら自分たちも非正規労働者を働かせている。説明責任を要しながら記事の間違いは認めようとしないか、謝罪せずにごまかす(教科書変問題や従軍慰安婦強制連行問題など)など。
  6. 新語・流行語大賞ユーキャン新語・流行語大賞
    流行ったか微妙すぎる言葉や、政治的に偏った言葉が、今年の流行として発表される。
    6名の選考委員が今年の流行を選ぶ密室性、選考委員の偏った人選、選考基準の不明確さなどが毎年論争になる。
    選考委員のやくみつるは、2014年受賞「集団的自衛権」「ダメよ〜ダメダメ」は見出しで並ぶことを意識して選んだと述べた。
    2016年受賞「保育園落ちた日本死ね」も多くの批判が寄せられ、ユーキャンが明を出す事態となった。
    世間とのズレやノミネートされる言葉の傾向から「(マスメディアが)流行(っていることにしたい)」「(マスコミが)流行(らせたかった)」などと揶揄される。
    また、野球関係の言葉が受賞する傾向が強い。
  7. 押し問題
    押しとは、発行部数増しの為、新聞社が新聞販売店に余分な新聞を押し付け買い取らせる行為である。マスコミタブーの一つ。
    新聞社は発行部数を元に広告の収入が決まるため、過剰なノルマを新聞販売店に押し付けている。
    新聞社は販売店に、押しを押し付けるだけで簡単に利益を得ることができる。
    販売店は売れ残った新聞の代を、新聞社に支払い大きな負担となっており、酷いケースだと自爆営業を行っている店もある。
    下請けイジメ的なやり方に裁判にまで発展した事例や、2016年には朝日新聞社が正取引委員会から口頭で「注意」処分を受けるという事態が起きた。
    また、新聞社の称部数と実際に配られている部数は大きく乖離している。

 これら、報道姿勢や職業倫理の問題を抱えて、なおかつ他者に対して高圧的であることから、ゴミ同然の存在と揶揄されている。

あまりのゴミっぷりで、マスコミ離れマスコミ不信を招いた。

ただこれらは、批判とはいっても直接的にそれら報道側に抗議を入れると言う際には用いられず、もっぱらメディア批判側のコミュニティ内でのみ用いられる蔑称である。


関連動画



■sm2544322[ニコ動]

■nm8536834[ニコ動]
■sm5047256[ニコ動]
■sm8331191[ニコ動]
■sm2338563[ニコ動]
■sm6626887[ニコ動]
■sm9851950[ニコ動]
■sm24736947[ニコ動]
■sm21402350[ニコ動]
■sm23102318[ニコ動]


関連商品


■az4594060439
■az4877985131
■az4792604508
■azB00DU4GYKS


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/03/24 16:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ