ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マチカネイワシミズ


ヨミ: マチカネイワシミズ
掲示板をミル!
1カキコ!

マチカネイワシミズとは、日本の元競走馬・種である。

競走馬としても、種としても大成出来なかったが、引退後、思わぬ場所から名を得る事となったである。


概要


ファバーロッチダイハードと言う血統。

皐月賞ハードバージがおり、は名系を確立したスターロッチの直であるロッチと、かなりの良血である。

元々2歳でデビュー予定であったが、予定されていたデビュー戦を前に右肩跛行を発症した為、デビューは遅れに遅れて3歳の4月。ここを快勝すると条件戦も連勝し、3戦敗で菊花賞に挑むが、流石にここは荷が重く、メジロデュレンの7着に敗れる。それでも続く阪神大章典では2着に食い込み、元々の良血も相まって古となっての活躍を期待されたが、直後に膜炎を発症し、底を見せないまま引退・種入りとなった。

上記のように良血であったが、競走馬としての実績に乏しい為、種としての種付け料は無料に設定された。

産駒は地方・中央合わせて28頭が出走して計36勝と、繁殖の質を考えると悪くない成績を残していたが、重賞を勝つような産駒は輩出出来ず、1995年に種引退した。

以上がマチカネイワシミズの実績で、良血にありがちな未完の大器といった印で終わるかに見えたのだが・・・


ダビスタⅢにおけるマチカネイワシミズ


1990年代前半~中盤は、競馬人気・売り上げ共に右肩上がりだった時期であり、それに伴い、ダビスタこと「ダービースタリオン」も一代ブームを起こしていた。そんな中、競馬四季報でマチカネイワシミズの「種付け料無料」をにした製作者の園部博之氏は、ダビスタの中にも史実設定である「種付け料無料」を反映させてマチカネイワシミズを登場させたのである。

そしてダビスタでマチカネイワシミズの名は一躍有名になった。ゲーム開始当初に与えられる繁殖が「オオシマナギサ」か「タケノマジック」になるまでり、この2頭にマチカネイワシミズを配合することで、高確率爆発配合をもたらし、資の苦しい序盤から強な産駒を得ることが出来たのである。極端に脚元が弱いが誕生してしまう場合もあるが。

現実世界では大成出来なかったが、ゲーム世界で名を得たマチカネイワシミズは、異色の名と言えるのではないだろうか。


関連動画



■sm11238656[ニコ動]


関連商品


■azB000068I0B
■azB000068I0H


関連コミュニティ


マチカネイワシミズに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/10/21 02:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ