ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マチカネフクキタル(ウマ娘)


ヨミ: マチカネフクキタル
掲示板をミル!
10カキコ!

「アナタこそ、私の待ち人なんです!」

[画像][外部]

マチカネフクキタル(ウマ娘)とは、「ウマ娘 プリティーダービー」の登場キャラクター

実在競走馬マチカネフクキタルモチーフとするウマ娘である。CV:新田ひより


概要


誕生日5月22日 身長158cm 体重:本日は「」なので微減 スリーサイズ:B84/W59/H83

占いが大好きでちょっとドジなウマ娘。いつも雑誌の“占いコーナー”を確認しては一喜一憂している。レースで勝つために必要なものは何よりも“運”だと思っていて、実際、大吉の日には驚異的な実を発揮するらしい。

マチカネフクキタル|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイト[外部]より

外はねした毛にキラキラした瞳のウマ娘。勝負は所々にラインが入った地に襟のセーラー服元ネタの勝負に使われている騎手ズボンの3色だけでまとめたシンプルデザイン。後ろ襟に八卦太極図が描かれていたり、スカートには絵、ヘアアクセにダルマ四葉クローバー占いや開運のアイテムを各所に身に着けている。

を放つのはリュックのように背負ったでっかい招き猫。どう見ても重りだが、ウマ娘の勝負彼女たちのを引き出す不思議ながあると言われている。いかにもご利益は有りそうだし、そんなにおかしくもいのだろう。持ち歌じゃ変な買ったりしてるけど。

彼女が信仰している神様は「シラオキ様」というらしい。


アニメでの活躍


第6話で初登場。占い好きが高じてかファン感謝祭占いをやっていた。

第8話ではスペシャルウィークグラスワンダーが戦った宝塚記念で出走する場面が描かれ、招き猫を背負った姿が視聴者から総ツッコミを受けた。

スズカに勝ったことがあるということから前年の菊花賞ウマ娘とも推測される(「史実」参照)が、第6話のサイドストーリーでは「ウマ娘は見たじゃない(≒とてもそうは見えない)」と言われている。


ゲームでの能力


現在ゲームサービス開始前のため、データはありません。追記をお願いします。


史実


1994年まれのクリスタルリッターズ、アテナウショウ、トウショウボーイ。同じ同期ダート路線で活躍したマチカネワラウカドがいる。名の由来は言わずもがな

戦で2回足踏みするが、3歳(旧4歳)時に未勝利戦を抜け出すとにはその末脚が覚醒。G2神戸新聞杯では本格化前とは言え独走状態だったサイレンススズカラスト200mで末脚一気の差し切り勝ち。続く菊花賞戦のG2京都新聞杯も勝利し、迎えた菊花賞では長距離の適性が不安視され3番人気となったが、こちらも最後の直線で抜け出し快勝。マチカネの冠名で知られた細川益男氏にとって初のG1勝利となった。
しかし、菊花賞以降は蹄の病気に苦しみ休養を繰り返し、6歳まで現役を続けたがついに復活の勝利はならなかった。

価を発揮できた期間は短いが、3歳の3戦の強さを以て彼を20世紀の最強に推すもある。全盛期の末脚は抜け出す間、他のが止まって見える程の切れ味があった。持ち歌の歌詞の「時さえも止まってしまうようなスピード」は決して誇ではない。

引退後は2010年まで種として生活し、現在山梨県の牧場で余生を過ごしている。

詳細は当該記事へ→マチカネフクキタル


関連動画



■1513341016[ニコ動]

■sm33363372[ニコ動]

■sm34933900[ニコ動]


関連商品


■azB076CQ2VZ6


関連項目



最終更新日: 19/04/13 14:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ