ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マツダ・ユーノス500


ヨミ: ユーノスゴヒャク
掲示板をミル!
4カキコ!

マツダ・ユーノス500とは、マツダ1992年から1996年まで販売していた中セダンである。


概要


1992年発売。

所謂「クロノスファミリー」の中の1台であり、1992年現在ではファミリー一の5ナンバセダンであった。(1994年に5ナンバサイズカペラ/テルスターIIが販売されている)
デザインマツダデザイナーが担当しているが、自動車デザイン巨匠であるジョルジェット・ジウジアーロが「小セダンの中で最も美しいデザイン」と評したという。
 
エンジンV6 2000cc/V6 1800ccを搭載。トランスミッションは4速オートマチックと5速マニュアルが用意されていた。
バブル期の企画されただけあって品質や装備は高レベルである。
特に、前期モデル最上グレードである20Gには本革シート、サンルーフ、当時としてはしかったキーレスエントリー、運転席エアバッグ、ABSなどが標準で搭載されていた。
このモデルの特徴的な装備として「高機ハイレフコート塗装」というものがある。これは「10年色褪せない」塗装であり、恐ろしく手間がかかる塗装方法である。 

1993年にはグレードを追加。
20Fをベースリアスポイラーオフブラック本革シートを追加した「20F-X」、20Fをベースにフォグランプやアルミホイールなど、装備を簡略化した「20F-SPECIAL」を追加した。
また、系のボディカラーが「パーサーホワイト」から「ガーディニアホワイト」に変更されている。

1994年にはマイナーチェンジを実施。リアウィンカー色がクリアからアンバーに変更された。
グレードも大幅に見直され、タワーバーやバケットシート、専用のアルミホイールなどが追加されたスポーツモデルである「20GT-i」が追加された。
ボディカラーも大幅に変更され、下級グレードには高機ハイレフコート塗装でない「シャストホワイト」が追加されている。

1995年には日本国内での生産を終了している。


グレード編成


前期モデル1992年2月のカタログを基に作成)

グレード名 エンジン
20G V6 2000cc
(KF-ZE)
20F-SV
20F
18D V6 1800cc
(K8-ZE)

中期モデル1993年5月のカタログを基に作成)

グレード名 エンジン
20G V6 2000cc
(KF-ZE)
20F-SV
20F-X
20F
20F-SPECIAL
18D V6 1800cc
(K8-ZE)

後期モデル1994年5月のカタログを基に作成)

グレード名 エンジン
20GT-i V6 2000cc
(KF-ZE)
20F "レザーパッケージ"
20F
20E
18E V6 1800cc
(K8-ZE)
18K L4 1800cc
(FP-DE)
18J

海外での販売


このモデル海外でも販売されており、日本国内よりも長期間生産されていた。
ハンドル地区の一部(香港オーストラリアなど)ではそのままユーノス500として、欧州ではマツダブランドでクセドス6(Xedos6)として販売されていた。


関連動画


マツダ・ユーノス500に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/11/10 20:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ