ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マリアン=スリンゲナイヤー


ヨミ: マリアンスリンゲナイヤー
掲示板をミル!
11カキコ!

マリアン=スリンゲナイヤーとは、ライトノベル新約とある魔術の禁書目録』に登場するキャラクターである。


概要


グレムリンに所属する魔術師。容姿は褐色肌フレーム眼鏡を着用し、銀髪三つ編みにして後ろで二つに束ねる。装はオーバーオールを地肌に直接着用している。

マリアンは現存する稀少な「小人(ドヴェルグ)」である。ドヴェルグの優れたの技を以て、で作られた工具を用いてあらゆる物体を改造していく。しかしこの工具は、実際には「加工に適した形として、が工具の形状を構成している」だけに過ぎない。すなわちこのこそが工具の本体。

で切ったり槌でいたりするのが的なんじゃない。各々の工具は加工するという意思を伝える最適の形として整えられているに過ぎず、物品の加工に必要な要項を七分類に集約させたに過ぎない。実際には、このが触れた時点でその人体の改造は始まっている」

マリアンが弄る対には人体も含まれ、彼女職人技によって生者を生きたまま加工する事も可ミョルニルドラム缶改造してサンドリヨンテーブルの形に弄ったのは何を隠そう彼女である。
具が多いのは本人いわく「趣味」との事。ただし癒し系と評している辺りに感性には疑問が残る…。

本人は戦闘員ではないとっているが、彼女の持つ『戦乱の(ダイスレーヴ)』が世界の一つや二つを終わらせる程のを持つとされ、また『(ドラプニル)』によって人間が扱える魔剣・霊装なら一で自在に組み上げる事が出来るため、グレムリン内では(オティヌスを除けば)トールと並んで飛び抜けて強いと思われる。

歩く18禁(G)。サンドリヨンなんかはまだいい方で、彼女の手にかかった者はグロテスクに変えられる。そしてその使用法も問題。 達磨落としのように人ホームランしたり、両腕を蛇口改造して“い液体”を捻り出したりと凄惨なを生み、やり過ぎた描写から映像化は不可能とさえ言われていた。そんな彼女だが三期や四期、五期分で活躍するであろうキャラクターに先駆けて映像化したのだが、これはまた別のお話。

本編の三年ほど前に学園都市を出た木原加群(ベルシ)と接触し、魔術に迎え入れた。ベルシの復讐・破滅願望を知っているらしく、彼を救う為サポートにも回っている。組織ではよりもベルシと近く、彼が木原病理への復讐を成し遂げて死亡した際には、普段の命を軽んじる残虐かつ非人的な彼女から想像出来ない程に昂していた。


黒小人(ドヴェルグ)


北欧神話闇の妖精ユミルの死体に沸いた蛆に人の形と知性が与えられた存在で、鍛冶に優れる種族として広く知られる。日本創作品でもよく「ドワーフ」として登場する。々の武具や魔剣を創ったのも多くはドヴェルグ。
本作におけるドヴェルグは、過去実在した特殊な技術を有する人間の集団が、神話として残った存在と言われている。マリアンは現存するドヴェルグであり、ドヴェルグの再とその技術を世界に広める事を的にグレムリンへ合流した。

ヴェルグとしてマリアンが製造した具は「万(ドラプニル)」「(グングニル)」「戦乱の(ダーインスレイヴ)」など、北欧神話においてドヴェルグが製造した物を再製造した霊装である。

グレムリンにおいて重要な役割であるグングニル)の再製造を担当し、オティヌスの製造を彼女に一任しているなど信頼も厚い。ただし、彼女を軸とした製造計画に関してはオティヌスが用意した数あるダミーの一つであり、人生をなげうった彼女を裏切る結果になってしまったのは何とも言い難い。


万象の金(ドラウプニル)


オティヌスが放棄した「(グングニル)」の部品を使用して作られた指輪
元ネタとしてオーディンが保有していた複製を指輪ドラプニル」が存在する。オーディン本人であるオティヌスが持ってないのかは不明だが…。

人間が扱える霊装ならば、それが世界を終焉に導く魔剣だろうと一で自在に組み上げる。すなわち作中で出たほぼ全ての霊装を扱える、という事に他ならない。それもあらゆる魔術の性を秘めた反則性マリアンの所持している具の中ではある意味で最も危惧すべき具と見るべきか。

それにしても、「魔神が扱う(グングニル)」に用いたパーツと技術で「魔神を殺すための万(ドラプニル)」が作られたとは、何とも皮な話である。


戦乱の剣(ダインスレーヴ)


北欧神話を代表する魔剣の一つ。ダーインスレイヴダイスレイフとも。名はこのを鍛えたドヴェルグ「ダーイン」の遺産に由来する。

本質は「世界を終わらせる」。ダーインスレイヴ北欧神話における終末ラグナロク」の合図の一つ。
そのは人をりつけると同時に永遠に癒える事のない傷を刻み、抜の毎に人間の生き血を啜る。の所有者であるヘグニ王は絶えず戦乱を呼び起こし、戦は終末の日「ラグナロク」の始まりまで続いた。すなわち「戦乱を呼ぶ」として言い表すに相応しく、の抜こそが世界を終焉に導くとされている。

後の世に格化されるあまり霊装として規格外の存在となり、対人となれば抜せずとも外装品だけで充分な効を発揮する。世界を容易く消滅させた実者である全能神オティヌス(オーディン)の反応から、出人間の扱える武具の中でも最高クラスである事が伺える。


能力(フルスペック時)


宗教・各宗の『位相』を選択して切断し、限定的に地獄天国再現するというもの。「位相・宗教が溜めこんだを請来する」とも。あくまで請来する対は『原典』から『終末』を切り取る形となる。の形も、も、実際とは異なっている可性も否定できない。

例えばこの際可かは置いておくとして、北欧神話オーディン」を請来したとする。とあるシリーズの「史実のオーディン」と言えば隻眼少女、すなわち作中でオティヌスと呼ばれている魔神少女す。しかしながらエッダに記録されているオーディン隻眼の老人である。これはオティヌス世界変しても編纂者の残した記録をあえて更新しなかった事が原因となっている。
が切断する位相は老オーディン神話という事になる。先述したように出来るかどうかは置いておく。

マリアンは請来する前に「間を切断して一種の結界を作っている」との事。 そうでもしないとエンゼルフォールのような魔術的作用が全世界に働いたり、あるいは世界の許容量が限界えて崩壊しかねないらしい。

一方で、この術式には非常にメタな弱点が存在する。
と言うのも、「神話の原典における終末再現する」ということは、すなわち「現代に残る神話の原典における終末」しか作者(鎌池和馬氏)が描けないのである。
つまり、マリアンがこのを振るえば振るうほど「世界の終わり方」のストックガリガリと減っていき、あまり闇に振るい過ぎると究極的には「世界の終わり方」を使い回さなければならなくなる可性がある、というもの。
(もちろん、か昔に記された神話が新たに発見されればこの限りではいだろうが)

新約10巻で請来したのは以下の神話から。


副次的な効果


先述したように霊装として規格外の存在の為、付属品だけで充分な効を発揮する。


ロキの投網


有名な悪ロキ神話を元に、現代まで残った小人が現代的な解釈(アレンジ)を加えて完成させた霊装。

何者にも囚われない(トリックスター)ロキを捕まえる為にロキ自身が考案した具。ロキバルドルを殺した件の黒幕と言う事がわかり々からの逃亡中にとなって、ふとロキは自分を捕まえる事が出来る拘束具を考えて製造した。だが網は不覚にも追っ手に渡ってしまい、網はロキの捕縛に使用され、最終的に網から脱出しようとしたところをトールに捕まえられたとされている。

この霊装はいかなる者にも囚われないロキを捕まえるという意味を持ち、いわく理論・運命などの抜けを塞ぐ。網の前ではそれが速度で表せるならば例え最速7000kmの戦闘機だろうと追い付いて「捕縛」する。


関連動画



■sm19102780[ニコ動]

■sm24437363[ニコ動]


関連項目



次へ»
最終更新日: 17/03/04 06:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ