ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マリア・カデンツァヴナ・イヴ


ヨミ: マリアカデンツァヴナイヴ
掲示板をミル!
1141カキコ!

あなたのそういうところ…嫌いじゃないわ。
あなたのようにもがかを守るために戦えたら…
世界はもう少しまともだったかもしれないわね

マリア・カデンツァヴナ・イヴとは、テレビアニメ戦姫絶唱シンフォギアシリーズに登場するヒロインである。

:日笠陽子

私は…私たちはフィーネ。そう、終わりの名を持つ者の概要だッ!

デビューから二ヶほどで米国チャートの頂点に昇りつめた気鋭の歌姫
ミステリアスにして強い歌を越え、世界中に熱狂的なファンを多数獲得している。
大義を掲げ、日本政府の管理外となるシンフォギアを身にい、全人類を敵にまわすべく決起する。

――「戦姫絶唱シンフォギアG公式サイトより

武装組織フィーネ名乗りノイズを操るを以って全世界を敵に回す歌姫その的はに包まれている。
詳細不明な、ガングニールシンフォギア装者

的遂行のために大胆不敵な振る舞いをみせる一方で、信条ゆえなのか非合理的な思いつきを実行に移すなど、
どこか偽悪的な振る舞いの裏に収めきれない人間味をわせる。 

なお、風鳴翼ほどではないが独特のセンスをしており、に次ぐ防人の使い手であると見られている。

身にシンフォギアであるガングニールは、
波形照合結果との所感によって「本物」とされているが、が作成したものなのかを始め一切が不明。
天羽奏から立花響に継承されたガングニールとの最大の相違点は、
自在に形状と硬度を変えて多用途で戦闘に用いられる、全身を覆うマントである。
アームドギアは奏のものに色以外が酷似した形状の

OK、マムッ! 世界最高のステージの幕を上げましょうッ!!

私は…マリア・カデンツァヴナ・イヴ
の落下がもたらす災厄を最小限に抑えるため、フィーネの名を騙った者だ。

三ヶ前、ルナアタックに端を発ずる、転軌異常は、
局長アダム・ヴァイスハウプト示の元、米国国家安全保障局
らびに、パヴァリア明結社によって巧妙に隠蔽されてきた。

事態の相は、政界・財界の一を占有する
彼ら特権階級にとってきわめて不都合であり、不利益をもたらす事に他ならないからである。
彼らがに精貴族騎士階級であるならば、
この惑星規模の災厄に立ち向かい、最善の方策を模索するべきであった。
だが卑劣にも、大衆の安全を切り捨てて、自己の保全に終始するという始末。

この体たらくに、私を始めとする米国連邦聖遺物研究機関
F.I.S.の一部職員は反旗を翻し、彼らとは異なるやり方にて辜の民を救済すべく立ち上がった。

だが、政界・財界の一を占有する彼ら特権階級が奏でる不協和音――
そして私のの未熟によって計画は何も達成されないまま、
の落下はいよいよ数十時間後に迫りつつある…

そこで私は、最後に残された手段をとるにいたった。
それは、古代遺跡再起動させることによって行われる転軌アジャストである。
その鍵となるのは、現代に残された統一言ともいえる『歌』の――フォニックゲイン。

今ここに私は、世界最後のステージの幕を上げることを宣言する。

――「戦姫絶唱シンフォギアG」第12話より

の落下がもたらす災厄から人類を守るため、フィーネの転生体を騙るマリアであったが、
特機部二の活躍や自身の優しさ、ドクターウェルの暴走もあり、
当初の計画が頓挫、アジトが発見されるなど、徐々に追いつめられていく。

スカイタワーでの米国政府との交渉が決裂した際、一般人戦闘に巻き込んでしまい、
フィーネを背負いきれていなかった」ことを悔み、自信の感情を殺しドクターウェルに賛同する。

調と切歌のすれ違いや、ウェルの暴走など、望まぬ現実に翻弄され続け、
それでも人類のため、セレナの犠牲を駄にしないためと歌を謳うが、の落下に抗えない。

ウェルによりエネルギー制御室ごとナスターシャ教授を排除されてしまい、自暴自棄となるマリアだったが、
ガングニール立花響に応えると共に、その偽りの心を解きほぐされるのだった。

セレナの意思を駄なものにしてしまうと、嘆き悲しむマリアの前に現れたセレナの幻影に諭され、
「歌で世界を救いたい」と、生まれたままの感情で自分に向き合うマリア
も偽りも脱ぎ捨てて口ずさむ「Apple」は、
その旋を、歌詞を知らずとも、自然、聴く者の口をついて出てくるばかりか、
世界各地にき渡り、共鳴しつつフォニックゲインを高めていった。

ナスターシャ教授の機転によって、マリアの歌を介して世界中より高められたフォニックゲインを束ね、
の遺跡を再起動、一部不全となっていた機を回復。
設定されていた転軌へとアジャストされることで落下の阻止に成功する。

セレナナスターシャ教授に後押しされ、少女のまま止まっていたマリアの刻がついに動きはじめるのだった。

「マムが未来を繋げてくれた。ありがとうお母さん…」

名言集 戦姫絶唱シンフォギアG

世界最後のステージ(関連動画)の幕を上げましょう


■1372917657[ニコ動]

見せてもらうわよ、戦場に冴える抜き身の関連静画をッ!

■im3285400(静画)
■im3311934(静画)
■im3459822(静画)
■im3426772(静画)

イラストをもっと見る[外部]

3期概要を信じる勇気が無かったばかりに…

逝したセレナの想いに報いるため、
の落下から人類を守ろうと、あえて悪を貫こうとしたが、
手を繋ぐ強さを持たなかったばかりにたちと敵対した過去を持つ。

身にアガートラームは、
かつてセレナが用いていた多き白銀のシンフォギア
コンバーター破損の為、本来はギアの形状に構成されないのだが……

――「戦姫絶唱シンフォギアGX公式サイトより

「G」エピローグの後、仲間である暁切歌月読調立花響の将来を守るため、
国連との司法取引に応じ、国連所属のエージェントとして自由のない立場にあったが、
オートスコアラー、そしてアルカ・ノイズという新たな敵の襲来により、
災害対策機動部タスクフォース「S.O.N.G.」への転属を希望する。

少なくとも偽悪的に振る舞う必要がなくなったためか、本作のマリアは精的にやや安定しており、
自身のシンフォギアや、聖遺物と人体を繋ぐための制御LiNKER」も持たないが、
かつて自分を救ってくれた風鳴翼立花響の窮地に、時に大胆な行動をとることも。

とある場面で再び「ガングニール」をうことになるのだが、本作では「G」で活躍していたマントが消滅。
これはマリアの心の変化に伴いギアが変化した結果であり、
マリア自身もマントに頼ることなくアルカ・ノイズに対して見事に立ち回っている。

余談だが、ある場面でオートスコアラーぽんこつと呼ばれていたりするが、
本作のマリアに性格上のぽんこつ要素は特に見られていない。
単に先の都合上、シンフォギア装者として不全なためと思われる。

復活の、アガートラーム…

「G」最終話でコンバータが破損し、使用できなくなっていたアガートラームであったが、
オートスコアラーの脅威に対抗すべく、エルフナイン錬金術によってコンバータ部分の新造が行われ、
イグナイトモジュールを組み込んだ新生アガートラームとして復活する運びとなった。

アームドギアは短であり、複数生成可であったり状に伸びたりと、応用性が非常に高い。
また左腕に装着した銀色の篭手により、肉弾戦も可となっている。

辺での特訓の最中に突如現れたガリィ・トゥーマーンに応戦するため新生アガートラームマリアであったが、
そのの差に圧倒され、諸刃の剣であるイグナイトモジュールを発動するも、
「弱い自分を殺し、強くなる」ことを望んだ結果、イグナイトモジュールの制御に失敗し暴走敗北してしまう。

「強さ」について思い悩むマリアの前に、再び現れるガリィ。
「弱いまま」であるマリアは、イグナイトモジュールを扱えずにいた。

しかし、エルフナインによって「弱くても、自分らしくあること」こそが強さであると気付かされ、
イグナイトモジュールを発動。偽らないありのままの姿を貫くことで、ダイスレイフの呪いを抑えこむことに成功し、
魔剣ダイスレイフのを得たアガートラームにて、ついにガリィを討伐することに成功した。

たとえ万策尽きたとしても、一万と一つ目の手立ては――きっとあるッ!!

ワールドデストラクターとしての機を発揮したチフォージュ・シャトーを止めるため、
内部の制御装置をマリアたちの前に、シャトーの防衛システムが立ち塞がる。


次へ»
最終更新日: 19/03/25 10:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ