ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マリオブラザーズ


ヨミ: マリオブラザーズ
掲示板をミル!
26カキコ!
タイトル画面 マリオブラザーズ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売 任天堂
開発 任天堂
発売日 1983年9月9日

マリオブラザーズとは、1983年に登場した任天堂アーケードファミコン用のアクション友情破壊ゲームである。

平成まれの人にとっては「スマッシュブラザーズのご先祖様」と言ったほうが分かりやすいかもしれない。

概要

[画像を見る]1Pマリオ、2Pがルイージを担当して下水道に住むカメやらカニやらハエを退治するゲーム

敵を床の下からジャンプで押し上げて転倒(カニは2回押し上げる必要がある)させて、転倒している間に蹴り飛ばせば倒すことができ、全滅させれば1ステージクリアとなる。

その他にもファイアボールや床を凍らせるフリーズと呼ばれる氷柱など、お邪魔なキャラが登場する。

そして、2人同時プレイで協してプレイすることができるのがこのゲームウリである。

ルイージが初登場したのもこのゲームである。
マリオカメ土管コインといったお決まりもこの作品が作った。

同時プレイはお互いに分担して敵を倒したり、相手が転倒した敵を蹴ろうとした直後に下から押し上げて復活させて殺したり、横から相手を押してにじり寄ってくるカメに押し付けて殺したり、ジャンプしてる相手を下からどついて上の床にいる敵にぶつけたり、終いには殴り合いのリアルファイトと、実に微笑ましいの当たりにすることができるだろう。リアルファイトゲームの元祖の一つとして当時日本中の子供達が殴りあった。

大乱闘スマッシュブラザーズの元祖的存在であり、21世紀の現在でも2人以上で遊ぶと結構楽しい。ちなみに「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」にもマリオブラザーズステージが登場している。

現在ファミコン版がバーチャルコンソールで配信されているほか、「スーパーマリオブラザーズ3」などに収録されている(後述)。

アーケード・ファミコン移植以外

上記以外の作品では1980年代前半頃のパソコンPC-88など)で「パンチボールマリオブラザーズ」「マリオブラザーズスペシャル」として移植されている(開発はハドソン)。

1983年にはゲーム&ウォッチ版が発売された。

ディスクシステムでも「かえってきたマリオブラザーズ」として永谷園とのコラボソフトが出た。このソフトゲームの中に永谷園広告が入っていて、通常より書き換え料が安かった。→「帰ってきたマリオブラザーズ」の記事も参照

また「スーパーマリオブラザーズ3」や「スーパーマリオアドバンスシリーズなどでおまけとして収録されている。スーパーマリオ3ではゲームゲームとして2P対戦専用ゲームとして登場。ゲームに勝った場合は相手プレイヤーを一回休みにできる。スーパーマリオコレクション版では、BATTLE MODEが別に用意され対戦に特化したマリオブラザーズを楽しむ事ができる。スーパーマリオアドバンスシリーズでは、内容は同じであるが画像グラフィックを一新しており綺麗になっている。またマリオ3版とアドバンス版ではカメトゲゾーに変更されている。

関連動画

ファミコン版・NES版


■sm4248032[ニコ動]

■sm4717921[ニコ動]
■sm9062142[ニコ動]
■sm15125708[ニコ動]

アーケード版

■sm822684[ニコ動]
■sm12650842[ニコ動]

かえってきたマリオブラザーズ

■sm1524849[ニコ動]

マリオブラザーズスペシャル&パンチボールマリオブラザーズ

1980年代前半頃のパソコン移植されたもの。移植担当はハドソン
パソコンの機種別の動画が幾つか上がっているが、数が多いので下の2つのみ紹介。
タグ検索 → マリオブラザーズスペシャル[動]パンチボールマリオブラザーズ[動]

■sm4400100[ニコ動]
■sm1567599[ニコ動]

BGM

■sm7524816[ニコ動]
■sm14103837[ニコ動]
■sm15543483[ニコ動]

その他

■sm1381569[ニコ動]
■sm2311454[ニコ動]

左:韓国製のMSXパチモンソフト
右:「大乱闘スマッシュブラザーズX」のマリオブラザーズステージ

ピコカキコ

ゲームオーバー

関連商品

■azB00022FI30

関連項目


最終更新日: 14/12/16 23:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ