ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マリオ・バロテッリ


ヨミ: マリオバロテッリ
掲示板をミル!
10カキコ!

マリオ・バロテッリMario Barwuah Balotelli 1990年8月12日 - )とは、イタリアサッカー選手である。イングランドプレミアリーグリヴァプール所属。ポジションはFW。ガーナ系の移民であり、ガーナ籍も所持している。

身長189cm。体重88103kg。


概要


ガーナからイタリア・シチリのパレルモに移住したバルウアーに生まれる。しかし3歳の時にバロテッリ夫妻へ里子にやられ、この家族の元で育てられた。マリオ自身はバロテッリ夫妻が一の家族だとっている。

2001年イタリア・セリエC1のルメッツァーネのユースに入団。2005年トップチームデビューを果たす。

2006年イタリアセリエAインテルへ移籍。当初はユースに在籍していたが徐々に頭を現し始め、2007年17歳セリエAデビューを果たす。以降堂々としたプレーを披露し、戦として計算できる選手へと成長。2009-2010シーズンにはクラブ3冠達成にも貢献した。しかし後記するように数々の問題行動を起こし、バロテッリ在籍時に監督を務めたロベルト・マンチーニジョゼ・モウリーニョは頭を悩めることとなった。

2010年イングランドプレミアリーグマンチェスター・シティへ移籍。当時シティインテルでも監督を務めたロベルト・マンチーニチームを率いており、2年ぶりに再会することとなった。ここでも問題行動はやまなかったものの、監督の信頼もあり、得点を重ね、2011-2012シーズンマンチェスター・シティ44年ぶりとなるプレミアリーグ制覇に大きく貢献。しかしその後はFWの層が厚くなったことに加え、自身の問題行動が一向に収まらなかったこともあり、出場機会が低下した。

2013年1月イタリアセリエAACミランへ移籍。の加入であったが、加入1年は13試合12得点の活躍を見せた。2年2013-2014シーズンにも昨シーズン同様の活躍がめられ、自身はまずまずの活躍を見せたが、チームは低迷して8位でのフィニッシュとなった。

2014年イングランドプレミアリーグリヴァプールへ移籍。加入当初から懐疑的な意見が多く、バロテッリの獲得自体「パニックバイ」とまで言われたが、結局その前評判を覆すことができずリーグ戦16試合1得点に終わった。

2015年イタリアセリエAACミランレンタル移籍で復帰するもリーグ20試合で1得点に終わる。

2016年フランスリーグアンOGCニースへフリーで移籍。加入直後から得点を量産し続けた。しかし2018~2019シーズンに入ってからは後述の体重過が原因と思われる不調に陥りクラブとは喧別れとなった。

2019年1月の移籍市場で同じくフランスオリンピック・マルセイユシーズン終了まで契約。第27節でボレーシュートを決めた後カメラマンから受け取ったスマホインスタ自撮り投稿するというセレブレーション話題に。


悪童伝説


インテル時代

マンチェスター・シティ時代

ACミラン時代

リヴァプールFC時代

OGCニース時代

その他


実はいい奴説



代表


2010年イタリア代表デビュー。常に批判が付きまとっているものの、チェーザレ・プランデッリ前監督の信頼もあり、EURO2012FIFAワールドカップなどの際大会に出場。中でもEURO2012では3得点を挙げて得点王タイイタリアの準優勝に貢献。スペインと並んでニ強と呼ばれていたドイツ相手に決めた弾丸シュートは凄まじく本人も「あのゴールを見たらの名前を忘れないだろう」とっている。2014ワールドカップではイングランド戦で決勝点をあげるもののチームはGLを突破できなかった。


関連動画



■sm18217718[ニコ動]

■sm12090161[ニコ動]
■sm19924452[ニコ動]
■sm13885767[ニコ動]


関連商品


■azB0094W86TC
■azB008MJ30O4


外部リンク


Instagram[外部]


関連項目



最終更新日: 19/07/09 23:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ