ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マリガン


ヨミ: マリガン
掲示板をミル!
8カキコ!

マリガン(Mulligan)とは、人名を由来とする用である。


曖昧さ回避


  1. ヨーロッパ圏における姓。またはそれに由来する
    1. キャリーハンナ・マリガン - イギリス女優
    2. ジェリー・マリガン - アメリカジャズサックス奏者。
    3. マリガン中尉 - 『機動戦士ガンダム』のキャラクターシャア・アズナブルの副官の一人。
    4. パトリック・マリガン - マーベルコミックの登場人物。トキシンの最初の宿
    5. アメリカ俗語で、アイルランド人自体をす。
      1. マリガン・シチュー - アメリカアイルランド煮込み料理
  2. ゴルフにおける、打ち直しに関するプライベートルール
  3. 2.から生し、カードゲーム、特にトレーディングカードゲームにおける引き直しに関するルール

1.の概要(人名)


アイルランドを起とする姓。ひいては、アイルランド系(移民)の通称でもある。

モリガン(Morrigan)やモルガン(Morgan)はスペルが異なる。カタカナ表記では混同されることがあり、下記のゴルフでは「モリガン」という人もいる。


2.の概要(ゴルフ)


ショットを打ち損ねた時、やり直しを認めるプライベートルール
仲間内や接待ゴルフだけで通じるルールで、公式には存在しない。
公式の競技では故意にボールを動かしたということになり、打罰どころか競技失格ものである。

プライベートルールの中では「OKパット」と並んで有名。アメリカでは割と頻繁に行われており、ゴルフ場によっては「No Mulligans」の立て札がある場合も。

ティショットをチョロったなど、どうしようもない大失敗をしたときに「ごめーん! マリガンしていい?」などといいながら、同伴競技者の同意を得た上行うのが一般的。

「第1ホールのみ」「ハーフごとに1回ずつ」「ティショットのみ」など、一定の制約があるのが普通。どこまでマリガンを認めるかは状況により異なるが、あまりも手前勝手なマリガンは顰蹙を買うので控えた方がいい。

ただし、顰蹙を権で踏みにじれるのなら話は別である。アメリカ大統領ビル・クリントンは、特に宣言するでもなく何度も打ち直すめちゃくちゃなマリガンをすることで有名で、ビリガン(Billigan)と揶揄されるほどであったという。あなたがTAPと見まごうばかりのマリガン無双をしたいのであれば、総理大臣大企業の重役になって接待ゴルフをしてもらえばいいのである。そんなことをやって権を維持できるかどうかはともかく。

これとは別に、チャリティーの大会などでは、マリガン権が売りに出されることがある。ショットミスった場合、一定額をチャリティーに寄付することで打ち直しができるものである。この場合は後ろされるいわれはないので財布の中身が続く限りマリガンをして、恵まれない人たちを救おう。不当な遅延になるかもしれないが知るかそんなもん。

由来は諸説あるものの、マリガン、あるいはそれに似た名前のゴルフプレイヤーがいたということについては大まかに共通する。


3.の概要(カードゲーム)


カードゲームで、最初の手札が悪いときに一定のペナルティの下にもう一回引き直し・交換ができるというルール。由来は前述のゴルフで、カードゲームとしての起は「マジック:ザ・ギャザリング」である。

トレーディングカードゲームでは、多くの場合、はじめに数枚カードを引き、手札をえてからゲームを開始する。通常は序盤に場を固めるのが何より重要なため、本人の実以上に初手の引きがそのまま勝敗につながってしまうことがしばしばある。
そのため、ゴルフと異なり、多くのゲーム公式に認められている。

マリガンは1回きりの場合と、何度もできる場合がある。何度もできる場合は、回数に応じてペナルティが大きくなる場合がほとんどである。


マジック:ザ・ギャザリング


マジック:ザ・ギャザリング

カードゲームでの用法はこのゲームが初めて採用したものである。
他のTCGでは通称の場合も多いが、MTGでは公式の名称である。

マリガンの方法は、時期により異なる。
原則として、初めて採用された大会の地名から名前がつけられている。

ノーランド/オールランド・マリガン(~1997)

手札に土地が1枚もないか、すべて土地である場合、手札を開した上で1回だけ罰で引き直せる。

しかし、1枚でも土地があれば、もしくは7枚中6枚が土地であっても引き直せない。
また、マナを出さない土地であっても手札にあれば引き直せなくなるため、事故率が高かった。

パリ・マリガン(1997-2015)

手札の内容に関係なく、何度でも引き直せる。その代わり、引き直すごとに1枚減らす

現在のマリガンルールは、基本的にこれを基にしている。

バンクーバー・マリガン(2015-)

引き直すごとに1枚減らすのはパリ・マリガンと同様。

ゲーム開始時の手札を決定した後、1枚以上手札が初期から減っている場合は、山札の1番上を見て、それを1番上のままにするか、1番下に戻すか選ぶことができるこれは、MTGで言う「占術1」と同じ操作である。

ロンドン・マリガン(2019?-)

2019年に試験的に採用予定。好評ならば正式なルールとなる。

何度のマリガンであろうと、始めは初期手札と同じ枚数(通常は7枚)カードを引く。
その後、N回のマリガンならば、N枚を山札の一番下に戻す

手札決定後の占術は止される。


関連動画



■sm29819765[ニコ動]

■sm15158847[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/02/24 11:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ