ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マンガ図書館Z


ヨミ: マンガトショカンゼット
掲示板をミル!
137カキコ!

マンガ図書館Zとは、株式会社Jコミックテラス運営する電子書籍サービスである。


概要


他の電子書籍配信サービスと異なり、マンガ図書館Zでは「絶版になったマンガ」や「単行本化されていないマンガ」を著作者許可を得て(※)開している。これによって得られた広告収入を著作者に還元する、というのが基本システムである。作品の配信による広告収入は100%著作権者に還元され、サービス側は手数料を取らない。

2015年12月24日からは若干状況が変化している。後述。

マンガ図書館Zは漫画家赤松健氏が2011年に開始した「Jコミ」が前身である。その後2014年に名称を「絶版マンガ図書館」に変更。2015年赤松氏株式会社GYAOが共同で株式会社Jコミックテラスを設立、名称をマンガ図書館Zに変更し、Jコミックテラス運営する形になった。赤松健さんとGYAOが無料マンガ配信に新たな一手 「マンガ図書館Z」始まる - ITmedia eBook USER[外部]

マンガ図書館Zからは成人向け作品については有料プレミアム会員のみのサービスとなっている。【補足1】なぜ、成人向け作品が有料プレミアム会員のみのサービスになったか - (株)Jコミックテラスの中の人[外部]

2018年7月に、Jコミックテラスメディアドゥホールディングス下に入り、講談社からも出資を受けている。http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/news131.html

2018年8月より実業之日本社と共同で実実験を開始した。実業之日本社過去に出版した作品を第三者がアップロードし、実業之日本社作家に確認を取り、許諾を得れば広告付きで無料配信する。「海賊版サイト全滅させる」 出版社との実証実験、赤松健さんの狙いは 2018.8[外部]


サービス内容


※以下に記載されているのはJコミ時代のものであり、現在のマンガ図書館Zとは異なる部分がある。


次へ»
最終更新日: 19/07/13 18:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ