ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マン・マシーン


ヨミ: マンマシーン
掲示板をミル!
37カキコ!

マン・マシーン(MM)とは、『ガイア・ギア』に登場する機械の総称


概要


小説サウンドシアター作品『ガイア・ギア』に登場する機動兵器カテゴリーで、宇宙世紀200年代で一般的に普及している。

モビルスーツはアフランシの住んでいたに流れ着いたギャプラン香港ビルに隠されていたゾーリンソル以外登場しない事から、既に過去のものとなっているようだ。

コクピットは全モニターが標準となっていて、機体に備わったカメラから取り入れられた映像コンピューター処理されてディスプレイ投影される。また、動核融合炉になっているなどモビルスーツとのメカニズムにそこまで違いはない。

武装もビーム・ライフルビームサーベルなどモビルスーツで使われていた兵装が使用されている。一つ違うとすれば、サンド・バレルと呼ばれる砂状の重金属粒子を散弾として発射する、ショットガンのような兵装が広く普及している点である。


サイコミュ


サイコミュとは波増幅装置で、搭乗者の波および五感を拡大させる。搭載されたマシーンファンネルを扱うことが出来、ガイア・ギアα、ブロン・テクスター、ギッズ・ギースにはサイコミュファンネルセットで装備されている。逆にサイコミュが搭載されていない、ガウッサ、ドハディ、ガイヤスにはファンネルも装備されていない。

小説版ではサイコミュを使って頭が変になるのは過去の話という会話が第3巻であったが、その話の通り、アフランシ。シャアウルウリアンなどはサイコミュを使って戦闘中に外界の『気』を鋭敏に感じ取っていたが、頭を痛めるなどの兆は見られなかった。ただ、ファンネルの使用は気を消耗するので、一度の戦闘で一度使うのが限度となっている。

サイコミュを使用するには、事前シンクロ作業が必要となる。独断でガイア・ギアαにケラン・ミードが搭乗した際にはサイコミュ反応は出なかったのだが、ガイア・ギアαに初めて搭乗したアフランシ・シャアサイコミュが作動していないにも関わらずサイコミュの反応を出しているのを、グレンコールディル医師クラッカワ・ナカガが確認していた。ガイア・ギアαにケラン・ミードが搭乗した際は、サイコミュの反応が出なかったが、アフランシ・シャアが搭乗した時はサイコミュを作動せずとも反応が出ていた。どうやらニュータイプにしか使用出来ないようである。

サウンドシアター版では、オールドタイプサイコミュを使用する事も可となっているが、非常に負担が大きく、下手をすれば後遺症が残ることもあるので、特に必要がい場合は切るか、ユニットごと外してしまうことが多い。


宇宙世紀の歴史上の扱い


小説ガイア・ギア』は『機動戦ZZガンダム』の放送後の1987年からニュータイプ誌上で掲載が開始した。その為後年に制作された、小モビルスーツ流となっている設定の1991年の『機動戦士ガンダムF91』や1993年の『機動戦士Vガンダム』とは設定上、繋がりはない。

設定の整合性を取ろうと考えた場合、小MSの後にマン・マシーンへと移行したと見て、再び大化が進行したという事になる。小化から再び大化するのは一見不合理だが、ジェネレーターの高出化や各部のユニット化などの合理化が図られた結果、整備性や汎用性はむしろ上がり、ペイロードや換装システムの簡易化などの恩恵だけが残った状態ではあるものの、やはり不自然さは拭えない。 

ガンダムエース2010年10月号に富野由悠季が載せたはじめたいキャピタルGの物語という小説にマン・マシーンが登場。だがこれを元にしたアニメガンダム Gのレコンギスタ』では登場兵器モビルスーツになっている。


ガイア・ギアα


■im3634269(静画)

シャア存続計画』を推し進めるズィー・ジオンオーガニゼーション(名後はメタトロン)によって極秘裏に開発された「ガイア・ギアシリーズ」の1号機。ガイア・ギアとは、人機械の最先端メカニズムの総称である。
な搭乗者はシャアメモリークローン、アフランシ・シャア

→詳細は「ガイア・ギアα」を参照。


ゾーリン・ソール


ホンコンビルにおよそ100年間隠されていたモビルスーツで、作中でアフランシが初めて搭乗する。

ホビー・ジャパン誌の設定では、開発にアナハイム社が関わったとされ、Ξガンダム、ペーネローと同じく第5世代MSに分類されていた。しかし、この設定は小説サウンドシアターでは登場しない。

→詳細は「ゾーリン・ソール」を参照。


ドハディ


メタトロンマン・マシーン。
マン・マシーンの絶対数が足りていないメタトロンにおいて、生産コストの低さと高いメンテナンス性をウリに、堅な機体構造を備えた機体として開発された。モジュール式のバックパックを採用し、驚異的な多機性を秘めている。

その一つに探知用オプションがあり、ドハディは戦闘以外に偵察などに重宝しているようだ。


ガイヤス


ガイア・ギアα戦闘データをフィードバックしたメタトロンの新量産機パイロットはブノアロジャック、彼女はアザリアパリッシュ提督ビジャン・マハを掃討後、アフランシ・シャアを暗殺する任務を命されていた。

ガイアギアと違って可変機構こそないものの、装甲を強化しており、ジェネレーターも2次反応炉となっている。


ブロン・テクスター


連邦側の新マン・マシーンで、試作の0シリーズと呼ばれる1機にマハのウルウリアンが搭乗する。その他にも量産型が登場する。

ガイア・ギアαと同等以上の機動性を備えており、サイコミュも搭載している。従来のマン・マシーンと較するとかなり装甲が厚いが性を装甲にのみ割いているわけではなく、背部ウイングの先端部にセットしたバーニアによって高い機動性と旋回性を有する。

ウルの搭乗していた試作は、小説第5巻でチューンナップされてになった。Ψ-サイクル機関が用いられて核融合炉の熱サイクル問題が解決され、ジェネレーターを増設した。武装面ではシールドファンネル射出装置の追加、横置きにマウントされたメガ粒子砲を装備。脚部アクチュエーターと各部関節のアクチュエーターも強化された。

そんな大幅な強化をしたにも関わらずロン・テクスターは、メッサーメットの乗るガイア・ギアαにより鹵獲されてしまう。後の作戦では、メッサーが搭乗しメタトロン側に使用されるが、ブロンテクスターの機構を熟知したウルの「ギッズ・ギース」に動きを先読みされ撃破されている。


ガウッサ(ガゥッサ)


■im2497682(静画)

連邦軍で制式採用されているマン・マシーン。連邦内の特殊警察であるマハも使用している。

小説ではアフランシがジョナサン・リーヴの搭乗していた十八番機を鹵獲して使用。もう1機のガウッサに向け発射したビームライフルを直撃させて、機体を化した。その時一射された閃光はアフランシの再生もしくはシャア・アズナブル神話復活を告げたのかもしれないと表現された。

→詳細は「ガウッサ」を参照。


ギッズ・キース


ホンコン・マハの新マン・マシーン。パイロットは、ジャンウェン・フー、ウルウリアンなど。物語後半マハのを担う。

ヤン教授の虚軸理論に基づいた最新技術「ψ-サイクル核融合」を採用している。この最新技術によって、ギッズはのジェネレーターは従来のマン・マシーンとべ体積35パーセントほど出が上昇した。またこの技術は後にブロンテクスターψ-サイクルブースターにも流用されている。


関連動画



■sm5059080[ニコ動]

■sm30257727[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/01/03 14:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ