ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マン島TT


ヨミ: マントウツーリストトロフィー
掲示板をミル!
66カキコ!

マン島TTレース(The Isle of Man Tourist Trophy Race)は、を封鎖して行われる二輪車レースであり、100年以上の歴史を持つ。


概要


英国西部グレートブリテンアイルランドの間のアイリッシュに浮かぶマン島(大きさは日本淡路島くらい)を舞台に、5月最終週から6月第一週にかけて約2週間にわたって開催される。レース専用のサーキットで行われる他の多くの二輪車レースとは違い、正正銘ので行われるの『ロードレースと言われている(レース名の一部となっているTT: Tourist Trophy は、都市を移動する長距離レースす)。二輪車レースとして最古の、そして最高峰のレース考える人も少なくない。

コースの南東部にある首都ダグラスを起点として、西へ北へと大きく曲がりながら、北東海部の町ラムゼイに入り、スタート地点まで戻る。一周 60.7 kmで200以上のコーナーが存在し、396mもの高低差があるこのコースを約3周して、順位を競う。普段は一般として日常生活や観光のために使われているもので、レース中は一般車両の通行を封鎖する。レース車両1000ccベーストップクラス)ではあるが、速度200 km/hを上回り、最高速330 km/hを記録する。


参戦クラス


参戦する車両クラス分けは世界スーパーバイク選手権(SBK)に準拠している。簡単に説明すると

TTスーパーバイククラス
1000ccスーパースポーツバイクの広範囲改造OK(SBKクラスに当たる)
TTスーパースポーツジュニアクラス
上記の600ccスーパースポーツバイク版(SSKクラスに当たる)
TTスーパーストッククラス
1000ccスーパースポーツバイク改造範囲が厳しく制限(スーパーストック1000クラスに当たる)
TT Zeroクラス
電動バイク限定クラス(厳密に言うとCO2排出ゼロバイク限定なので、必ずしも電動である必要はない)
TTライトウェイトクラ
650cc2気筒バイク限定クラス
TTサイドカークラス
600ccレーシングサイドカークラス(レーシングニーラーF2クラスに当たる)
TTニアクラス
スーパーバイククラスの予選通過者のみ参加可なマン島TTレースの大トリ

危険性


マン島TTレースは、安全面から常に将来が危ぶまれていると言われている。

通常レースが行われるサーキットにはエスケープゾーンと呼ばれ、転倒やコースアウトの際にも安全なように、砂が敷き詰められた広い退避エリアが設けられている。また、その先にあるスポンジタイヤリアが設置してあって、衝撃をある程度和らげてくれる。しかし、舞台のこのレースでは、もちろんそれらの防護設備は存在しない。コースアウト民家の石などに接触、または崖に転落、となるエリアも少なくないのだ。200 km/hをえるようなスピードで、生身の体が石に接触したらどうなるか、想像に難くないだろう。しかも路面はサーキットのように専用の舗装ではなく、汎用のアスファルトであるため低μ(摩擦係数)路でありただでさえ滑りやすく、特有の微妙凹凸や、線のペイント(滑りにくくしてあるとは言え)も存在する。バイクに乗る人であれば「こんなレースなど、正気の沙汰でない」との感覚を持っても、何ら不思議ではない。また、後述のように幅が狭く、高速コーナーが連続することも危険性を押し上げており、死者は累計で200人をえてしまっている。

さらに、このレースではライダーが走るすぐ横に観客が位置し、何ら防護なしにレースを観戦している場所も少なくない。従って、時にはライダーのみでなく、観客にも犠牲者が出てしまうことがある。このことは大きく問題視され、開催が危ぶまれる年もあった。2012年レースでは、ライダー・観客共に死者が出ずに済んだことは幸運であるとともに、関係各所の安全に対する努の賜物であることは忘れてはならない。


歴史


マン島TTレース年の歴史を誇る。発祥は日本で言えば明治期。オートバイは、まだ駆動にチェーンを用いずベルトを使用し、リアサスはリジットであった。も数スピードも差ほど出ない。それでも、欧州人は「とりあえず競争」という発想が先にある。それは4輪で言えば、パリボルドー往復レースや、インディ500にも通ずる気質だろうか。

そう書くと、欧州日本ではレース歴史の長さが違うから、現代の日本レースへの認識が浅くても仕方ないのではないか、と思われるかもしれない。しかし、日本にも古くにレースが一大ブームとなったことがある。一般的に、日本人がマン島TTレースへ挑戦したのは、戦後ホンダの挑戦が有名であるが、大正時代から昭和の前半にかけて、日本にもオートバイレースへの火がついた事があった。当時、内のトップライダーであった多田健蔵がマン島TTレースに参戦した事例もある。しかし、戦前日本レースが定着しなかったのは、レースという物が「見世物」と「ギャンブル」の範疇から脱しきれなかったからかもしれない。実際、1970年代以降になるまでサーキットであるにも関わらず、オートレース場のように券売り場を探す人がいた、という伝聞もあるし、現在日本において、「グランプリ・サーカス」と皮られるF1が最も人気の高いモータースポーツであるということが、日本モータースポーツの現状を物語っていると言えよう。

レースという文化が大正時代から芽吹いていたのにも関わらず、それが欧州レース文化に肩を並べるほど成長しなかったのは不運であった。それはナゼか、と問われたらならば、戦争によりレースどころではくなった、と言う事もあるが、結局の所、レースに使うオートバイメーカーが育たなかったというのが原因であろう。戦前レースは輸入ライセンス生産によるものであったからである。実際に、戦後オートレースでは長い間トライアンフエンジンが重宝されていたし、メグロのような英国コピーも多かった。

そうして、マン島TTレースにおいて日本メーカーが活躍するには、結局は戦後ホンダの挑戦を待たねばならない。戦後自転車50ccの補助動を付ける、その名も「原動機付自転車」の盛から始まり、その中から、数多くの二輪車メーカーが誕生するのであるが、皮にもマン島TTレースに挑戦したメーカーだけが、のちのちの四大メーカーとして生き残った(ホンダスズキと続き、ヤマハはやや後発、カワサキは前者らが撤退した以降からの挑戦であった)のは、何とも面い。言葉を変えれば「浅間火山レース」などレースから、「マン島TTレース」に替え出来るほどの「体」があったからこそ、後々にもメーカーとして生き残ったと言えるかもしれない。だが、本当の所は、内の二輪車メーカーにとっては「マン島」は避けて通れぬ試練であったのだ。それだけ、2輪モータースポーツにとって、ある時期のマン島は性評価への針となるイベントであったのである。

例えば、ノートン・マンクスといえば、クラシックバイク興味くても知っている名前だと思う。そのマンクスは、マン島TTレースアマチュア版である「マンクス・グランプリ」にちなんで命名された。それだけノートンマン島コースをフレキシブルに速く走れるフレームエンジンを持った最高のマシンであった。そして、それはGPでも充分強く、世界最高基準であったのである。それに果敢に挑戦し、活躍したのが、MVであり、モトグッチであり、ドゥカティであり、ホンダであった。しかし、物事には全て終りが来るというもので、ワークスによる挑戦というものは実質数年という短いサイクルで終わりを告げる。

だが、肝心な事は、マン島TTレースという物がくならずに続けられてきた、という事である。マン島TTレースは、ご存知の通りマン島というの中の一般を周回するレースである。最高速が続くストレートから石垣に囲まれたタイコーナー、そしてコースアウトしたら怪しには済まない高速コーナーが多く存在し、初開催から現在までの死者は200人をえる。その危険性から、70年代始めにはグランリレースから外されて、その名の通り「ツーリスト・トロフィー」という、走る者へ記録と栄誉だけを称えるレースと変わっていった。

しかし、マン島TTレースは脈々と現代まで続けられている。それは「伝統」が成せるワザなのだろうか?いやいや、幾らなんでも「伝統」とか「格式」だけでは何事も長きに続きはしない。それも、マン島TTレースは、世界でも屈の危険なモータースポーツなのである。日本で言えばPTA自治体が黙っちゃいないレースなのである。ならば、なぜマン島TTレースは続けられるのか? それは挑戦する人々が絶えないからなのだ。

つまり、モータースポーツは、自分の可性に挑戦するスポーツなのである。マン島は、そのステージに過ぎない。そして、その挑戦するべき間口は極めて広い。ここに、日本モータースポーツい、裾野の広さを感じるのだ。

モータースポーツは、他のスポーツと同様、自己の可性に挑戦する物なのである。それは個人のレーサーも、1959年当時のホンダという日本の小さな企業も同じ事なのだ。「挑戦」することに、物事の発展はある。「挑戦」をしなければ失敗はしない。しかし、得るものはいどころか、物事は一歩も進まない。むしろ、時間の流れに置いて置かれて、後退する事となるかもしれない。たぶん、日本モータースポーツは少しづつ発展を続けるだろう。そして欧州並のモータースポーツ文化が宿ることを望みたい。せっかく世界最高準の自動車技術があるのだから、それを生かさぬ事は勿体無いし、「日本は技術だけでレースイマイチ」などと言われないために。

参考文献 「年のマン島TTレース日本人」  大久保 著  三栄書房刊


関連動画



■sm13228719[ニコ動]

■sm39690[ニコ動]
■sm9633199[ニコ動]
■sm9863885[ニコ動]


関連商品


■azB002UHOM0U
■azB000WMEMIC
■az4779604079
■azB00007DXX2


関連コミュニティ


■co5897
■co2595


関連項目



最終更新日: 17/11/14 21:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ