ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マーダ


ヨミ: マーダ
掲示板をミル!
7カキコ!
ゾイド > マーダ

マーダとは、『ZOIDSシリーズに登場する恐竜(オルニトレステス)小高速歩兵ゾイドである。


機体解説


マーダ
MERDA
基本情報
EMZ-001(13)
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
モチーフ 恐竜(オルニトレステス
スペック
全長 12.2 m
全高 6.8 m
全幅 不明
重量 17.5 t
最高速 450 km/h~500 km/h
武装
ゾイドテンプレート

マーダ

ゼネバス帝国が最初期に開発した第一世代の小恐竜戦闘歩兵ゾイド

武器は背部の電磁および多連装ミサイルポッドで、これらは任務や状況に合わせて換装が可になっている。それでいて軽量そうな見たに反して当時としては結構な重装甲だったらしく、パイロット生存性も高い。

何より優れていると言えるのがその運動と機動であり、標準的な最高速度も450km/hと極めて高速で、さらに搭乗者の負担を減らすためとして搭載されたVTOLノズルによるマグネッサーホバリングシステムを使用した場合だと一気に500km/hにまでその限界速度を引き上げる事が可になっており、単純な高速性においてはその後に生み出されたどの次世代機にも引けを取らない。

帝国軍機甲部隊の中核的存在として運用され、突撃戦用のEMZ-3モルガ、電子戦用のEMZ-2ゲーター、撃戦用のEMZ-4ゲルダーなどと並んで帝国軍の歩兵機となってヘリック共和国軍と初めて突した。

しかし、僅か1年足らずで新機が旧機になるというゾイド開発サイクルの中で、このマーダもまたあっという間に旧式化して行き、次世代のゾイドが開発されるやそれ以降は予備戦として扱われる事になった。

それでもガイロス帝国によって接収、その後にモスボールされていたと思しき本機種が暗黒大陸戦争において臨時の戦として使用されていたとされる。

余談だが、一部のゾイドファンの間では旧式機でありながらその圧倒的なスピード設定から大雑把に陸戦ゾイドの中で較しても現行最速クラスゾイドであるエナジーライガー(660km/h)およびライガーゼロファルコン560km/h)に次ぐ高速ゾイドおよびゾイド界の初代スピードキングとして評価されている。


劇中での活躍


バトルストーリー

ZAC2031年ロールアウト。ゼネバス帝国軍の第一世代ゾイドとして生み出され、同帝国軍の機第一号となる。

具体的な活躍シーンなどはあまりく、スチー写真で他の小ゾイドとの戦闘シーンが描かれる程度で、戦争が中盤に差し掛かった頃には出番はほとんどなくなっていった。

しかし、ガイロス帝国ゼネバス帝国を吸収した際に本機も一部接収されたようで、ZAC2101年の第二次暗黒大陸戦争においては暗黒大陸を進撃する共和軍と迎え撃つべく他の旧機と共に引っり出されて一時的に戦線復帰する事になったらしい。

アニメ

アニメシリーズには未登場。


主な機体バリエーション



関連動画



■sm9400859[ニコ動]


関連商品


■azB000HEZEFU


関連項目



最終更新日: 13/09/01 20:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ