ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


マーベラスサンデー


ヨミ: マーベラスサンデー
掲示板をミル!
6カキコ!

マーベラスサンデーとは、日本の元競走馬・現種である。
サンデーサイレンス初年度産駒で、1997年の三強を形成した一頭。 


概要


サンデーサイレンス田牧場の功労カナダの名モミジのであるモミジダンサーと、サンデー初年度に外部から来たの子としてはかなりレベルの高い血統の持ちである。
 しかしながら牧場時代は貧弱な体つきでも買い手がつかず、同じ牧場の生まれのマーベラスクラウン調教師である大沢師に頼み込み、受け入れを取り付けた後クラウンに売るという手段を使わざるを得なかった。

かしこ、入厩させてみると走る走る。のオースミタイクーンを楽にぶっちぎる調教を見せ、
タイクーンを管理していた武邦彦調教師が驚きのあまり「豊を乗せてやってくれないか!」と調教師に直談判したくらいである。この出来事でデビュー前から武豊戦に決まった。
かしこの直後右膝を。休養中に重度の疝痛で生死のを彷徨うなど、いきなりを見せる前に死にかけてしまった。なんとか生き残れたが一歩間違ったら死んでいたところである。
紆余曲折ありつつも4歳2月の新戦に出走。快勝し続く条件戦も勝利、遅れてきた大器とされたがまた右膝を折。
休養し、菊花賞戦線からの復帰を予定していたが今度は復帰戦への調教中左後脚を折しも棒に振る。むむむ

そして復帰したのは翌年4月。結局一年間の休養となってしまったがここから快進撃が始まる。初戦こそ4着に終わったがここから怒涛の6連勝。重賞4勝を含む凄まじい内容で、とんでもない上がりがいると一躍注を集めた。
そしてGⅠ初挑戦となった天皇賞(秋)では天皇賞連覇のかかったサクラローレルに次ぐ2番人気に推された。しかし現実は甘くはない。
勝ったバブルガムフェローはおろか超絶騎乗で大きなロスのあったサクラローレルにすら先着できず4着に敗れてしまう。
続く有馬記念では先に抜け出す戦法を取るもサクラローレル脚に切り捨てられ2身半離された2着に終わる。敗である。

翌年はステップとして大阪杯を快勝し、有馬からぶっつけでやって来たサクラローレル阪神大賞典を新地となる追い込み戦法で圧勝し復活の気配を見せたマヤノトップガンと三強を形成し天皇賞(春)に臨む。
マーベラスは三番人気に推され、サクラローレルマークを敢行し、直線半ばで先に先頭に躍り出る。三強の中で最も果敢に動いて勝利を掴みにいった。
しかし前年王者の意地を見せ盛り返したサクラローレルに差し返しを喰らい、その大外から末脚一強襲してきたマヤノトップガンにまとめて差し切られ3着に敗れる。
ずっと戦の武豊いわくソラを使う(先頭に立つと気を抜く)癖が出てしまったとのことだが、ローレルの重厚な底トップガンの千変万化の対応に敗れる形となった。
しかし次走、トップガンローレルもいない宝塚記念はきっちり勝利バブルガムフェローを負かしての勝利なので誇って良い勝利である。少なくとも前年1996年宝塚記念よりはry 
ローレル凱旋門賞遠征、トップガンが屈腱炎で引退と千載一遇の好機であったが、宝塚記念後に発覚した四度折で休養中であった。
軽度の折だったためなんとか間に合わせた有馬記念では、最後に残った三強の一ということで一番人気に推され、マーベラス不在の中天皇賞()を武豊上で勝ったエアグルーヴの挑戦を受けた。
直線先に抜けだしたエアグルーヴをきっちり捉え抜き去る。これは勝ったと思わせたが、外から残念!ジャスティスちゃんでした!と言わんばかりに末脚を爆発させたシルクジャスティス乾坤一擲の走りに敗れ2着となった。
翌年も現役続行を表明したが始動戦の前に屈腱炎を発症し引退。種入りした。

通算15戦10勝2着2回3着1回4着2回と、掲示板を外さない安定感はあった。しかし一流には何か足りない、最後までその印は払拭出来なかった。
気性がしいため、マーベラスクラウン(名うての気性難でタマを取られた)の厩務員をあてがわれたが、実際はレース前になると騒ぐことなく闘志を内に秘め、上の武豊も悪さをしないいい子と褒めるほどの賢いエピソードを持ちながら
パドックで気持ちよく放尿する間抜けさも見せていた。なんだか三枚

入り後も毎年100頭はを集めるサンデーサイレンス後継種中堅格として活躍。地方・中央問わず安定してほぼ毎年勝ち上がりや重賞勝利を出している。
産駒の傾向として、自身が遅れてきたであったこともあってか晩成傾向が強く、2017年までの重賞16勝のうち4歳までに3勝・残り13勝は5歳以降である(OP以上の成績も古になってからのほうが成績がグンと向上する)。GⅠには足りず、最も成功したシルクフェイマスも結局GⅠには手が届かなかった。
そして、2012年シーズンをもって種引退が発表された。体調を崩したフジキセキとほぼ同時期の引退となった。
ジェニュインタヤスツヨシバブルガムフェローあたりよりは実績を残し長く名種として君臨することが出来たのであった。
その後は余生を送っていたが、2016年に24歳で老衰のため亡くなった。三強を形成したサクラローレルマヤノトップガンより先に立つこととなった。

なお、サンデーサイレンスの初年度産駒で栃毛の産駒はわずか1頭。それがマーベラスサンデーである。


関連動画



■sm6487609[ニコ動]

■sm3762834[ニコ動]

■sm3244063[ニコ動]


関連商品


マーベラスサンデーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


マーベラスサンデーに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/12/16 07:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ