ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミステリー


ヨミ: ミステリー
掲示板をミル!
105カキコ!

ミステリーmystery)とは、「」「不可思議」「秘的」「推理作品」などの意味を持つ単である。


概要


ミステリーとは本来は「」の意味である。しかし、そこから転じて推理物全般に使われている。

ニコニコ動画では、推理ドラマや推理小説、推理ゲームはもちろんのこと、それらを基にしたMADなどにもタグがつけられることがある。

また、たとえ動画に推理要素がなくてもその原義から、「心霊」「未確認飛行物体」などの一般に「秘的な」「理解できない」と思われる要素があれば、つけられるタグでもある。


ミステリー、推理物とは



定義


なかなか万人が納得できる定義をあげるのは難しい。

狭義に考えるなら、「殺人などの事件を探偵が捜し、犯人摘する」ような筋書きを、おそらく推理物と聞いて多くの人間が連想するであろう。あるいは広義には「解き」や「事件」の存在によって、ミステリーだと判断する場合もある。この辺りの生したサブジャンルは下記のジャンル分けも参照にしてほしい。


起源


ミステリーの歴史がどこから始まったのかということについては、論者によって意見が分かれるが、大雑把にふたつあげられる。

ひとつはアメリカ作家エドガーアラン・ポーの短編「モルグ殺人」が最初のミステリーだとする説。

「モルグ殺人」は「とある宅でが惨殺されるが、警察はまったく犯人をあげられない。そこに探偵役となる没落貴族オーギュスト・デュパンが登場し、明確な論理をもとに犯人摘する」という筋書きであり、ここにいまのミステリーのスタイルを容易に見出せるであろう。これは前述した定義のうち、狭義のものの起といえる。

ちなみにこのあとポーはデュパンものを2つ(つまり「モルグ殺人」を含めて計3つ)、また他にもミステリーの走りとされる短編をいくつか書いており、以上の作中で「実在の事件を推理する」「人間心理の盲点」「暗号」「探偵役=犯人」といった、後世で何度も扱われたテーマをすでに先取りしている。これをして、ポーは始祖でありながら同時にミステリーを網羅してしまった、と賞賛する論者もいる。

のふたつは逆に広義、即ち「解き」や「事件」があればミステリーなのだ、とする説。

この論に立つなら起はるか神話の時代にまで遡れる。例えばイギリスのミステリー作家ドロシイ・L・セイヤーズ(代表作はピーター・ウィムジィ卿シリーズ。特に「不自然な死」は名作)が編纂した、ミステリーのパターンを網羅せんとすアンソロジーには、ミステリー濫觴の時期の作品として、聖書ギリシャ神話から寄せられたものがある。

ただしこちらには、そのように過去物語からミステリーを「発見」する行為に意味などない、という批判も存在する。

以上は、どちらが正解かという問題ではない。むしろ個々人、あるいはどういう文脈で、ミステリーという言葉が用いられたかによって変化するものであろう。


本邦におけるミステリー


戦前から海外の作品が広く翻訳され読まれた他、日本人の手によるミステリーも多く書かれた。特に江戸川乱歩の影戦後含めて大きく、実作家のみならず評論家としても没後までを残すことなった(これは良くも悪くも、である。後年、乱歩の影下から抜けだした評価を作品に与えたいと努した評論家もいる)。

ちなみに、戦中は俗悪だとして出版そのものが制限されることがあった。

戦後海外内問わず多くのミステリーが書かれたが、1950年代後半あたりから「社会」と呼ばれるムーヴメント(社会という言葉自体は古くからあったようだが)が起き、松本清張文学賞を取るなど大衆文芸として受け入れられる。これは今までのミステリーにどうしてもついて回った遊戯的な側面――例えばわざわざ人を殺すのに大げさなトリックを用いるなど――をそぎ落とし、社会的な問題意識なども取り込んだ「リアリズム」のミステリーだといえるだろう。なおこムーヴメントは、海外においてダシール・ハメットレイモンドチャンドラーなどがそれまでのミステリーを批判し、新たにリアリティを大きく取り込んだ作品を書くようになった「ハードボイルドスタイルと、時代のズレはあるが呼応している。

社会は推理要素の形骸化などで60年代半ばぐらいに勢いを失い、70年代に入ると前の横溝正史ブームが巻き起こった。その一方、ノベルスという判盛を誇り、トラルミテリーなどのジャンルで多作な作家たちがミステリーを量産する時代が訪れる。

そこにゆり戻しのように起きたのが、1980年代以後の若手たちによる、古典遊戯性を大胆に再現した次のムーヴメント、すなわち「新本格」である。彼らは古典的なミステリーのスタイル不可能犯罪名探偵の推理、複雑なトリックetc…)をいわばルネッサンス的に現代にらせたのだ。このムーヴメントは日本エンターテイメントに大きな影を与え、以後ライトノベルなどにも影下にある作家が出現した。

その一方、「新本格」の同時期に冒険小説ハードボイルドブームが沸き起こり、「このミステリーがすごい!」などのランキング企画はミステリーの範囲を幅広くとってジャンルの多様性を積極的に広げた。宮部みゆき高村薫といった作家の登場もあり、90年代にはミステリーは大衆文学の中心と言えるジャンルにまでのしあがった。

90年代後半に京極夏彦森博嗣が登場したあたりからは、もともと若い読者が多い「新本格」方面がライトノベル読者層と交差しはじめる。新本格ライトノベルにも影を与えたが、2010年代には逆にライトノベルの影を受けたキャラクター重視のミステリーが流行した。また、21世紀に入ると横山秀夫の登場を契機に警察小説の一大ブームが起こり、現在まで続いている。

現代日本では、ミステリーは小説のみならず多くのエンターテイメントフィクションにその姿を見ることができる。狭義のミステリーも連日出版され、海外の未翻訳作品も次々と翻訳されつつある。「盛」と呼んでいい状況ではないだろうか。

有名な作家

◎本格・・・江戸川乱歩横溝正史高木など。1920年代~50年代に流行した推理物が中心。
 ↓
社会・・・松本清張水上勉など。1950年代後半~60年代序盤にかけて前の盛。
 ↓
新本格・・・島田荘司綾辻行人赤川次郎(初期)など。80年代以降、本格推理小説というジャンルを再
 ↓
多様化
 > (新?)社会・・・宮部みゆき東野圭吾高村薫など。ミステリを軸としながらも背景社会人間を描くことを重視し、大衆文学メインストリームで評価される。
 > ハードボイルド・・・大沢在昌北方謙三・原など。都市舞台に行動探偵らの活躍を描くものが多い。80年代から90年代に流行ったが、21世紀になってからは下火気味。
> 冒険小説・・・船戸与一逢坂剛など。海外などを舞台にしたアクション重視のミステリー。解き要素がほとんどないものも多い。ハードボイルドと同時期に流行り、90年代後半ぐらいからは下火。
> トラルミテリー・・・西村京太郎内田康夫など。ライトなミステリファンおばさまおじさまに売れまくったジャンルで、火曜サスペンス劇場土曜ワイド劇場でのドラマ化の鉄板。こちらも90年代後半あたりから下火になり、新作は一部の有名作のものぐらいしか出ていない。
> 警察小説・・・横山秀夫佐々木譲今野敏など。単に警察官が役というだけでなく、警察という「組織」の中のドラマを重視したミステリー。21世紀に入りガラパゴス進化を遂げる。
> 日常の謎・・・北村薫米澤穂信など。殺人事件などが起こらない日常舞台にした解きをメインにした作品。21世紀に入ってからライトミステリーの流行とともにジャンルのひとつに躍り出た。
> 映画ドラマ漫画など多ジャンルでのミステリ・推理物の盛 


ミステリーにおけるジャンル分け


ミステリーという分野はその内容によってさまざまな分け方ができる。その分け方は人それぞれであるが、ここにその一例をあげておく。

また、解きを中心にしたミステリーは、眼をどこに置いているかで、おおよそ以下のように分類することができる。ひとつの作品が複数の解きジャンルを含む場合も多い。


ミステリーとミステリ


ニコニコでは「ミステリー」と併用して「ミステリ」というタグも使われている。その区別は動画投稿視聴者主観に任せたものであり、明確な基準があるものではない。

強いて傾向を述べるとすれば、「ミステリー」タグはいわゆる「オカルト」の領域の動画も含んでしまい、推理物の動画を探すのには不便なため、推理色の強い動画は「ミステリ」タグを用いているようだ。

余談だが、「ミステリィ」というタグは使われていない。


ミステリー作家


ニコニコ大百科内に記事のあるミステリー作家漫画家ゲームクリエイターなどの「小説家」以外の人物や、「ミステリー作品を書いたこともある」程度の人物なども含んでいる。

海外の人物などで姓が名より後に来る場合でも、姓の五十音順で掲載しています。


次へ»
最終更新日: 19/09/11 05:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ