ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミスマガジン


ヨミ: ミスマガジン

ミスマガジンとは、講談社催する新人・若手女性アイドルの発掘と応援的としたコンテストである。


概要


1982年週刊少年マガジン催で開催されたのが元祖。 1990年で一時中断されるが、1996年催者を変更し、「ミスヤングマガジン」と称して復活。 2001年から、マガジン全体が催の現行ルールで開催されている。

2012年に同じく講談社催の「ミスiD」が始まったことでミスマガジンは2度の休止状態に突入したが、2018年に7年ぶりの復活を遂げた。


受賞者発表までのフォーマット


前年11月頃から、マガジン誌上で募を開始。 毎年3月最終週のヤングマガジンにて、書類審を通過した16強メンバーを発表。 5月末から6月初め頃にファイナリスト5人が発表され、約1ヶ後に各賞が発表される。


旧形態での主な受賞者


※ここで列挙した人たちは、ニコニコ大百科での記事の有よりも、世間的な知名度を考慮しました。


旧ミスマガジン時代


第1回グランプリを受賞したのは伊藤麻衣子(現:いとうまい子)。その後、斉藤由貴さとう珠緒細川ふみえなども受賞している。また、コンテスト外で有望なアイドルマガジンメイトと称して別で選出しており、森尾由美や南野陽子がこれに選ばれている。


ミスヤングマガジン時代


初代グランプリは山田まりや。その他、山川恵里佳、元パイレーツ(お笑いコンビ)の浅田好未、のちに放送作家を経て政治家へ転身する塩村文夏なども受賞した。 2000年には、グランプリに川村亜紀を選出し、さゆりら4人を準グランプリに選出。ここが現行フォーマットの基礎となった。


2001年以降のファイナリスト



2001年



2002年



2003年


このあたりから、ヤンマガ賞にグラマー系の、少年マガジン賞にスレンダー系のアイドルが選ばれる傾向が見え始める。


2004年


余談だが、この年、フィットワン喜屋武ちあきの2頭立てを敢行。そのは芸名変更後にSKE48SDN48で活躍した。


2005年


この年から4年間、つんく♂が特別審員として参加。特別を設定するが、この年しか適用されていない。 また、秋山莉奈が本格的な活動再開の場として参戦した。


2006年


この年の16強メンバー谷村奈南がいたのは、ビジョンファクトリーとしてはなかった事にしたいらしい。


2007年


それまで20歳までとされていた年齢制限が、この年から2歳引き上げられる。 安としては、16強メンバーが発表される3月31日22歳であれば参加可。

2001年にも参加していた工藤亜耶(1984年10月生まれ)が再度参戦し、新上限年齢の22歳で16強メンバーになっている。


2008年


16強メンバーの中から、次点賞のような形でマガジンメイトを復活させ、奏木純(現:金子織江)、小池唯はるからが選出された。ちなみに、はもともとマネージャーとして別なアイドルに同行していたところを現場でスカウトされ、急きょ参戦が決まった。

グランプリの桜庭2009年2014年bump.yメンバーとしても活動。


全力の出来レースだった2009年


出来レースと言われる理由としては、

  1. 小林の所属事務所バーニングプロダクション。自身の失言が原因とはいえ、北野期限で謹慎させた前後だったために疑念が強まった
  2. 荒井が、ファイナリスト選出直後に、劇場版仮面ライダーディケイドオールライダー大ショッカー」への出演がアナウンスされる
  3. 菊里の所属事務所が、それまでグラビアタイトル関心だったスウィートパワー

など。

ちなみに佐武はコンテスト前の2005年より9nineメンバーとしてアイドル活動をしていた。


2010年


例年なら6月末から7月初旬頃にマガジン誌上で発表されていた各賞受賞者が、2010年7月25日に行われたファイナリスト顔見せイベントで同時に発表された。Ustreamでの生中継も含めて定例化されるかは不明。


2011年


ニコ動公式チャンネル[外部]が開設され、カラオケでの歌唱も含めたPR動画開。動画再生数も審の対となり、一再生数10万を越えた綾乃が準グランプリに選ばれている。

一方で、

  1. 読者の対となるメンバー開が5月中旬へ延期
  2. 16強から1人少ないベスト15への変更
  3. ファイナリスト発表の一括化と、特別賞

と、震災、長期不況などの影が強く表れた年となった。

なお、グランプリを獲得した衛藤はその直後に乃木坂46の1期生オーディションを受け合格、2019年まで同グループで活躍した。


7年ぶりに開催された2018年


前述のとおり7年間の休止期間を経て復活。浅川梨奈小倉優香スペシャルアンバサダーとしてコンテストを盛り上げた。休止中にアイドル戦国時代に突入した影からか、名古屋ローカルアイドル「dela」メンバーの沢口が平成最後のミスガグランプリに選ばれたほか、福岡ローカルアイドルLinQメンバーの新木さくらが16強に選出されるなど、既にアイドルとして実績を持つ者の参加も立った。

また、この年は上記受賞者5名と16強メンバーの中から選ばれた4名の計9名で「劇団ミスマガジン」が結成され、11月に「ソウナンですか?」の舞台演を行った。


2019年


令和最初のミスマガジンは子役出身の17歳豊田グランプリに。読者特別賞の山口は「夢みるアドレセンスメンバーぴーぴるは久留米ローカルアイドル963」メンバー


関連動画


歴代受賞者の中から特に著名と思われる人の動画を紹介。


■sm3411343[ニコ動]

■sm7956060[ニコ動]
■sm3299436[ニコ動]
■sm3334477[ニコ動]
■sm4572518[ニコ動]
■sm6688027[ニコ動]
■sm16593334[ニコ動]
■sm25519827[ニコ動]


関連商品



写真集・書籍


■az4061793845
■az4061794159
■az4061794450
■az4063646602

全員プロフィールなどをまとめたムックの刊行はここまで。


DVD


こちらも歴代受賞者の中から特に著名と思われる人のものを紹介。

■azB00006JLA7
■azB0000C9VPX
■azB0002XVV1C
■azB000B5M7ZA
■azB000I0RDXY
■azB001BBY5D0
■azB003OOTV4A
■azB005A8PNW2


その他


■azB00026YTDQ

主題歌2003年ファイナリストを起用。勇気を持って黒歴史さらします。


関連項目



次へ»
最終更新日: 19/08/15 12:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ