ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミズムシ


ヨミ: ミズムシ
掲示板をミル!
5カキコ!

ミズムシとは、

  1. カメムシ昆虫の一種
  2. ワラジムシ甲殻類の一種
  3. 癬菌による感染症の俗称 →水虫

当記事は1と2を解説する。


ミズムシ(昆虫)の概要


節足動物昆虫カメムシミズムシ科に属する昆虫の総称。
及びHesperocorixa distanti distanti標準和名

昆虫のミズムシ体長は3㎜から1程度と小さい。大きな複眼とオールのような後ろ足が特徴的である。
タガメやミズカマキリなど、カメムシ昆虫には食性の種が多いが、ミズムシの多くは藻類や微小な動物を食べる。
流れの緩やかな浅いや池に生息しており、普段は泥やにしがみついている。呼吸用に空気を溜め込んでいるため、何もしないと面に浮かんでしまうのである。そうなってしまわないように水中では何かに掴まっていることが多いのだが、その習性を利用した遊びがある。
の容器にといくつかの小さなシート、そしてミズムシを入れる。
シートに掴まろうとミズムシ沈下。
シートを掴むもそれごとミズムシ浮上。
④慌てて他のシートを掴みにミズムシ沈下。 ……以後③と④の繰り返し。
このようにミズムシは浮いたり沈んだりを繰り返すので、ミズムシとその仲間であるコミズムシには風船という俗称があり、親しまれている。だがこの遊び、ミズムシにとっては体の浪費以外の何物でもない。無限ループってこわくね?

ミズムシ(Hesperocorixa distanti distanti)は体長1前後で、北海道本州四国九州に分布している。


ミズムシ(甲殻類)の概要


節足動物門甲殻亜門軟甲綱ワラジムシ(等脚)ミズムシ科に属する淡生の等脚類(ワラジムシ仲間)の総称。
及びAsellus hilgendorfi標準和名

なんと、科の名称と標準和名が昆虫のものと一緒なのである。しかし混同されているわけではなく、分類学上で甲殻類のミズムシ科はAsellidae、昆虫のミズムシ科はCorixidaeと区別されている。
また、世界共通の名前である学名では混同を避けるために、異種で名前が被った場合通常後からつけられたものが新参同名(ホモニム)として効になる。

[画像を見る]体長約1。触の長いワラジムシのような格好だが、尾の部分は明らかに違う。
日本中に分布しており、淡に生息している一の等脚類で、藻類や水中枯れ葉などの有機物を食べる。また、水槽エビを飼育しているといつの間にか住み着いていることがある。その場合水槽内の汚れを食べたり魚類の餌になったりとはないが、気味悪がられることがあるほか、増えすぎることもあり、ミズゲジという俗称で嫌われ駆除の対になる。部の保育嚢で保護し、親と同じような形の子を産む。雄はペアの雌を抱き込むようにして保護する。
汚染に強く、養分に富んだ域で大量発生するため、質階級(汚い)の生物になっている。

近縁種にはウミミズムシ科のウミミズムシ(Laniropsis longiantennata)がいる。名前の通りに生息する。


関連動画



■sm18165394[ニコ動]

■sm16943647[ニコ動]


関連商品


■az4829911794
■az4416209037


関連項目



最終更新日: 13/04/21 06:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ