ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミゼット


ヨミ: ミゼット
掲示板をミル!
6カキコ!

ミゼットとは、ダイハツ工業でかつて生産していた三輪軽トラックである。1950年代から1970年代前半の高度成長期の日本で重宝された商用の定番である。一度止されたが、1996年に”ミゼットⅡ”としての四輪軽トラックで復活したが、2001年止となる。

この項では、三輪軽トラックのミゼットについて取り上げる。


概要


ミゼットの名の由来は、英語で「のもの」という意味であるが、チビという意味も付けられている。ダイハツではミゼット以前に小三輪トラックがあったが、1954年トヨタ自動車が四輪の小トラックが発売されたのがきっかけに三輪トラックの売り上げが低下。そこでそこでダイハツはあまり見向きもされてなかった軽自動車をつけ、当時存在した軽自動車免許で運転できる三輪を開発して1957年に販売を開始されると爆発的な大ヒットとなる。テレビの生コマーシャルを多用し、コメディアン大村崑起用したこともヒットに繋がった。


歴史(1957年~1972年)


1957年に登場。形式はDKシリーズで、エンジン冷式の250ccで特徴はバイクみたいなバーハンドルキャビン屋根と後ろがでありドアも付いてなかった。初期はバイクみたいに足踏みでエンジンスタートさせていたが、DKが登場すると、キーを回すとスタートするセル式となる。荷台部分をにしたバンのDKV二人乗りが可となるDSDPとある。

1959年には、ボディサイズを拡大&排気量を305ccパワーアップをし、ボディサイドドアを付け、ハンドルバーハンドルから四輪と同じ丸ハンドルに変更したMPシリーズが登場する。これにより二人乗りが基本となる。

1960年に荷台サイズを拡大したMP4が登場。1961年にはパキスタンで生産を開始。1963年にはさらに荷台を拡大し、混合燃料から分離給油良されたMP5が登場する。

1960年代の後半頃から、軽自動車三輪から四輪に移行していき、ダイハツ工業でも売れ筋がミゼットからハイゼットに移行するようになり、1972年に生産を終了する。


関連動画


[動]

■sm3804745[ニコ動]

■sm2521481[ニコ動]
■sm1916199[ニコ動]
■sm4390594[ニコ動]

関連商品


■azB000ULAS0G
■azB0018ED5YU

関連項目



最終更新日: 09/01/29 11:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ