ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミッドウェー海戦


ヨミ: ミッドウェーカイセン
掲示板をミル!
336カキコ!

ミッドウェー海戦とは、1942年(昭和17年)6月5日から7日にかけて起こった大日本帝国海軍アメリカ合衆国軍との戦である。


快進撃を続ける日本軍


帝国海軍は1941年12月8日に行った真珠湾攻撃アメリカ海軍に大打撃を与え、その2日後に行われたマレー戦では、イギリス海軍の誇る新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズ』及び巡洋戦艦レパルス』を撃沈させるなど、順調にアジア太平洋の制権・制権を握っていた。

翌年も2月のスラバヤ戦で勝利するなど南方作戦を順調に進めていた。大本営には将来的にセイロン攻略などインド方面に進軍し、イギリスの脱落を図り、アメリカの継戦意思を喪失させる構想があり、最終的には西アジアを進軍しドイツとの連絡も考えていた。
しかし、これにはドイツの進軍状況なども絡み、実施は当分先になると予想、大本営軍部は連合軍の反攻の拠点になるオーストラリアの要地攻略を検討したが、膨大な兵や船が必要になるなどの問題から陸軍は反対した。代わりにフィジーサモアなどを攻略して交通路を遮断するFS作戦となり、これなら必要兵も少なくて済むとのことで陸軍も賛成した。
連合艦隊部では次の理由からFS作戦には反対していた。

  1. 攻略地が遠方で攻略難度が高く維持も困難であり危険。
  2. オーストラリアには他にも交通路があり、遮断しても効果が不十分の恐れがある。

聯合艦隊長官・山本五十六大将日本と連合軍との戦差を考え『アメリカにもう一度大打撃を与え、その上で期講和をす』という構想を持っており、連合艦隊部ではセイロン攻略ハワイ攻略を計画していた。(検討を開始したのは真珠湾攻撃の直後と言われる。)山本長官はハワイ攻略の準備が整う間にセイロン攻略西方の情勢を安定化させ、ハワイ攻略に専念しようと考えた。セイロン攻略作戦は大本営陸軍部には採択されなかったが、ビルマ方面の支援のため英艦隊などに対して攻撃は実施されることになった。
セイロン攻略作戦が流れた連合艦隊部は次の作戦に苦慮した。ハワイ攻略ごろの予定であり、結構な期間がく。そこで連合艦隊部は空母の誘出と撃滅をしたMI作戦を計画した。空母襲で日本軍を悩ませており、これを撃滅できればハワイ攻略の助けになると考えたのである。セイロン攻略が採択されなかったのは陸軍の都合もあると感じた連合艦隊部は軍単独で作戦を実施できることも考慮していた。
また、オーストラリアの補給路遮断の必要性もあり連合艦隊部は以前は反対していたFS作戦MI作戦後に実施することになった。
作戦完成4月3日に大本営軍部に次期作戦案が提案されたたものの、大本営軍部(軍部)は次の理由からMI作戦に反対した

  1. ハワイの時と同じ方向から同じ要領の作戦を行うことは危険。
  2. 米軍はミッドウェーの大機の支援を受けられるが、こちらは戦場付近では基地航空隊支援が受けられない。
  3. 艦隊を誘出できるか疑問。不利と判断すれば出撃して来ないのではないか。
  4. ミッドウェー攻略後の維持が困難。
  5. 空母FS作戦を実施すれば、出撃してくる可性が高い。この方面ならば、基地航空隊支援を受けられる。

これにより交渉は一度は行き詰ったものの、その後、連合艦隊部から説明を受けた伊藤次長は永野部総長らと協議、空母撃滅のためFS作戦に修正を加えたうえでMI作戦を実施することになり、なんとか採用に至ったが、大本営は進出が不確実な空母の撃滅よりもミッドウェー攻略的、聯合艦隊部はアメリカ機動部隊の打倒が的とそれぞれ示して日本機動部隊は混乱する。作戦計画では機動部隊の要任務は敵艦隊撃滅と攻略作戦支援となった。


ドーリットル空襲・珊瑚海海戦の影響


ミッドウェー作戦(MI作戦)に対する軍部の許可4月5日におりたが、その後4月18日アメリカ空母ホーネット』より16機のB-25爆撃機が発艦し、日本都市爆撃した。たいした被害は出なかったが民は衝撃を受けた。特に本土防に絶対の自信を持っていた陸軍の将兵は動揺した。
この本土襲の為、日本軍然本気になり、陸軍は4月21日に一木支隊を提供し、作戦に慎重だった大本営軍部も積極的になり5月5日永野部総長はミッドウェーアリューシャン攻略認可した。

5月に入り、珊瑚では歴史上初めての機動部隊による戦が起こった。日本海軍アメリカ空母レキシントン』を沈め、『ヨークタウン』を中破させたが、こちらも軽空母祥鳳』が沈没、『翔鶴』が中破、『瑞鶴』は被害かったが航空機と搭乗員の補充が必要となった。

この珊瑚戦の影によりミッドウェー海戦に参加できる正規空母は6隻から4隻になった。作戦のために出港する約一週間前のことである。

日本側の図演から出撃までのおおまかな流れ

5月1~4日 第二段作戦の図演や研究会が行われる。MI作戦では攻略中に空母が出現、日本空母被害を受け作戦続行困難となった。統監部により被害の見直しが行われ、作戦は続行し成功はするが、駆逐艦の一部が燃料不足のため座礁するという悲惨な結果だったため、連合艦隊部からはこうならないように導するとした。AL作戦では北方部隊が不良のため不時会敵し全滅するという状況もあった。これらへの対策が第二次K作戦の追加や北方部隊への潜水艦部隊の一時編入と言われている。
第二艦隊や機動部隊から作戦延期の要望が出されたが、連合艦隊部は再襲防止の必要があることや齢などの関係でこの時期を逃すと最悪の場合約1年作戦実施が遅れると判断し延期はしなかった。その後も各方面から準備が間に合わないとの要望が出されるが、なんとか作戦開始までには間に合うと判断した。

5月5日 ミッドウェー、アリューシャン攻略が発される。

5月8日 珊瑚戦が起こる。この段階では五航戦の参加は可と見られており、翔鶴北方部隊へ参加する予定だった。珊瑚戦で五航戦が空母を撃沈破したことは日本軍を喜ばせたが、更に練度の高い一航戦、二航戦ならば空母の撃滅は容易との考えも出てきてしまっており、機動部隊の鹿参謀は鎧袖一触の思いがあったと回想している。

5月14日 珊瑚戦の被害報告があり、五航戦はミッドウェー、アリューシャン攻略作戦に参加することができないと判断された。五航戦の戦回復はFS作戦に間に合うことが望まれた。

5月15日 南太平洋方面で空母部隊が確認される。日本軍には同方面で活動中であるとの見方が出ており、その後の5月28日のツラギ襲や5月29日電波送信の位置特定などで空母部隊はなお南太平洋に存在すると判断された。

5月18日 フィジーサモアなどの攻略が発される。

5月19日 連合艦隊部の有馬参謀と第六艦隊部、二十四航戦部がクェゼリンで打ち合わせを行う。有馬参謀は潜水艦部隊の散開線が期日に間に合わないことや後述のウェーク島深問題で一部のを変更せざるを得なくなった(ミッドウェー北東海域のができなくなった。後知恵ではあるが空母部隊はこの削られた区付近に存在した。)ことを連合艦隊部に報告したが、問題にはならなかった。
二次K作戦の協定が成立。最終的に第二次K作戦は中止されるが連合艦隊部や機動部隊は特に問題とはしなかった。仮に成功し空母部隊の不在を確認できたとしても、前述のように南太平洋方面にあると判断されたと思われる。

5月22日 二十四航戦部から計画の変更についての意見具申が報告(内容の一部は事前有馬参謀から連合艦隊部へ報告されていた)。MI作戦では第二次K作戦以外にもウェーク島とウォッゼ環礁から二式飛行艇によるミッドウェー西方南方する計画があった。しかし、ウェーク島深では燃料満載の二式飛行艇間離できないことが判明。ウェーク島からのミッドウェー西方する案はウォッゼ環礁から発進し、ウェーク島へ帰還する計画に変更することが意見具申され、連合艦隊部も承認した。ミッドウェー南方へのは第二次K作戦中止後の5月31日6月3日に行われた。

5月25日 MI作戦の図演や打ち合わせが行われる。この図演で山口少将から艦隊の誘出のためジョントンを攻撃することが必要と進言があったが、垣参謀長は艦隊はジョントンの援護の下やってくると説明した。図演はミッドウェー攻略後にオアフ東方面から艦隊が進出するという想定で行われており、日本側では艦隊の進出はミッドウェー攻略後になると予想していたことがえる。
打ち合わせにおいて連合艦隊部側はミッドウェー攻略中に機動部隊が艦隊出現に備えているか、機動部隊側は旗艦のアンテナの送受信が低いことから連合艦隊から重要な作戦転換は知らせることなどを確認した。
機動部隊から攻撃開始日の1日延期の要望が出され連合艦隊部はこれを了承した。上陸日については変更はされず、輸送船団が攻撃前に発見される可性が高くなったが、連合艦隊部は機動部隊の誘出に役立つと判断した。

5月26日 赤城作戦の打ち合わせなどが行われる。そこで索敵が不十分であるとの意見が出された(出したのは山口少将と言われる)。しかし、情勢判断から索敵計画の変更は行われなかった。索敵線が7線なのはインド作戦のセイロン襲時や珊瑚戦と較しても同じくらいではある(それ以上を出したのはインド作戦で付近に英機動部隊の存在が疑われ索敵した時で、この時の索敵線は10線だった)。
北方部隊の第二機動部隊が大を出撃。


アリューシャン列島攻略戦(AL作戦)


開戦時の連合艦隊では、破壊又は占領するべき外要地であったが真剣議論がされていなかった。
作戦計画は、ソ間の連絡を絶ち切り、シベリア戦闘機が進出して来ないようにすることだった。ソ連の刺の多さから実行不可として棚上げにされていた。

ミッドウェー攻略が内定する関心が高まり、ミッドウェー攻略の牽制として、又は日本本土に接近する空母を抑える的で攻略が決まった。

ミッドウェー攻略させる事をアメリカにさとられないようにアリューシャンのアッツ・キスカ両を占領する為『龍驤』と『隼鷹』の2隻の空母を陽動作戦(AL作戦)で向かわせ、事にアッツ・キスカ両を占領した。
アッツ・キスカ両への攻撃も米軍に察知されていたのだが、アリューシャン方面に派遣されたシオボルト少将は諸々の理由により本命はダッチハバーと考えコディアックに留まった。


ミッドウェー攻略作戦


ミッドウェーを攻略させる事をアメリカにさとられないようにアリューシャンのアッツ・キスカ両を占領する為『龍驤』と『隼鷹』の2隻の空母を陽動作戦(AL作戦)で向かわせ、事にアッツ・キスカ両を占領するも、アメリカ軍暗号が解読されていた為、ニミッツ大将空母エンタープライズ』・『ホーネット』・そして珊瑚で中破したが、3日間の突貫作業で修理させた『ヨークタウン』をミッドウェーに向け送り出し、ミッドウェー航空機の増援を送った。

対する日本軍南雲忠一中将揮する空母赤城』・『加賀』・『蒼龍』・『飛龍』を中心とした機動部隊にミッドウェー攻略を命じ、その後やってくるであろうアメリカ海軍を迎え撃つ為、戦艦大和』を中心とした山本五十六長官率いる力部隊が後で合流する運びとなった。

かくして、ミッドウェー攻略すべく帝国海軍は動き出した・・・。

5月27日 南雲機動部隊(第一機動部隊)が出撃。

5月28日 ツラギが艦上機により襲されたとの報告が入る。連合艦隊部の三和参謀は日誌に「敵は豪州に兵を集中せる疑あり。かくては大決戦はできず。はこれを慮る。」と記しており、この時点では空母は南太平洋に存在すると判断していたようである。
輸送船団がサイパンを出撃。
支援隊がグアムを出撃。

アメリカの第16任務部隊がハワイを出撃。


次へ»
最終更新日: 19/07/27 20:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ