ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミツボシ☆☆★


ヨミ: ミツボシ
掲示板をミル!
269カキコ!

概要


楽曲情報
曲名 ミツボシ☆☆★
作詞 NBSI(八雄太)
作曲編曲 NBSI(kyo) 
BPM 175
タグ ミツボシ☆☆★[動]

燃やせ友情番長?

ミツボシ☆☆★とは、2013年1月23日発売のCDTHE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 015 本田未央」に収録されている本田未央 (CV:原紗友里) の楽曲である。

シリーズの他の楽曲同様、コロムビアの当該サイト[外部]において試聴可。「流星(You Say)!」の部分が印的。ノリが良くて楽しい曲調だが、歌詞が色々と物語を想起させる感慨深い内容となっている。

タイトルのミツボシに関してだが、三つのが直接意味するのは、ニュージェネレーションの三人(島村卯月渋谷凛本田未央)であり、が「卯月に追いついた未央」をす、原紗友里1stLIVEっている。
CDの発売記念に行われたスロットイベントの演出には卯月未央の三人がそれぞれ1つずつを持って三ツを作るフラッシュがある。ということはすところである『六ツ』とは、N+()の三人がを合わせてSR+になることを意味するのかもしれない。
なお、本田未央自身に三つであるR()のカードCD発売当時存在せず、登場するのはその後2013年11月になってからのことであった。

本田未央は、卯月べてCDデビューおよびSR昇格が遅れた、「最後のニュージェネレーション」である。雌伏の時を経て二人と並び立った彼女が「ミツボシやっと出会えた 鳴りく歓!」と叫び、観衆が大歓でそれに応える場面は、非常に感動的なものである。
歌詞の全体を通して、「悔し涙 嬉し涙 全部がお宝」「地固まってレイニー&サンシャイン」「上をしチャージ&ハイジャンプ」のように、当時の長い苦すら全てプラスに転化する前向きなフレーズがそこかしこに散りばめられており、未央ならではの明るさとその裏に隠された不屈の魂は、彼女応援する多くのプロデューサーの心を鷲掴みにした。

なお原紗友里の発言によれば、1番の「顔で言えちゃう」の後のコーラスは「燃えろ友情パッション」ではなく「燃えろ友情番長」が正しいとのこと(関連リンクマチ★アソビの記事参照)。友情番長とは、上のイラストのような感じだろうか?

CD付属のシリアルコードゲームで入することで、Sレア「[CDデビュー]本田未央」を獲得することが出来た (シリアルコードは既に期限切れ)。このアイドルの特技名も「ミツボシ☆☆★」である。

2015年1月放送開始のシンデレラガールズ(アニメ)関連CDTHE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 00 ST@RTER BEST」(2015年1月21日発売) にもこの曲は収録されている。ベストアルバムなので、CINDERELLA MASTER 015の再録である。


コミック「ニュージェネレーションズ」


2012年9月から2013年10月にかけてガンガンJOKERにて連載された、公式コミカライズアイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ」(著者:namo、単行本全2巻) では、物語中で非常に印に残る用いられ方をして話題になった。
(同作品の設定は、シンデレラガールズ(アニメ)等とは異なる独自のものなので注意。)

単行本は現在ニコニコ静画等の電子書籍配信もされている (1巻[外部] / 2巻[外部])。


ワンフォーオール スペシャルゲスト 本田未央


アイドルマスター ワンフォーオールDLCカタログ第11号 (2015年3月25日配信開始) に、スペシャルゲスト 本田未央が登場。彼女の専用楽曲として「ミツボシ☆☆★」が収録されている。ゲーム向けの編曲がなされたバージョンとなっている。

ワンフォーオール DLCカタログ第11号紹介ページ[外部]


~For Minami rearrange MIX~


シンデレラガールズ(アニメ) BD/DVD 全限定生産版 VOL.3 (2015年7月23日発売) 特典の「346Pro IDOL selection vol.2」に、新田美波 (CV:洲崎綾)が歌うアレンジバージョンミツボシ☆☆★ ~For Minami rearrange MIX」が収録される。
別名:ミナミツボシ

BD/DVD 第3巻紹介ページ[外部]

このシリーズの他の曲でもそうなのだが、アレンジ原曲と雰囲気が全くと言っていいほど異なっており、この曲については「ロボットアニメテーマ曲みたいである」という評判が多発している。


IM@Sライブ


ライブ初披露は2013年7月に開催された8thツアー大阪演。
リリース時より「ライブ映えする曲ではないか」と言われていたが、この演で見事それを明して見せた。

以後、原紗友里イベント出席率が高いことや未央ソロ曲が長らくこの曲しかなかったといった事情もあり、大小さまざまなイベントで歌われてきている。
シンデレラガールズの記念すべき初の単独ライブイベントである「WONDERFUL M@GIC!!」では、この曲でソロトップバッターを務めた。

コール難易度は低く、アイマスライブ初心者でも参加しやすい曲の一つ。サビコールがほぼ歌詞の後追いであり(例:「飛び乗って流星」→『りゅーせー!!』)、暗記の必要な箇所がほとんどない。Cメロ後大サビの「鳴りく歓」後は実際に歓を上げる、ということだけ覚えておけばほぼ璧。

基本的に原紗友里ソロであることが多いが、2015年7月の「M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」ではメドレーの中で上田麗奈とのデュオで、2015年11月の「シンデレラの舞踏会」では大橋彩香福原綾香とのトリオニュージェネレーションズ)で披露された。ミツボシ☆☆★が曲名通りの姿になった、記念すべき間であった。

765プロにおける「キラメキラリ」「自分REST@RT」、シンデレラガールズ内では「Orange Sapphire」などと同様にUO(高オレンジサイリウム)が用いられることの多い曲である。
中には曲名にちなんで3本、更に最後には歌詞に合わせて6本振る人もいる。


関連動画



■sm19857729[ニコ動]

■sm19868096[ニコ動]
■sm19895411[ニコ動]
■sm19907707[ニコ動]
■sm19914165[ニコ動]
■sm20563062[ニコ動]
■sm22363329[ニコ動]
■sm27416182[ニコ動]


関連商品


■azB00AE12PFI


関連コミュニティ


■co1444240


関連リンク



関連項目



最終更新日: 18/09/15 23:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ