ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミニドラ


ヨミ: ミニドラ

ミニドラとは、

  1. 漫画アニメドラえもん』に登場するひみつ道具本記事で解説する。
  2. 2021年4月7日より配信を開始した、『小林さんちのメイドラゴンS』の放送を記念した連続ショートアニメ劇場。→小林さんちのメイドラゴン

概要


[画像][外部]

CV:北川智絵(大山のぶ代版/短編映画『ミニドラSOS!!!』~1990年
佐久間レイ大山のぶ代/映画のび太とブリキの迷宮』~2005年
あかいとまと(水田わさび版/2005年2009年
金元寿子水田わさび版/2017年~)

ドラえもんの姿を模して製造された、ドラえもんと同ロボットひみつ道具。劇中ではミニドラえもんと呼称される場合もある。

短編映画2112年 ドラえもん誕生』の劇中で、ドラえもんがセワシを誘拐した時間犯罪者(『のび太の恐竜』で登場したドルマスタインとマスクの男)を捕まえた功績を称えて生産されるようになった。

体色は画像のように赤色が基本的だが、アニメなどでは黄色黄緑色など様々なカラーリングが登場している。性格は原作では素直で冷静だが、アニメではやんちゃな性格でトラブルメーカーポジションの話も多い。また、同ロボットであるからかドラえもん修理する事にも長けている。ひみつ道具本家同様もちろん所持しているが、ミニドラのサイズに合わせて非常に小さい。

本家と異なり、サイズは小さく言葉をスラスラと話すことはできない。サイズ本家の1/10(12.93cm)とされているが、エピソードによっては手のひらサイズのび太の膝ほどもある個体も登場している。言葉は原作では「単頭文字を繰り返す」形で、アニメではもっぱら「ドララー」としか話せない。ただしドラえもんドラミは問題なく解読できる。また、られたトラウマがないためネズミも怖がらない。

ミニドラそのものの初登場は1973年付録「はりええほんドラえもん」(大全集第18巻収録)であるが、色は本家と同じ青色である点や普通に言葉を話す(ただし台詞の吹き出しは書かれていない)点などから現行のキャラクターと同一であるかは不明。その後、かなり時間が経った1986年の「ぼくミニドラえもん」(てんコミ第41巻収録)にて現行の設定で再登場し、以降は漫画アニメ映画など様々な媒体で登場している。アニメ初登場となった短編映画ドラミちゃん ミニドラSOS!!!』(『のび太の日本誕生』の同時上映作品)は一人のミニドラが騒動の中心となるエピソードで、ミニドラそのものの知名度も向上した。また、原作者の藤子・F・不二雄以外の手によって『ぼく!ミニドラえもん』(作:萩原伸一)や『ミニドラにおまかせ!』(作:岡田康則)といったミニドラが主人公生作品も制作されている。


バリエーション(一部)



関連動画



■sm6033913[ニコ動]

■sm33172680[ニコ動]


関連静画


■im2750037(静画)
■im3964572(静画)


関連商品


■azB003RTBQBI
■azB07TFZVCLK


関連コミュニティ・チャンネル


■community


関連項目



最終更新日: 21/05/08 15:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ