ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミニ新幹線


ヨミ: ミニシンカンセン
掲示板をミル!
34カキコ!

ミニ新幹線とは、新幹線からの列車を既存の路線に直通させる運行方式である。


概要


新幹線(の路線)を200km/h以上のスピードで走ってきた列車が、そのまま従来規格の路線(在来線)に直通運転する運行方式を言う。実験走行で世界最高速574.8km/hを叩き出したフランス国鉄戦闘機高速鉄道TGV」のアイディアパクり…いやモデルにしている。

同じ鉄道なのだからできて当然じゃないか、と思われる方もいるだろうが、実現には障が多い

新幹線在来線では、前者のほうが軌間(線路の幅)が広く車両サイズも大きいといった違いがある。軌間鉄道史の古くから直通運転を拒んできた厚いであり、車両サイズオーバーすると周辺民家トンネルなどに体がぶつかってしまう。
ミニ新幹線建設では課題の既存設備を生かした最小限の対策で行った。軌間新幹線のものに合わせ拡幅。そこへ在来線サイズ新幹線スペックの専用車両を用意し、直通を実現している。ただし最高速度は在来線規格のため130km/hどまりの「新幹線直行特急(=特急ではない)」として運行され、ミニ新幹線区間のみを乗する場合は在来線特急が適用される。新幹線に直通しないローカル列車も、ミニ新幹線区間では拡幅後の軌間で走れるよう専用に作られた。

ミニ新幹線区間は基本的に全線が新幹線軌間であるが、やむを得ず在来線車両が乗り入れなければならない状況も生まれた。その区間に限っては、三線軌条という2種の軌間に対応した3本レールの特殊な線路が敷かれている。


後藤新平と原敬


レール幅だけみれば在来線1435mm化を支持した後藤伊達)と1067mmのままを支持した原敬(南部)の争いがあっが、速やかに鉄道を敷設させる案が優勢となり後者勝利してしまう。このような事情からJR在来線の一部には元々1435mm設計の区間が存在する。


採用例


現在のところ、JR東日本東北新幹線と直通する2路線のみで採用されている。

どちらの路線も乗り換えなしに地域と東京方面とが繋がったため、鉄道の利用客は航空便が窮地に追いやられるほど劇的に増加した。設備の建設・整備費も非常に安価で、最高のコストパフォーマンスである。

かしこの方式を全に広めようとしたところ、地元の土建・利権とベタベタのお偉いさん達から猛反発を受けた。


構想



九州新幹線長崎ルート


九州新幹線長崎ルートではミニ新幹線の採用計画もあったが、山形秋田と違い軌工事時の回路が一部区間で存在しない事などから採用はほぼ見送られている模様。但し、JR西日本フリーゲージトレインの乗り入れに関しては消極的である事などからフリーゲージトレインの採用見送りの場合は採用される可性も残っている。


北海道新幹線(函館新幹線構想)


北海道新幹線函館駅 - 新函館北斗駅間に導入する構想がある(函館新幹線構想)。これにより函館駅と同が立地している函館の中心部が活性化できるとされる。2005年任意団体北海道交通研究会が提唱。2015年頃地元ニュースメディア函館電子新聞が再び提唱する。2021年鉄道運輸機構職員によって費用が試算され約80億円と発表される。


ジョイフルトレイン新幹線


ミニ新幹線用車両活用した観光向け新幹線ジョイフルトレイン新幹線」が登場している。


とれいゆ


JR東日本奥羽本線区間限定運用を前提にE3系観光列車として改造した「とれいゆ」を運行している。


現美新幹線


JR東日本E3系を種現代美術を楽しめる「現美新幹線」を上越新幹線にて運行した。


新幹線電気軌道総合試験車


JR東日本仕様ドクターイエロー車両E3系ベース製作され、通称East-iと呼ばれている(新幹線E926形電気総合試験)。


関連動画


タグで動画検索 山形新幹線[動]
タグで動画検索 秋田新幹線[動]


関連項目



最終更新日: 21/06/27 19:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ