ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミノタウロスの皿


ヨミ: ミノタウロスノサラ
掲示板をミル!
205カキコ!

[画像][外部]

ミノタウロスの皿とは、藤子・F・不二雄SF短編漫画である。小学館青年コミック誌『ビッグコミック』の1969年10月10日号に掲載された。

2021年7月30日17:00から8月6日17:00まで、『ドラえもん公式サイトドラえもんチャンネル」にて期間限定無料配信中。

ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/doraemonChannel/status/1421387658035609604[外部]

概要


藤子・F・不二雄SF短編処女作であり、代表作の一つ。1990年に「藤子・F・不二雄SF短編シアター」でアニメ化された。文化、倫理、そして価値観の違いを描いた一作。
ショッキングな展開がを引くが、その後に読み返すことで物語の解釈に深みを与える。

この漫画が描かれた当時、劇画ブームコミック読者年齢層が広がる一方、従来の生活ギャグ漫画斜陽になりつつある時代だった。藤子・F・不二雄も例外ではなく、気合を入れて描いていた『21エモン』『ウメデンカ』が思うようにヒットせず、本人も落ち込んでいた時期だとっている。そんな中、ビッグコミックの編集長・小西湧之助から一本描いてみないかと誘われ、描かれたのがこの作品である蔵版 藤子不二雄 SF全短編 第1巻カンビュセスの籤』、中央公論社1987年、4p。今作の好評を皮切りに、藤子・F・不二雄は「SF異色短編」と呼ばれる数多くの傑作短編を生み出していくこととなる。

なお、今作を描くにあたり、民話特有の残酷な小話「」に触発されたとっているが、「」は落語の一噺であり、正確には「婿入り」ではないかと言われている。


登場人物



ネタバレ


注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

イノックスでは、地球におけるヒト(作中では「ズン類」)とウシ(作中では「ウス」)の立場が逆転しており、ウシヒト畜にし、食用として飼っていた。ミノアも血統の優れた用種であり、大祭の祝宴でウシたちに食べられることが決まったのである。ヒトは産まれた時からおいしくなるように努しており、ミノタウロスの皿にのせられることは最大の名誉なのだとミノアは誇らしげにる。大勢の人の舌を楽しませ、特別に美味しければ大祭史に永久に名前が刻まれるのだ。発育の悪いヒトの末路はみじめなもので、「でだめならハムソーセージ。もっと悪けりゃの肥料」なのだという。

主人公は納得できず、二日かけてウシたちを説得し、残虐な習をやめさせようとするが、全く話が通じない。ウシたちはヒトを食べることを疑問に思ったことがなく、「食物連鎖の一環に過ぎない」「両者は深い友情で結ばれている」「食べてやることで魂を救う」など様々な意見で丸め込まれてしまう。

ことばは通じるのに話が通じないという……、これは奇妙な恐ろしさだった。

ドロ沼を歩きまわるようなもどかしさとでもいうか……。

説得が通用しないと思い知った主人公は、実行使でミノアを奪取するためにレーザーガン片手に祝宴に乗り込む。しかし、ミノアは既に大皿の山の上で運ばれていた。主人公は「たすけてといってくれえ!!」と叫ぶが、そのがミノアに届くことはなく、そもそもミノア主人公を祝宴に参加して自分をおいしく食べに来てくれたのだと思っていた。そして主人公レーザーガンを手放し祝宴会場へ入っていく笑顔のミノアを見守ることしかできなかった。

最後のコマでは、迎えのロケットで救出された主人公が待望のステーキをほおばりながら泣くという皮の効いた結末が描かれている。


関連動画



■sm12672294[ニコ動]


関連静画


■im9325505(静画)


関連商品


■az4091920616
■azB079TP9GDQ
■az409143472X


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 21/07/31 22:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ