ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミュウツー


ヨミ: ミュウツー
掲示板をミル!
3650カキコ!
ポケットモンスター > ポケモンずかん > ミュウツー

ミュウツーとは、ポケットモンスターに登場するNo.150ポケモンである。初登場は赤・緑

基礎データ
名前 ミュウツー タイプ (通常 / Y)
[画像] [画像を見る](X)
英語 Mewtwo 高さ 2.0m(通常)
2.3m(X)
1.5m(Y)
分類 いでんし 重さ 122.0kg(通常)
127.0g(X)
33.0kg(Y)
図鑑 #150 特性 プレッシャー
ジョウト #249(GSC)
#254(HGSS)
ホウエン #305 夢特性 きんちょうかん
シンオウ # メガ特性 ふくつのこころ(X)
ふみん(Y)
イッシュ # グループ タマゴみはっけん
カロス #151(マウンテン) 孵化歩数 30720
アローラ # 性別 不明
世代 第一世代 努力値 特攻+3
進化 進化しない
カイリュー | ミュウ
No.150 ミュウツー
いでんしポケモン
たかさ  2.0m
おもさ  122.0kg

エスパータイプ
[画像を見る]
けんきゅうの ために いでんしを 
どんどん くみかえていった けっか
きょうぼうな ポケモンに なった。
種族値(通常時) 合計680
H
P





106 110 90 154 90 130
種族値メガX) 合計780
H
P





106 190 100 154 100 130
種族値メガY) 合計780
H
P





106 150 70 194 120 140

図鑑説明

ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッド
けんきゅうの ために いでんしを どんどん くみかえていった けっか きょうぼうな ポケモンに なった。
ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーンポケットモンスターX
ひとりの かがくしゃが なんねんも おそろしい いでんし けんきゅうを つづけた けっか たんじょうした。
ポケットモンスターピカチュウ
ミュウの いでんしと ほとんど おなじ。だが おおきさも せいかくも おそろしいほど ちがっている。
ポケモンスタジアム
いでんしの くみかえで うみだされた きょうぼうな エスパーポケモン つめたく ひかるめが とても こわい。
ポケットモンスター金ハートゴールド
きょくげんまで せんとうのうりょくを たかめられたため めのまえの てきを たおすことしか かんがえなくなった
ポケットモンスター銀ソウルシルバー
たたかいで ちからを さいだいげんに だせるように ふだんは すこしも うごかず エネルギーをためている。
ポケットモンスタークリスタル
たたかいの ためだけに うみだされ いまは どこかの どうくつふかくで ねむっていると いわれる。
ポケットモンスタールビー・サファイアポケットモンスターエメラルドPokémon GO
いでんしそうさに よって つくられた ポケモン。にんげんの かがくりょくで からだは つくれても やさしい こころを つくることは できなかった。
ポケットモンスターダイヤモンド・パールポケットモンスタープラチナポケットモンスターブラック・ホワイトポケットモンスターブラック2・ホワイト2ポケットモンスターY
ミュウの いでんしを くみかえて うみだされた。ポケモンで いちばん きょうぼうな こころを もつという。

概要

初代『赤・緑』から登場しており、今尚「最強」のイメージが根強い初めての禁止級伝説ポケモン。図鑑ナンバーは150で、当時は配布やバグでしか入手手段のかったミュウを除けばカントー図鑑の一番最後に位置する。名前だけでなく高さや重さの数字でもやたら2立つが多分偶然だろう。

ステータスとしてはエスパータイプらしく特攻と素さが非常に高い。禁止伝説級なので論それ以外も高準。火力に物を言わせるだけでなく、ミュウクローンなだけあって覚える技や戦法も非常に豊富。禁止級のポケモンであるが、設定上はミュウの遺伝子を組み替えて作られた人工ポケモンである為、正確には「伝説」ではない。とはいえ幻のポケモンから生み出された重な個体なので、伝説や幻ではないが彼らに負けず劣らずのレアポケと言って差し支えないであろう。

ゲーム中では、殿堂入り後に進入出来るダンジョンハナダのどうくつの最深部で登場。レベルは野性ポケモンの中では最高の70。『赤・緑』ではプログラムミスなのか故意なのか敵ポケモンPP消費をカウントしておらず、特殊種族値154[1]から放たれる実質PP限のサイコキネシスによる大ダメージとこれまた実質PP限の自己再生による限回復。そして伝説ポケモン恒例の捕まえにくさ[2]に手間取ったトレーナーも多いだろう。マスターボール使用補筆頭である。その見たには似つかわしくない「ミュー」という可愛い鳴きにも定評がある

金・銀』では容量の都合により、カントーマップダンジョンが一部削られている為、野生の個体は登場しなかった(代わりに「はかいのいでんし」というアイテムが置かれている)が、リメイクの『HGSS』ではしっかりハナダの洞窟レベル70のミュウツーが登場。ところがレベルアップ技のテーブルが原因で攻撃技がサイコカッターしかない。おかげであくタイプポケモンを使えば簡単に捕獲体勢に入れる。初代で最強と言われたエスパータイプの抑制の為に生まれた悪タイプが本領を発揮する場面の一端とも言えるだろう。

ちなみに初代ポケモン青ピカチュウ版)では技マシン、第3世代ではXDを通して「じばく」を覚えることも可。高い特攻にがいきがちだが攻撃種族値も素で110ある(ラグラージと同値でドダイトスゴウカザルより高い)ので割と落にならん威

第5世代ではついに念願の専用技である「サイコブレイク」を習得。特殊技だが受ける側は防御のステータスダメージ計算されるという変わった技である。これにより、特殊受けを突破することも可となった。

X・Y』では殿堂入り後に入れるようになるななしのどうくつに出現。戦闘BGMは三と同じく固有の物で、初代の「戦闘!野生ポケモン」のアレンジ鳴きは何故か「みゅう!」になっている。

ミュウツー出生の秘密と謎

本編中では、グレンタウンポケモン屋敷に残された先住者の日記に出生と脱走の経緯が記述されている。以下がその記述である。

にっき 7がつ5か
ここは みなみアメリカの ギア
ジャングルの おくちで
しんしゅの ポケモンを はっけん

にっき 7がつ10か
しんはっけんの ポケモン
わたしは ミュウと なづけた

にっき 2がつ6か
ミュウが こどもを うむ
うまれた ばかりの ジュニア
ミュウツーと よぶことに・・・・・・

にっき 9がつ1にち
ポケモン ミュウツーは つよすぎる
ダメだ・・・・・・
わたしの てには おえない!

日記に年が書かれていない為、具体的な時期に関しては知る術がいが、この日記の記述に沿うならば、どこかの年の7月ミュウが発見され、その後約半年間ポケモン屋敷においてミュウの遺伝子を使った研究と実験が行われ、2月初頭にミュウツー誕生に至ったという事になる。やがて暴走したミュウツーは研究者達でも抑えられない程の暴性と戦闘ポケモン屋敷を半壊させ、外界に脱走。とも相容れる事なく、ハナダの洞窟へ姿を消した。

ちなみに上記の日記を書いた、ミュウツーを生み出す研究をしていた人物はフジという名前の博士だとされているが、実はこれはシオンタウン主人公が出会ったフジ老人と同一人物である。初代リメイクである『FRLG』ではシオンの住人から、フジ老人は元々シオン出身の人間ではないという情報を聞く事ができ、それに加えて研究場所となったポケモン屋敷があるグレンジムではカツラフジ老人に何らかの親交があった事をわせる写真を見る事ができる(そもそもグレンジム自体が何故かポケモン屋敷に落ちている「ひみつのカギ」を使わないと入る事が出来ない)。さらに、2013年に放映された後述の特別編アニメポケットモンスター THE ORIGIN』にて遂に同一人物である事が確定した。

ただこれらのミュウツーやカツラとの関係を匂わせる描写は初代の時点では全く存在していなかった為、リメイク後の後付設定である可性も高い。

初代での悪魔のような強さについて

とくしゅは2位20近い差をつけてのブッチギリ1位154。そのステータスから繰り出される威1.5倍のサイコキネシスは持ち物が存在しない当時は並のポケモンでは1発耐えることすら難しい。さらに壊れ技として有名なふぶきや優秀なでんきタイプ10まんボルトも覚える事ができ、幅広いポケモンに対応可。その上ただでさえ高いステータスをドわすれで一気に2段階上げることができるなど一匹だけ明らかに別次元の強さを持っていた。
すばやさも全ポケモン2位。同条件だとミュウツーより速く動けるポケモンは当時はマルマインしかいない。そして、じこさいせいでHP回復もできるという隙のさ。

何より当時のエスパー技を半減出来るのはエスパーのみ。効化するタイプはなし。ミュウツー自身の弱点もむしとゴーストだけ。しかも虫タイプの攻撃技は威20のきゅうけつ、威25×2のダブルニードル、威14×2~5のミサイルばりと貧相な物ばかりで実質いに等しく、ゴーストに至ってはバグで「こうかがない」という有様(そもそも当時のゴーストタイプの最終進化系はゲンガー1匹、技は「したでなめる」のみゲンガーどくタイプを併せ持つ故に元々エスパーが弱点でミュウツーより遅い時点で絶好のカモにしかならなかった)。要するに弱点など存在しないも同然でミュウツーの暴走は止まらないのであった。一匹ならまだしも2,3匹手持ちに入っていようものならリアルファイトに発展する危険があった。

今でこそ種族値の合計は720アルセウスに劣ってしまってはいるが、初代のミュウツーは特防も154[1]なので現在種族値に換算すると素の状態で合計が744となりアルセウスをもえる極悪ステータスになる。これでエスパーを半減できたのがエスパーだけで他の同クラス伝説ポケモンも居なかったのだから存在そのものがチートと言うより他にない。

ちなみにポケモンスタジアム(2以降。初代では戦うことができない)では「サイコキネシス」を発動するとき怒りマークなどの血管が額に浮かんでいるが、腕で隠れた口部分は「10まんボルト」を使用すると横のカットでは恐ろしいまさに悪魔のような笑みを浮かばせていた。

現在のミュウツー


次へ»
最終更新日: 19/07/05 23:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ