ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ミラ=マクスウェル


ヨミ: マクスウェルコ
掲示板をミル!
56カキコ!

ミラ

ミラ=マクスウェルとは、『テイルズオブエクシリア』の主人公の一人である。続編である『テイルズオブエクシリア2』にも引き続き登場してる他、生作である『テイルズオブザヒーローズツインブレイヴ』にも出演している。


概要


年齢:20身長168cm  声優沢城みゆき キャラクターデザインいのまたむつみ
マザーシップタイトル初の女性主人公であり、ユーリに次ぐ2番20代主人公

その正体は、地の四大精霊を従えるシリーズおなじみの精霊マクスウェル。
現在の姿は精霊を殺す兵器ジン」を壊滅させるために実体化したもので、実際は2000年以上生きているらしい。
ちなみに女性の姿にした理由は、人類の半数を悩殺できるから。
悩殺するというのは伊達ではなく、ティポく「バリボー」なボディ。いろいろと揺れまくるけしからんで、動きやすさ重視のこれまたけしからん衣装ガンガン動く。ちなみに衣装はマクスウェルの巫女であるイバル手作りGJ
チャームポイント(自称)は緑色アホ毛。これはシルフに結ってもらったもので、本人も気に入っているようだ。
を払ったりできる武器にもなる。

精霊らしい、どこか威厳を感じる口調が特徴で、己の信念を貫き通す強い意志を持った人物。
ただし自身が強い心を持ってるせいか、弱いものの気持ちがわからず、自覚に非情ともとれる発言をしてしまうこともあった。使命のためなら仲間のみならず、己の命すら捨てる覚悟を背負っている。

精霊らしく幅広い知識を持つ反面、人間の一般的な常識についてはとことん疎い。
そのため本を読んで人間達のことを学ぼうとしているが、読む本がどれもこれも偏ったタイプの本ばかりなので、おかしな知識ばかり身についている。(例:受け美学、男と女のの駆け引き)
20年間四大のを借りて生きてきたため、食事すらしたことがなかった。
とある出来事がきっかけで、一時的に四大のを失ってしまい、普通人間と同じ生活を余儀なくされてしまう。
しかしミラにとってはその全てが新鮮で、鼻水たらすことすら喜んでいた。

上記の一件後、空腹でぶっ倒れた後ジュードに食事を作ってもらうが、これが大変おいしかったため食事の素らしさに覚める。
以後、おいしそうなにおいを嗅ぐとよだれが止まらなくなるはらぺこと化す。他の人物でも言えるのだが、今回は簡易スキットで食事の効果が切れるとすぐに空腹を訴えてくるため、はらぺこな印が特に強くなる。
ところかまわずじゅるじゅるよだれをたらすその姿は、マクスウェルとしての威厳もなにもあったもんじゃない。

また料理についても全くしたことがないため、好きなものなんでもぶちこめばおいしくなると思っている節がある。
ガイアスまんじゅうに対抗してマクスウェルまんじゅうを作ろうとしたことがあったが、その中身は「唐辛子ようかんレバ山いも」。本人く地の4つの味がいっぺんに楽しめる!とのこと。ニコ動か本当に作りそうで怖い。ちなみに甘さは辛さによって引き立てられてこその甘みになると考えている。

今作の世界では、精霊術は人が精霊マナを与え、その見返りとして扱うという共存関係な仕組みになっている。
精霊術を扱う際には契約としての詠唱が必須なのだが、ミラ詠唱なしで扱うことができる。
これは、マナを与える際につべこべ言わず術を放て!」という念を込めているかららしい。
ミラく、精霊も人も甘やかしてはだめだ、とのこと。

歴代コスはスタン、ダオスアスベル(TOX2)。
なんと男性衣装しかない。しかし本人がやたらと々しいため、えらく似合う。
とくにアスベルは本人より似合ってるかもしれないと思うほどジャストフィットしてる。
しゃべり方と相まって、なんとなく宝ジェンヌな感じ。

 

続編である『テイルズオブエクシリア2』にも引き続き参戦。
前作の終盤で精霊化、ラストでマクスウェル爺から座を受け継いだことで大精霊となった後はミュゼ精霊界にて暮らしていたが、世界危機を感じ取り再び行動をす。世精ノ途(ウルスカーラ)がくなったことによりマナを消費して実体化せざるを得なくなったため、人間界にいられるのは短いという。
前作では使命にひたすら一直線の部分が多かったが、今作ではかつてのの影もあり周囲の人間に気遣いや優しさを感じさせるなど成長振りを見せている。
今回は新しくマクスウェルとしての衣装を着用している。前作より巨乳太ももなどけしからん体が強調されているのは気のせいではない
ちなみに四大と会議20回以上重ねてデザインを決めたらしい。


ジュードとの関係に関しては信頼できる友人、頼りになる相棒という認識である一方、恋愛感情に近い感情を抱いている様子。ミラ編によれば、一度死を迎える際も「ジュードを失望させたくない、ジュードが好きなミラ=マクスウェルのまま死にたい」という気持ちであったという。
ジュードミュゼを「直接使役」したことに対する嫉妬を抱いたり、アグリアレイアの会話で「あのボーヤはマクスウェルのババアにお熱」という台詞を聞いて胸の鼓動が速くなる・・・など全編を通じて描写は結構あったりする。
最後は「使命にひたむきに走るミラ」に憧れるジュードの意思を受け止め、互いのを行く事で別れを告げることとなった・・・が、『TOX2』にて1年ぶりに再会する事になる。


2では両人のキャラクターエピソードの登場人物、セルシウスや分史世界のマクスウェルの過去を通じて連理とも称される非常に仲の良い関係として描写されている。ルドガージュードとの仲を冷やかされてもナチュラルにノロけている。他にも分史世界アスカジュードに使役を持ちかければ嫉妬し、ルドガーにペアルックなカラーリングプレゼントしてもそれでもジュードなら喜んでくれるとノロケ初め、セルシウスの思い出の地巡りではジュードと何があったのやら(2人の秘密を)嬉しくて周囲に話したくてしょうがない気持ちになるという。
ジュードが絡むと精霊もやはり年相応の女の子である。
 


戦闘


戦闘スタイル魔法タイプエアリアル系のスキルを多数覚えるため、どちらかというと体。
ジュードべるとやや癖があるが、各種属性技をまんべんなく覚える為、どんな敵にも対応できる万

キャラ固有の特性は、「魔技」。
これは術発動時、ボタンを短く押すことで、詠唱なしで放てる魔技に変化するというもの。つべこべ言わせない技。
属性ごとの魔技は一つだけだが(下級のファイアボールでも上級のレイジングサンでも発動する魔技はフレアボム)、上級になればなるほど技がグレードアップしていく。中からのライトニング連発は鬼畜

固有サポートスキルは「バインド」。
これはリンク時に拘束術を編み出し敵の動きを一定時間封じるというもの。スピードタイプの敵に特に有効なほか、気絶状態だと100%発動する。

余談だが、魔神剣も覚えない非常に特殊な主人公である。ついでに個人特技は全てオリジナル


関連動画



■sm15538196[ニコ動]

■sm15583616[ニコ動]


関連商品


■azB0053APBWE
■azB008FKSOMS
■azB007QS5K0E
■az4840144303


関連コミュニティ


■co483
■co445623


関連項目



最終更新日: 12/11/26 18:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ