ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ムルタ・アズラエル


ヨミ: メイシュオウ
掲示板をミル!
352カキコ!

ムルタ・アズラエルとは、機動戦士ガンダムSEEDの登場人物である。通称「盟主王」。


概要


声優檜山修之氏は勇者シリーズ作品『勇者特急マイトガイン』で主人公、旋寺舞人役を演じていたが、その後、同じく勇者シリーズの最終作、『勇者王ガオガイガー』の主人公獅子王凱を熱演。作品そのものの知名度の高さと、インパクトの強さからか、檜山氏がをあてたキャラクターは、ガオガイガー以後、キャラクターの特徴+王を付けて「○○王」と呼ばれるようになった。

ムルタ・アズラエルについてはブルーコスモスの盟ということで「盟主王」と呼ばれる。

ブルーコスモスとは、人間への遺伝子操作に反対し、遺伝子操作によって生まれたコーディネイターと呼ばれる人々を過な手段を用いて迫するイデオロギー、及びその信奉者たちの事である。アズラエルは、その盟リーダー格として、主人公たちの前に立ちはだかる悪役として登場した。

しかし、その一方で檜山氏が演じるキャラだけあって、アズラエルの言動は非常にエキセントリックなものであった。
また、彼の台詞の中には、主人公達よりも正論っているものや、熱血発言などもあり、単なる悪役として切り捨てられないような魅がある事も事実である。

また、自ら戦艦に乗り込んで揮を執ったり、地球に迫る危機阻止しようと努するなど、その活躍には獅子王凱を思わせるようなものもあった・・・かもしれない。少なくとも、ザフトから逃げ回ってばかりいた後任のロード・ジブリールよりは、よほど堂々としており、悪役としての貫は十分である。

彼は少年期に、数人掛かりでコーディネイターに喧を挑んだが一方的に返り討ちに遭うという苦い経験を持っていた。おそらくその経験がコーディネイター排撃思想の芽になったと思われる。
その一方で、ザフト軍のラウ・ル・クルーゼとは繋がりを持っており互いに極秘情報をリークしていた。クルーゼアラスカ基地自爆の機密情報と基地の構造データを横流ししたのもアズラエルである。そんなアズラエルが戦死した時、クルーゼは死を悼むどころか「案外不甲斐ない」とバッサリ切り捨てていた。

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZERにも僅かながら登場。強化人間の選別に来ていたのか訓練中のスウェンをモニターで見ていたが、途中で興味が失せて踵を返している。しかしこの時スウェンに対し侮辱的な言葉を放ったらしく、スウェンの教官に掴み掛かられている。

なお、勇者王関連のMADムービーの中に、さりげなくアズラエル台詞が混入している頻度は非常に高い。


盟主王の名台詞一覧



関連動画



■sm13312520[ニコ動]

■sm5324639[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/11/20 19:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ