ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ムーンライトシンドローム


ヨミ: ムーンライトシンドローム
掲示板をミル!
15カキコ!

ムーンライトシンドローム(MOONLIGHT・SYNDROME、月光症候群』とは、
プレイステーション用に制作されたホラーアドベンチャーゲームである。


はじめに


このゲームフィクションであり、実在する団体・名称・事件とは一切関係ありません。

このゲームマルチエンディングではありません。

このゲームゲームオーバーがありません。

このゲーム一本道シナリオで進行します。

このゲームで起るすべての判定は、ご購入された皆様の判断に委ねられます。

このゲーム1996年6月企画され、同基礎開発開始、1997年1月ビジュアル作成開始、
より本格的な開発がスタートし、1997年8月完成しました。

このゲーム制作者の意図により、ノイズ音を多用しています。

このゲーム日本語が理解できれば、どなたにでもプレイできます。

このゲーム1997年7月自主規制を行いました。

このゲームは「トワイライトシンドローム」の続編的作品ですが、
同一の登場人物以外は関連性のない、全く新しい作品として制作されました。
トワイライトシンドローム」を購入されていない方でも、安心してプレイすることが出来ます。

―ムーンライトシンドローム解説書より抜


概要


1997年10月9日発売。開発元/発売元はヒューマン

前述の通り「トワイライトシンドローム」の続編的作品ではあるが、世界観や登場人物を受け継いではいるものの、それ以外に「トワイライト~」とは関連性のない全く新しいゲームとして制作されている。
舞台となる町の名前が「トワイライト~」では、「ムーンライト~」では代町と、微妙に異なっていることもそれを示している。
また怪談ホラーテーマであった「トワイライト~」とは異なり、本作は本格的サイコホラーテーマに据えている。

キャラクターは新キャラの他、「トワイライト~」のキャラが多く登場する。
しかし「トワイライト~」とべて性格が極端かつ嫌な方向に変わっていたり、救いようがない悲惨な結末を迎えるキャラが多く、そういった意味でも受け入れられない人が多い。
後続の須田ゲーに同名のキャラが登場するなど、ある種のスターシステムの原となっている。

トワイライト~」の主人公長谷川ユカリだったが、今作の主人公はユカリの後輩キャラクターの一人だったミカである。
前作のフライトシステムを一切排除し、あくまで移動も含まれている通常のアドベンチャーゲームといった印が強いが、それ以上にあまりにも癖のありすぎるシナリオがこの作品の特異性を高めている。全10話のシナリオるのも難しい内容だが、電波まみれと酷評される一方でそのに魅了された手遅れな者もおり、賛否両論となっている。否が多めだけど。
なお制作中に起きた神戸連続児童殺傷事件(薔薇斗事件)により、ゲームの一部に自主規制が行われている。

未だに圧倒的多数のアンチ(トワイライト好き)と極一部の熱信奉者を抱く、ある意味伝説とも言える作品。
何にせよ確実に人を選ぶ内容であることは、上記の内容を見れば作品を知らないプレイヤーでも疑いようないだろう。
日本の「人を選ぶゲームクリエイターと称される須田ゲーファンをしてさえ「これは理」と言われることもある程である。
一般的なADVとしての点数は限りなく低いが、自分がサイコシーな雰囲気を楽しめるという剛の者だと言うならば挑んでみるのもいいだろう。

ただし自己責任で。

ゲームカタログ@Wiki ~クソゲーから名作まで~[外部]より


余談


本作のディレクターシナリオライターである須田剛一は本作発売後にヒューマンを退社。新会社「グラスホッパー・マニファクチュア」を設立、独立した。

独立後の第1作「シルバー事件」のプロローグ#0 Lunatics」は本作の後日譚ともいえる内容である。
当時から繋がりを示唆されていたが、17年後のHDリマスター版の特典コミックにおいて正式に物語の繋がりが明示される事となった。

また「シルバー事件」内の年表において、1997年10月に起きた事件「ムーン」の存在が確認できる。
多くの人に黒歴史扱いされている本作だが、こういった小さな所でひっそり供養されている......のかも知れない。


関連動画


■mylist/854637
 


関連商品


■azB000069SV7
■az4575160768


関連項目



最終更新日: 18/02/14 12:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ