ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メイドインアビス


ヨミ: メイドインアビス
掲示板をミル!
3033カキコ!

主人公リコレグ

メイドインアビスとは、竹書房が配信するWebコミックサイトまんがライフWIN*WEBコミックガンマ』にて連載中の少年少女わくわくするに潜る漫画である。2019年5月現在、既巻8巻。
著者は「つくしあきひと」。KONAMIの『おとぎ銃士 赤ずきん』や『エレビッツ』のキャラクターデザインを手がけている。

2016年12月に、なんとテレビアニメ化が発表され、2017年7月10月に放送された

2019年1月にはテレビアニメ総集編として前後編に分けて「劇場版総集編【前編】立ちの明け」、「劇場版総集編【後編】放浪する黄昏」が劇場開された。

2019年7月6日2020年1月17日テレビアニメの続編として劇場版「メイドインアビス 深き魂の明」が劇場開されることが発表された。

*(コミックガンマ作品の新サイト移転に伴い掲載終了)


あらすじ


人類に一残された未踏の地、深さ2万メートルえる秘大穴アビス』。
深淵の向こうに存在する奇々怪々な深生生物や、人類の持つ英知ですら及ばぬ摩訶不思議な遺物の数々。
その存在に心奪われ、浪漫めて冒険に挑む者達を、人々はいつからか『探窟』と呼ぶようになった。

アビスの表層部に建てられた探窟達の『オース』。
その孤児院で探窟見習いとして生活している少女リコは、いつか母親のような偉大な探窟となり、
アビスを解き明かすことを夢見ていた。

ある日のこと、孤児院導によるアビス探窟の最中であったリコは、偶然深生生物に襲われてしまう。
危機で何者かに助けられたリコは、眠るように倒れていた一体の少年ロボットを見つけて……


概要


連載方法・単行本リリースなど

前述の通り、「WEBコミックガンマ[外部]」にて連載中。
10・2030日のどれかのタイミング更新される。更新頻度は概ね1ヶ強~2ヶ本編ハロアビス』は開後しばらく残り、単行本が発売されると、そこに収録される分が削除される。

また、本編とは別に、幕間である『ハウアーユードコカ』が連載されており、こちらは6巻発売までの部分が6巻に収録された。

単行本のカバー裏毎度非常にはっちゃけた内容となっており、新巻が出るたびに特殊な性癖を持つ一部の紳士が熱狂している。
そうでなくとも世界観を補する様々な設定が描き込まれているので、媒体で購入することをオススメしたい。

世界観

「あたたかさ」と「冷さ」、「SF」と「ファンタジー」の入り混じる世界観を、精緻な描き込みと絵本のような柔らかい画で作品の隅々にまで行き渡らせている。画通りのほんわかした場面やギャグシーンもある一方で、綿密な設定に基づく容赦ない描写も数多い。

ファンタジーの入り混じる世界観ではあるが、よくある「治癒魔法」や「緊急時のダンジョン脱出アイテム」のようなものは存在しない。「アビス」と呼ばれる人類未踏の大穴に深く潜るほど、帰還時に体と魂を蝕み壊していく『呪い』からも、も逃れることは出来ない。

「探窟」と呼ばれる人々は、それでも「アビス」に眠る遺物を生活のために探しめる。あるいは様々な理由から最深層をし、己の体と魂を投げ打って挑み続けている。

絵柄から受ける「子どもたちのわくわく大冒険」のような初見の印とは全く異なる、死の匂いが色濃く立ち込めた美しい「深淵」。それに魅せられ挑み続ける人々のリアルを隠すことなく描き出したギャップがネット上で話題を呼び、徐々に人気を博すようになった。

また劇中では色々な意味で何かと「匂わせる」展開が多く、なんとも言えぬ背徳感にあふれた作品でもある。何かって?そりゃ…お前…なあ?


登場人物


リコ [画像]

(探窟見習い)。本作の主人公デコメガネ少女
オースのにある「ベルチェロ孤児院」で暮らす探窟見習い。
人一倍アビスへの憧れが強く、遺物をちょろまかしてはよく叱られている。マイルームは元・仕置部屋。
周囲の男子も振り回される程に活動的でエネルギッシュ。
レグに裸を見られてもロボットだからセーフと恥じらいもしない程度には乙女が足りない。
料理の腕はかなりのもので、豊富な知識でどんな深生生物もおいしく調理する。どこのダンジョン飯
漫画作品のヒロインとしては(いろんな意味で)相当体をった活躍を見せる。

レグ [画像]

リコアビスで拾ったロボット少年で、本作のもう一人の主人公ヒロイン
アビスの遺物であると思われるが、発表されている遺物のリストには彼のようなロボットやそれに類似するものは載っておらず、奈落至宝オーバード)ではないかとリコたちに考えられている。
自分の身体のことを含め、リコに拾われる以前の記憶がい。名前はリコが昔飼っていたペットからもらったものである。
少年らしい容姿と性格ではあるが、口調はやや堅く大人びている。口癖は「度し難い」。
自分がアビスの上層で倒れていた理由をめ、リコと共にアビスの深淵へ挑む。
類稀なる身体を誇り、リコに足りないフィジカル面を大きくサポートする。
必殺技である火葬インシネレーター)は悪な深生生物も一にして焼却する程の絶大な威を誇るが、一度撃つと二時間くらい睡状態に陥ってしまう。
傷一つ付かない強なボディだからと言ってボコボコにされたり、やたらとったものでおへそを狙われたり、おしりに棒を突っ込まれたりと碌なに合わない。

ライザ

伝説級探窟)『殲滅卿』。通称は「殲滅のライザ」。
一級遺物「尽槌(ブレイズリーブ)」を手に圧倒的な武勇を誇る、リコ母親
10年前に、アビス第6層以降に挑む絶界行(ラストダイブ)を決行し、消息不明となる。

ジルオ

師範代)。ベルチェロ孤児院の子供達を取りまとめるリーダーのような存在。
な性格だが少々想。
止めの効かない不羈奔放なリコの事を厳しく躾けるのと同時に、気にかけてもいる。

オーゼン [画像]

伝説級)『不動卿』。通称「動かざるオーゼン」。深界二層に建つ監視基地(シーカーキャンプ)の防人。

リコ母親であるライザの知己で、長身女性すごい背。そして怪力
老婆のような口調で、実際に数十年もをやっているのだが、その顔立ちは若々しい。
美貌を保つ為の秘とは、なんと……。
サディスティックな性質で、相手をいじめて愉しむような度し難い素振りが立つ。本人く「子供だましは嫌い」。
感情が昂ぶるととんでもなく怖い顔になる。

マルルク [画像]

(一人前)。監視基地(シーカーキャンプ)のを行う、オーゼン子。青髪かわいい
礼儀正しくしっかり者。お師さまことオーゼンには絶対に逆らえない。
リコ達と同じくらいの年齢で、レグとは特に気が合うようだ。かわいい
エプロンドレスのような意カチューシャを身に付けており、一見すると間違いなく少女なのだが、性別は明かされていない。

ナナチ [画像]

3巻で登場。アビスの呪いによって体が変質した「成れ果て」。人を避けてアビスに棲み着いている。
山羊っぽい瞳孔と、っぽいキュートな、自称「ふわふわのぬいぐるみ」。口癖は「んなぁー」。かわいい
自らのナワバリに入ったリコレグを監視していたが、2人のピンチに「かわいそうになったから」と助けることになる。
見た上はリコ達と同じ位の年頃である。
ひょうきんな口ぶりで、つかみ所がない。
医術に精通しており手先は器用な様だが、一方で料理の腕はかなり度し難い。かわいい
特徴的な外見と口調から中性的な印が強いが、やはり性別は明かされていない。
そのケモナーホイホイキャラデザインと彼(女)にまつわるエピソードによって、一部から非常に大きな支持を得ている。

ボンドルド [画像]

のひとり「黎明卿」。通称「新しきボンドルド」。
同じくの、『あの』オーゼンをして「私みたいに優しくない」「筋入りのろくでなし」とまで言わしめる人物。
名前だけは初期から出ていたが具体的なエピソードは第3巻から。その特異なキャラクターと度し難い所業に強な印読者に残した。
ナナチとは浅からぬ因縁がある様子だが…
余談だが、名前が微妙に覚えづらい上に編集にボン「ボ」ドと誤植されたため、読者からはボンカレー卿」だのボンオドリ卿」だの「ボンバイエ卿」だの、好き勝手に呼ばれている。

プルシュカ

ボンドルド
溌剌かつ好奇心旺盛な少女で、ボンドルドを「パパ」と慕う。
第5層にあるボンドルドの前線基地「イドフロント」で生まれ育ったため、地上を知らない。
ボンドルドの言いつけにより、「イドフロント」でリコ達一行を出迎える。リコと意気投合するが…


単行本6巻以降の登場人物


[画像を見る] この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。




















マジカジャ

六層で出会う、全身が機械でできた成れ果て。ナナチとは違い、身体は入れ物でしかない。リコたちと同じ言を話すことができる。異様な見たに反して、性格は穏やかで良心的。

マアアさん

六層で出会った成れ果ての一人。メイニャを乱暴に扱ったことで「精算」されてしまい、大切なぬいぐるみや肌の一部を失ってしまった。しかしリコピンチから救ったことがきっかけで仲良しになる。見たはかわいらしいがケツが汚い。匂いはリコ結構よごれてるいたうんちをやさしくした」感じらしい。

ムーギィ

イルぶるで食堂を経営している成れ果て。リコたちと話すことができ、彼女イルぶるの言について教えた。

ファプタ

通称「成れ果ての」。成れ果てたちの前にはめったに姿を現さず、どこにでも行けて、決して滅びない存在だという。四本の腕を持った生き物で、レグとは面識があるらしい。

干渉器

ファプタと行動を共にする機械。その名の通り、見て触れて知ることで情報を得る。もともと六層以外にもいたらしいが、既に通信は途絶えてしまっている。

ワズキャン

成れ果ての村を作った三賢の一人。陽気な性格をしている。『決死隊』ガンジャのリーダーだった。

ベラフ

三賢の一人。メデューサのような細長い体が特徴。過去ボンドルドに出会ったことがあり、連れていたミーティをなんとしてでも手に入れるため、自身の体の一部を対価として支払い、ミーティの複製を得た。ナナチはベラフがミーティを乱暴に扱っていることに耐えられず、自らをベラフに売り、ミーティを買うことになる。

ジュロイモー

三賢の一人。成れ果てたちの中でも一番の巨体の持ち

ヴエロエルコ(ヴエコ) [画像]

』と呼ばれている場所に囚われていた人物。決死隊『ガンジャ』のメンバーの一人で、イルぶるを作るのに関わっていた元三賢だが、村を作るのに反対したことで地下深くに封じられていた。リコによって助けられる。


重要単語


アビス

この作品の舞台
およそ1900年前、南海ベオルスカの孤に発見された、全ての大地を踏み抜いた人類最後の未踏の秘
直径は約1,000メートル、深さは今でもわかっていない大穴である。後述の探窟たちにより20,000メートル程度までは確認されているが、それ以上の深度は未だにに包まれている。
内部では現代技術を用いた所で解明のしようもない数多の『遺物』が眠り、奇妙奇な深生生物達がひしめいている。
その存在は人々の探究心をくすぐり、未知との邂逅や一攫千を夢見て冒険に挑む多くの『探窟』達を呼び寄せた。

アビスの呪い

アビスでの発見を携え、帰還しようとする探窟達を例外なく襲う原因不明の現
潜る(下降する)際には何の影もないが、アビス内を上昇すると途端に発生するため「上昇負荷」とも呼ばれる。
ヒトである限りこの呪いから逃れる術はい。
アビスのより深くへと潜る程、帰路にかかる呪いは重くしくなる。
特に深界六層以降の、五体満足での帰還が有り得ないとされる深度へ向かう探窟は『絶界行(ラストダイブ)』とも呼ばれる。

深層 深度 呪いの内容
深界一層 0m~ 軽い目眩と吐き気
深界二層 1350m~ 重い吐き気 頭痛 末端
深界三層 2600m~ 上記に加え衡感覚に異常 幻覚や幻聴
深界四層 7000m~ 全身に痛 というから流血
深界五層 12000m~ 全感覚の喪失 それに伴う意識混濁 自傷行為
深界六層 13000m~ 人間性の喪失 もしくは死に至る
深界七層以降 15500m~ 確実な死

探窟家

アビス表層部に構えられた奈落『オース』を拠点に、大穴へ潜る冒険者達の通称。
彼らは探窟である実に合わせた『』を所持しており、その色によって探索可な深度が定められている。


次へ»
最終更新日: 19/08/30 20:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ