ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メイプル戦記


ヨミ: メイプルセンキ
掲示板をミル!
1カキコ!

この物語フィクションです
いわゆる架物語ちゅー訳です
故に登場する人物・団体等も架の存在です

もし万一実在する人物・団体等に似ていたとしても
それはキミの気のせいなので あまり細かくこだわってはいけない

メイプル戦記とは、川原によるプロ野球少女漫画


あらすじ


1991年7月野球協約の正により女子にもプロ野球選手が開かれた。それを受けて1992年セ・リーグに7番の球団が誕生した。その名は「スイート・メイプルス」、入団資格女子であること

入団テストを経て集まったのは、プロ野球選手の妻や六本木ディスコクイーン甲子園優勝投手オカマまで、一癖も二癖もある選手たち。それを率いるのは、かつて豆の木高校野球部を甲子園優勝に導いた広真理監督と、その豆の木高校と決勝戦で戦った北斗高校の元監督高柳コーチ

かくして女性だけ(オカマ1名含む)のプロ野球チームメイプルスの、波万丈のペナントレースが始まった!


概要


少女漫画としては非常にしい、プロ野球舞台にした野球漫画白泉社の「花とゆめ」にて1991年17号から1995年21号まで連載された(掲載はわりと不定期で、ちょくちょく休載を挟みつつ年に6~7話ぐらいのペースでの連載であった)。単行本は全3巻、文庫版は全2巻(単行本3巻・文庫版2巻には読み切り短編「ヴァンデミエール――葡萄反動」を併録)。

作者1984年に「花とゆめ」で連載した高校野球漫画甲子園の空に笑え!』(全1巻)の続編だが、共通して登場するのはほぼ広監督高柳コーチだけなので、前作を読んでいなくてもさほど大きな問題はない(が、前作を読んでいた方が面いのは確か)。『笑う大天使』ともちょっとだけ繋がりがある。

『笑う大天使』や『ロマンティック…わはは』と並ぶ川原の代表作のひとつで、雑誌「ダ・ヴィンチ」が行った川原作品の人気投票では、前述の2作に次ぐ3位にランクインした(ちなみに4位は前作『甲子園の空に笑え!』)。

登場するメイプルス以外の他球団は、一部のキャラクターを除いて1992年当時のプロ野球球団・選手・監督をもじった名前で登場する(読売ジャイアンツ東京タイタンズなど)。当時のプロ野球小ネタもちょいちょい出てくるので、90年代プロ野球を知る読者ならニヤニヤできるはず。作中で描かれるのは1992年の1年間のペナントレースだが、連載が休み休みで1995年まで続いたため、後半では槙原寛己完全試合1994年)など、現実では1992年のことではない出来事がちらっとネタにされていたりする。

またメイプルスの本拠地として「札幌ドーム」が登場するが、現実札幌ドーム完成したのはこの作品の連載開始から10年後の2001年のこと、日本ハムファイターズ北海道に移転するのは13年後の2004年のことである。


スイート・メイプルス


セントラル・リーグ
スイート・メイプルス
基本情報
創設 1991年
本拠地 札幌ドーム
一般略称 メイプル
アルファベット M
獲得タイトル
リーグ優勝 -回
日本一 -回
経歴
  • スイート・メイプルス(1992年-)
球団組織
運営 スイート製菓
オーナー 立花小雪
野球チームテンプレート

1991年に創設され、1992年からセントラル・リーグに加盟した新球団。親会社は北海道札幌市に本社を置く製菓メーカースイート製菓。オーナースイート製菓社長立花小雪。球団社長は孫の立花俊之。チームカラー黄緑色。

野球タカラヅカをこよなくするオーナーの意向で、入団資格を「女性のみ」とする女子チームとなった(ただし、体が男性でも心が女性であればOK)。オーナー趣味応援団はヅカ

フランチャイズ北海道札幌市。本拠地は札幌ドーム(別名「コロポックル球場」)。収容人員は5万人。札幌ドームの外見は東京ドームにそっくりで、スイート製菓と全北海道民が総を挙げてこっそり作ったらしい。キャンプ地は九州A県豆の木村

初代監督は、豆の木高校野球部元監督の広真理子が務める。


関係者


太字は以下の登場人物欄に記載がある選手。


首脳陣



所属選手(作中で判明している限り)


投手 捕手 内野手 外野手
  • (1)相本美
  • (2)相本由
  • (3)相本里
  • (4)相本流

ほか、中村背番号28)、市川背番号36)、山下璃間、沢田田など十数名の控え・二軍選手が所属している。


基本オーダー


打順 守備 選手名
1番 里見笑子
2番 若生
3番 仁科紘子
4番 エドワーズ
5番 相本美
6番 相本由
7番 相本里
8番 相本流
9番 (その日の先発投手)

登場人物



メイプルス首脳陣


真理子(ひろおか まりこ)
監督背番号666。推定29歳。本作および前作『甲子園の空に笑え!』の主人公。「人生なんてチョロいチョロい渡る世間は甘かった」がモットーのお気楽極楽ノーテンキな性格。
高校生教師九州A県にある豆の木高校野球監督を6年務めたあと、監督を勇退して暇を持て余していたところに、メイプル監督オファーを受け就任。豆の木高校時代は、県大会1回戦突破が悲願だった弱小校を就任初年度で甲子園優勝に導き、その後も「守備の豆の木」として甲子園の常連に育てた名将である。
監督としてのチーム作りの基本方針はも漏らさぬ鉄壁の守備を基盤にした守りのチームで、引き締まった投手戦を好む。コンバートや打順の入れ替えは基本的にしない(理由はめんどくさいから)。メイプル監督就任前には暇にあかせて野球科学的に璧に解析した(自称)が、メイプル監督としては豆の木高校時代と変わらず、口から出まかせ・行き当たりばったりの出たとこ勝負な采配が基本。
高柳(たかやなぎ くにひこ)
コーチ背番号56。推定35歳。な性格で、万事いい加減な広をフォローする役
前作『甲子園の空に笑え!』では豆の木高校甲子園決勝戦で対戦した北斗高校監督。それ以降も同校の監督を続けながら、広と7年間文通を続けていた。広からのコーチ就任要請を受けて、北斗高校監督を退任してメイプルスのコーチに就任。人手不足のためヘッドコーチほか一軍監督以外のコーチ業全て(二軍も)や、選手寮「ニポポ寮」の寮長を兼任するほか、甲賀忍者の末裔である高柳の者を使って他チーム情報収集も担当する。
歳をとったためか、あるいは7年の文通で広との付き合い方を心得たためか、『甲子園の空に笑え!』に登場したときとべてかなり性格が丸くなっている。選手個人の事情にも細かく気を配る気配りの人だが、かつての教え子である神尾オカマになっていたことと、小早川恋愛感情を抱いていたことにはしく狽していた。
立花俊之(たちばな としゆき
球団社長オーナーである立花小雪の孫。人手不足のため、チームマネージャースコアラートレーナー外国人スカウト、寮の食堂オバサンまで兼任する、高柳と並んで肩書きが多い人。
幼い頃に事故で両親を失い、自身もそのときの足首の怪のために現在も走ることができない。相本4姉妹の中で流だけは見分けることが出来、落ちこんでいた流を励ましたことがきっかけで、以降、流との淡いロマンスちょこちょこ展開する。
立花小雪たちばな こゆき
球団オーナースイート製菓社長息子夫婦に先立たれてしまい、孫の俊之を育てながらしゃかりきに働いて会社を守ってきた苦労人のおばあちゃん。そんな生活の中での数少ない楽しみだったプロ野球タカラヅカするあまりに、女の子だけの球団を作ってしまった。本当はユニフォームももっとキラキラヒラヒラしたものにしたかったらしい。選手たちにはされており、観戦に訪れると選手一同大り切り。

メイプルス所属選手


芹沢桜子(せりざわ さくらこ)
投手。右投げ。背番号15。18歳身長167cm、体重50kg。同作者の『笑う大天使』の舞台であるミカエル学園高等部出身。
女子高であるミカエル学園には野球部がなかったため、ずっと子と2人だけで練習を続けていた。正確コントロール武器に、11種類の変化球を駆使して相手打者の狙いをひらひらとかわす技巧。その一方、球速は遅く球威がないという弱点を抱えており、出会い頭の被弾が多く、疲れの出た試合終盤に長打を打たれて負けるというパターンも多い。
その弱点をするべく魔球開発を論み、試行錯誤を重ねた末、とある偶然から魔球ハクション大魔球」(タツノコプロ許諾)を習得。負担が大きいため1試合に3球までしか投げられないというボールのため、後半戦はハクション大魔球で要所を締めるリリーフとしての起用も多くなった。

次へ»
最終更新日: 20/04/02 08:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ