ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メオン


ヨミ: メオン
掲示板をミル!
5カキコ!

メオンとは、テクモキャプテン翼シリーズに登場するキャラクターである。
フルネームはクラウディオ・メオン。


概要


ブラジルゴールキーパーで、ユース時代はグレミオ、プロ入りしてからはスポルチに所属。

外見はジノ・ヘルナンデス色違い
2ではだったのですぐに見分けられたが、3以降は色のになってレナートと見分けが付かなくなる。

ブラジルゴールキーパーたちは幻影ミラクル型とかゴールポストの方がマシとかOKマカセナサーイとか強な人物が多数っており、それらに押されていまいち影が薄いが、それは周りが濃すぎるだけでメオンも決して個性ではい、むしろ立ネタキャラライバルとして存在している。


キャプテン翼2


ブラジルでのユース大会リオカップを勝ち進むの前に、練習中に突然ゴールバーの上に掛けているというインパクト溢れる初登場。ジュニアユース時代から用する必殺技の代名詞とも言えるドライブシュートを簡単に受け止めてみせる。

ジュニアユース時代にこれを止めたGKはほとんどおらず、まさにメオンは「ジノ・ヘルナンデスデューター・ミューラーに匹敵する強敵」「これまでのでは勝ち抜けない新たな戦いの舞台レベルの高さを明する男」として現れたのだ。この時だけは

そしてグレミオとの試合が始まると、やはりドライブシュートは通用しない。
しかし浮き球をトラップせずにボレーシュートやヘディンシュートで直接ゴールを狙ってみると、どうもメオンの反応が悪い。
実はメオンはこうしたダイレクトシュート関係のキャッチが苦手で、その隙を見抜いたドライブオーバーヘッド原作ミューラーから決勝点を奪った技)を繰り出し、ゴールを奪う。

この時、は「オーバーヘッドの威では通用しない」とメオンの実を高く評価していたが、別にそんな事はく、イベントが終わったら普通に得点可。最初は強敵として現れたのに、いったん崩されるとザコの通常シュートボロボロ失点する姿は「ブラジル中西」と言えるだろう……が、中西マイナーキャラなのでそう呼ばれる事はほとんどい。

試合後はコインブラから「メオンごときに手こずるとは」とこき下ろされ、各ユースの戦分析をする新聞記者からも「ブラジルには腕の立つキーパーがいないぞ」と酷評されていた。ロベルトもこいつじゃ理だと判断したのか、セリエAからゲルティスを招集。メオンは日本との決勝戦に出場する事はかった……。


キャプテン翼3


リオカップの準決勝でと対戦。「サイクロンで来い!」とを挑発するが、実際にサイクロンを撃たれるとそのまま吹っ飛ばされるという何をしたかったのか分からん結末に終わる。
行く先々で出くわすドイツ勢の脅威(シェスターシュートで吹っ飛ばされるジュストとか、カペロマンサイドワインダーで吹っ飛ばされる若島津とか)の中で、一の清剤となるのだった。(……が、その後「なぜネオファイヤーを撃ってこない」と言いつつ、ただのファイヤーショットで為す術もく吹っ飛ぶ若林の姿に涙することに)

また、今作から「ドライブシュートは絶対に止める」「ダイレクトシュートに弱い」という個性が消え、普通ゴールキーパーになってしまった。

リオカップの後、急遽プロチームのスポルチにスカウトされたらしく、4では「前年にストラットに勝っている」という設定が追加された。
まだメガロゾーンシュート開発前とは言え、どうやってストラットシュートを止めたんだ……。


キャプテン翼4


戦いの舞台プロリーグに移り、スポルチの選手として登場。
前述のとおりストラットとは因縁があり、新必殺技メガロゾーンシュートを喰らって吹き飛ばされる。
もうすっかり「必殺シュートを喰らって吹き飛ぶ人」というポジションに収まってしまった。2の初登場のシーンは一体何だったのだろうか。

こんなメオンだったが、ラテンアメリカカップではブラジル代表のゴールキーパーとして選出される。控えはレナート
明らかに実が上のタファエルが選ばれなかった理由は何だロベルト

かくしてガッツ限の日向と相対する事になってしまい、ライトニングタイガーを浴びて宙に舞うのだった……。

メオンはその後登場しない。5では多くのテクモキャラ抹消されてしまい、メオンも消えてしまったのだった。


関連項目



最終更新日: 19/01/22 00:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ