ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メガドライブ


ヨミ: メガドライブ
掲示板をミル!
183カキコ!
[画像を見る] 時代がめた16ビット

「メガドライブ」とは、1988年10月29日セガから発売された家庭用ゲーム機である。


概要


前世代機であるセガマークIIIにはアーケードから多くのタイトル移植されたが、性不足は明らかであった。
そのため次世代機が企画されたが、検討の結果SYSTEM16基ベースに次世代機が設計されることとなった。
メインプロセッサにMC68000サウンドFM音源)制御プロセッサにZ80Aが搭載され、SYSTEM16(獣王記ゴールデンアックスなど)のゲームをそのまま移植出来る性を持った新ハードがここに誕生した。

16ビットゲーム機として任天堂スーパーファミコンより2年先行して発売した。当時アーケードや高級パソコンで採用されていたMC68000家庭用ゲーム機として初めて搭載し、プロセッサ性としてはスーパーファミコンを大幅に上回っていた。このことからシューティングや横スクロールアクションゲームラインナップに多い。

での名称は「ジェネシス(GENESIS)」。


セガ史上最も成功した家庭用ゲーム機


出荷台数は全世界3074万台(日本358万台)。16ビット機(SFCMDでほぼ寡占)のシェア日本国内では約20%とこれでも前世代より大きく伸ばしたが、全世界トータルとしてみると40%弱(メガドライブ・SNES戦の日本以外だと45%とほぼ互SNESを打ち負かした地域も)と、歴代セガハードの中では抜きんでている。日本ではRPGダントツ人気ジャンルでメガドライブはRPGをそろえられず苦戦したが、海外特に北ではスポーツゲームダントツ人気であり、SNESとのマルチタイトルだとSNES版より売れる傾向があった。

代表作は何と言ってもソニック・ザ・ヘッジホッグ。このスピード感はスーパーファミコンでは再現が難しい。


日本での苦戦


日本の苦戦要因としてはRPGもそうだが、同じく高速CPUを搭載しアクションシューティングに強かったPCエンジンというライバルハードの存在も大きかった。PCEファミコンの開発ノウハウがほぼそのまま使えたため、当時のプログラマにとってはMDよりもはるかに開発がしやすかった。
またセガアーケードゲーム大手だったこともあり、競合他社が参入に消極的だったという事実もあげられよう。PCE最初期に参入して普及を後押ししたナムコは後にMDにも参入したが、二年以上も遅れた上に代表作がひとつも移植されなかった。
さらに自社内でもアーケード部門とコンシューマ部門との不仲が囁かれており、自社作品の移植に積極的でないどころか他社ハード向け移植作品が何本も出続ける始末であった。
これらの要因が、前期のソフト不足に繋がっていった。


晩節を汚し、大成功した海外市場を失う……


末期にはメガCDスーパー32Xといったメガドライブの拡システム(3つもACアダプターが必要、メガタワー喩された)も発売したが、高価すぎてあまり受け入れられなかった。特にスーパー32Xは、次世代機だったセガサターンの発売と重なる。結果セガサターン日本国内ではセガ史上もっとも親しまれた家庭用ゲーム機だったものの、海外の販売台数は、セガ歴代ハードの中で最も普及したメガドライブの1割程度の約300万台と大ブレーキシェアプレイステーションにそのまま奪われる結果になってしまった。

しかし、未だにメガドラが現役の国があった

ただし、南ブラジルでは、2012年に入ってもほかの次世代機を差し置いて、1990年代後半から現役の家庭用ゲーム機である(最新機種はセガからライセンスを受けた、ブラジルゲームメーカーが製造販売を行っている。1990年代後半まで当では現役であったマスターシステムも同様)。どうやらそのからくりには、自産業保護のため他製の製品に大な関税がかけられるから、高価となり普及しにくい(例としてPlaystation3ブラジルの販売価格は日本円換算で10万円前後と日本や北の4倍位)。なので、ブラジル製となったメガドラは20年以上たった今でも現役でいられるわけなのだ。


時代を超えてのコラボ


なんと2014年タカラトミーアーツの新ブランドから、トランスフォーマーとのコラボ商品「メガドライブメガトロン[外部]」の発売が発表された。
あの破壊大帝がメガドライブに変形する……!

そして同年12月ニンテンドー3DSの本体更新で追加されたメニュー画面のテーマ変更機の配信コンテンツとして「セガハード・メガドライブ」が配信。

ニンテンドー3DSメニュー上画面に初期メガドラパッケージデザインを意識したメガドライブロゴ線画のメガドライブが表示され、しかもメガCDの起動デモBGMが流れるというな計らいも見逃せない!

しかし、これだけでは終わらなかった…。なんとゲームソフトを起動すると『セーガー』のボイスが鳴るのである。それも起動時の『NINTENDO3DSロゴが表示しきるところまでという始末。一部からは『セガ任天堂ハード侵略した』『任天堂は懐が深い』と評価されたほどである。

これは企画したセガ成Pによると、『3DSにメガドライブのロゴ等をデコレーションしている人がいた』事からメガドライブタイトルも収録したセガ3D復刻アーカイブス発売に合わせたものであるという。


メガドライブファミリー


令和初の新ハード・メガドライブミニ

セガサミーが、2018年4月に開催した「セガフェス2018」で「メガドライブミニ」を2018年内に発売することを発表した。2018年というとメガドライブ発売30年に当たる。プレスリリースによると、当時の専用カートリッジは差せないが、当時のデザイン再現しつつ約1/4のサイズになった本体をテレビにつなぐだけで、本体に内蔵された多数の作品をプレイできるの事。ただ、この発表には落とし穴があった。

実は日本向けのみでの発売の発表であり、日本よりはるか市場規模が大きかった北欧州向けの発表はなかった。当然海外ファン「何でこっちでリリースしないんじゃコラァ!」などと反が大きく、丸30年になる約1か前の9月2018年内発売を白紙に戻した。

その後の2019年年号令和に変わろうとしている矢先の4月セガめて「メガドライブミニ」の発売を発表。当時の仕様を一から設計し直した上で海外向けの需要にも対応し、”令和初の新(ゲーム)ハード”の名のもとに40+新規2タイトル(新規製作の『ダライアス』と、幻となったが今回新たにアーケード版を移植し直した『テトリス』)収録をアナウンスした。さらにメガドライブミニサイズに合わせたメガCDスーパー32Xロックオンカートリッジ・ゲームカートリッジの装飾品セット「メガドラタワーミニ」の同時発売も発表している。どうして作った。セガらしいけど


主なメガドライブのソフト


ハードメーカーの垣根を越えて任天堂Wiiバーチャルコンソールでもプレイソフトがあるので詳細はググること。


次へ»
最終更新日: 19/06/14 09:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ