ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メタルマックスシリーズ


ヨミ: メタルマックスシリーズ
掲示板をミル!
522カキコ!

タイトルロゴ

ではデータイーストから発売されたFCRPGメタルマックス」を初めとするゲームシリーズについて記載する。キャッチコピーは「退治はもう飽きた」。


メタルマックスの概要


共通している世界観として、人類と、人類に反逆したスーパーコンピュータであるノア(及びノアにハッキングされたあらゆる機械)との戦争である「大破壊」によって文明が崩壊し、人々がての文明の遺物を食い潰しながらも逞しく生きている退的な(マッドマックスいは北斗の拳に近い)世界舞台であることが挙げられる。そんな世界で、主人公が様々な理由で立ち、戦車(「クルマ」と読む)に乗ってモンスターを狩るハンターとして成長していく物語である。

特徴となるのは異常なまでに自由度が高い作りになっていることで、ストーリー内で強制となるイベントが少ないぶん寄りできる所が多く、手ごわい賞首を狩ったり、戦車チューンしまくったり、場で他の客にを奢ったり、ドラム缶を押したり、に戻ったり結婚したり等の理由で途中でをやめてみたりと、自由気ままに行動することのほうがゲーム醍醐味である。

特に初代とRに至っては『世界一ハンターになる』と言う漠然とした的以外のの理由が存在せず、ラストダンジョンに行ってラスボスを倒す事さえ「をしていたら偶然『大破壊』の原因に出会って、偶然倒してしまった」で片付けても差し支えないと言う有様。なので、文字通り自由気ままに冒険する事こそが冒険の的と言い換えても良く、そうやって進んだ結果、戦闘な時期から見て場違いに強い賞首がいたり、逆に若干強過ぎるようなレアアイテムがこっそり隠されていたりなど探索や寄りが楽しい作りになっている。また、デコゲーらしい壮絶なセンスの敵や、荒した世界で逞しく生きぬく人々の吐く独特の台詞もいい味を出している。

ちなみに、キャッチコピーの「退治」とはドラゴンクエストの事で、決してモンスターハンターのことではない。ただ、作中で上記のような戦車乗りたちの呼称である『ハンター』はモンスターハンターの略であり、3発売に際して復活したこのキャッチコピーには若干後者の意味も含んでいるのかもしれない。(そもそも、『モンスターハンター』と言う単が先に出て来たのは本作である)

中でも賞首との戦闘で流れる「お尋ね者との戦い」(現 WANTED!)は屈名曲としてファンに親しまれている。


シリーズの遍歴


メタルマックスFCソフトとして1991年に発売。
メタルマックス21993年SFCで発売。
メタルマックスリターンズ1995年に発売。メタルマックスSFCソフトとしてリメイク

その後データイーストは経営が悪化し倒産新宿エクスプレスという会社がメタルマックスの商標を取得してしまった為、「メタルマックス」の名前がついた続編は作れなくなってしまった。これについては当時は商標を奪取したとして憎悪の対となったが、新宿エクスプレスは元々デコゲーの版権管理を行っていた会社で、3発売時にも普通に商標を譲ってもらえたことがミヤ王氏より明言されている。
(一説によれば、メタルサーガ開発時点でメタルマックスの名前を貰えなかったのは、代理人を立てての交渉だったが故に難航した結果だと言われている。その教訓もあってか、メタルマックス3発売時にはミヤ王が直接交渉に行ったらしい)

その後、モリモトナオキ詐欺※1やDCソフトとして開発していたワイルドアイズ発売中止と言った悲しい事件を経て、ナウプロダクション2003年に2のGBA移植版(メタルマックス2壊)を製作したが恐ろしく出来が悪く、憎悪の対となっていた。

メタルサーガゲーム自体はサクセスライセンスを取得し、本家メタルマックスシリーズとは別にコンセプト世界観を共有したシリーズとして展開された。上記の通り商標の関係でメタルマックス」ではないが、シリーズ独特のノリシステムは健在であり、サーガシリーズで生まれたシステムがより洗練されてメタルマックスシリーズに逆輸入されるなど、現在メタルマックスとは違う切り口で展開中。

その後、メタルマックスの版権は株式会社エンターブレインに移っている。

メタルマックスWiiバーチャルコンソール)…2010年4月27日配信。
メタルマックス2Wiiバーチャルコンソール)…2010年7月13日配信。

メタルマックス32010年7月29日発売。角川ゲームズ(角川エンターブレインの親会社)より当時のスタッフと、DECOの開発チーム独立してした開発会社「キャトルコール」の手によって17年ぶりに正式なナンバリングタイトルとして復活を果たした。ニンテンドーDSソフト

メタルマックス2:リローデッド2011年12月8日発売。メタルマックス3と同じスタッフによってメタルマックス2の初リメイク(断じて誤字ではない)となる、「メタルマックス2:リローデッド」が発売され、そのリメイクとは名ばかりの全新作ばりの追加要素の多さに原作ファンは大いに熱狂した。

メタルマックス2013年1月9日配信。(ニンテンドー3DSバーチャルコンソール
メタルマックス4 月光のディーヴァ2013年11月7日ニンテンドー3DSソフトとして発売。
メタルマックス ファイアワークスiOSAndroid向け。2015年10月配信開始、2016年8月サービス終了

メタルマックス ゼノMETAL MAX Xeno)…PS4 / PS Vita対応、2018年4月19日発売。

2017年10月現在、「メタルマックス」の商標は株式会社KADOKAWAが保有している(特許情報ラットフォームで確認できる)。

※1モリモトナオキ詐欺とは

1999年初頭、「モリモトナオキ」なる人物がメタルマックスの新作を作る為と称して、一般投資達から資を騙し取ろうとした事件。

彼は「メタルマックス2製作に携わった経験があり、既にとあるプラットホームメーカーで承認を得ている」等と投資達に触れ回っていた。しかし1999年当時データイーストは、「現時点では製作さえ未定の段階」としており(しかもその数年後に倒産)、そんな状況下の元で製作を募る事など在り得るく、同社はこの人物に対する警を促していた。 彼が本当にメタルマックス2製作に携わっていたのか、携わっていたとしてどの程度携わっていたのか等は一切不明。

後にメタルサーガ 砂塵の鎖に登場する戦車捜索請負詐欺師の賞首、ブック・フォレストの元ネタになったと言われている。(モリモト森本=フォレスト、本=ブックと本をひっくり返してブック・フォレスト)


主な職業


メタルマックスプレイヤーキャラクターには基本的にデフォルト名がく(メタルマックス2:リローデッド除く)、その姿も基本的についている職業に大きく依存したものになっている。シリーズを重ねる毎に職業の変遷があるが、この4種類は全作品で共通している。後々のシリーズになれば職業は増えていくが、処ではシリーズの定番職のみ説明する。

ハンター
この荒れ果てた世の中を跳梁跋扈するモンスターを狩る賞稼ぎ「モンスターハンター」の略称
実質的には戦車クルマ)を操ってモンスターと戦う者をす言葉であり、戦車帽を被った戦車兵に似た姿をしている。
パーティーの中で最も戦車の扱いに優れ、戦車戦で活躍する戦闘形である。
兵戦でもソルジャーに次ぐ戦闘力を持っており、装備できる人間用武器防具も豊富。
基本的に主人公はこのクラスであり(MSNFと2Rを除く)、主人公の代名詞である。
3の主人公も歴代主人公べればかなり異なった外見・だが、分類上はハンターに含まれている。
メカニック
戦車修理を得意とし、戦車の破損箇所の修理を得意とする。レベルが上がれば大破さえ直すことが可戦車戦もハンターの次に得意だが兵戦に乏しいため、戦車しで行動する時は注意が必要。
装備できる武器もハンターより少ないが、ブーメランスパナに代表されるような専用武器が存在する。
作品によっては「メカに強い」と言う特徴を持ち、機械系の敵に対して効果的な特技を持っていたりする。
ソルジャー
ハンターと同じ賞稼ぎだが、方は戦車に頼らずに生身で戦う者の事をす。
攻守共に高く、専用武器以外のほぼ全ての人間用武器防具を装備することが出来る兵戦のプロである。戦車で入って行けない施設内などでの戦いで価を発揮するが、最も戦車の扱いが苦手。
しかし、シリーズによってはRのバギーや3のバイク等、乗したまま人間用武器で攻撃出来るクルマの存在が彼らを助ける。
ドッグ
。大破壊前に作り出された知強化の子孫と言われている。
1、Rを除くほぼ全てのシリーズ仲間になる。デフォルトネームに「ポチ」。
共通しているのは専用の武器防具(一部例外あり)で戦う事と、方で示はできず自動で戦う事。
戦闘そのものはハンター以上ソルジャー未満か同等と言った所で、方で示できない事を差し引いても兵戦で頼りになる。
戦車に乗れないため普通にプレイするとどうしてもっ先に死んでしまう事が多いのだが、3にいてポチタンク(分類はアクセサリー)のような戦車が登場したことで生存率がかなり上がった。
わんわんグルメでのドーピングが可であり、コレによって最大ステータスまで育てたは、
特にSFCメタルマックス2いてはテッドブロイラーに対する最終兵器となり得る程の強さを誇る。

戦車(クルマ)とは


戦闘力を持つ、いは持ちう車両の総称。自由に乗り降り出来る。
通常は戦車のことであるが、戦闘を有する事の出来る車両ならば、例えそれがバギーでも装甲車でもバイクでもバスでも救急車でも飛べなくなった戦闘機でも機関車でも新幹線でも御輿でも巨大ロボットでもカボチャでもガンヘッドでも、それは立戦車クルマ)なのである。
所謂RPG的な成長法を踏襲している人間と異なり、さまざまなパーツの組み合わせで強さが変化する。
クルマ本体は以下のパーツから構成されている。

シャシー クルマの本体のこと。人間で言えばキャラ本体にあたる。
入手方法はダンジョンにあるのを見つけたり、地面から発掘したり等のイベントのみで入手できる。
シャシーには複数のがあり、によって装備できる武器の種類が異なっている。
見たの種類(装備できる武器の種類)、守備体本体の重量などが異なる。
エンジン クルマの動。このエンジンの出クルマ全体の積載量を決める、極めて重要なパーツ
他の部品をどれだけ積めるかに影するため、クルマの強さに直結する。
当然積載量は高ければ高いほど良いので、戦車を強化する際には、まずエンジンから手を付けるのがセオリー
3以降にはエンジンを二つ積める『ダブルエンジン』が可になり、重戦車タイプ戦車が使いやすくなった。
Cユニット クルマコントロールする電子頭で、命中や回避などに影する。
初代では本当に戦車を動かすためだけの装備だったが、2から命中回避の数値が付与され、
Rからプログラム等がつくようになり、3と2Rでさらに細分化されるようになった。
更に2RではCユニットを二つ積む『ダブルCユニット』と言うシステムが登場している。
現実では動かすのに3~4人必要な戦車をたった一人で動かせるのは、このCユニットのお陰である。

クルマに搭載できる武器は以下の3種類があり、それぞれ対応する種類のに装備できる。


次へ»
最終更新日: 19/10/04 03:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ