ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


メルセンヌ・ツイスタ


ヨミ: メルセンヌツイスタ
掲示板をミル!
5カキコ!

メルセンヌ・ツイスタとは、擬似乱数の生成方法のひとつである。


概要


最近(2011年)のプログラミング言語で、実装提供され、容易に利用できることの多い乱数生成の方法である。

当初考えられた名前は"Primitive Twisted Generalized Feedback Shift Register Sequence"と言う名前であったが、名前について複雑すぎるとクヌース教授(プログラム数学世界有名なえらい人)に摘され、メルセンヌ・ツイスタという現在の名前となった。

これは、メルセンヌ・ツイスタの開発に携わった松本(Makoto matsumoto)氏と西村拓士(Takuji Nishimura)氏両方のイニシャルにもなっている。こっそりと。

伝統的に使われてきた疑似乱数生成の方法では「疑似乱数ではあるが、(部分的に)よく見たら明らかに分かりやすい規則性がある」「他のマシン移植しづらい」「疑似乱数の周期が短い(すぐに乱数の数字の流れがループしてしまう)」「動作が遅い」のような問題点があったが、メルセンヌ・ツイスタによる乱数実装はこれらの欠点を善したつくりとなっている。

1996年に発表された技術であるが、現在(2011年)も良や生の実装が続けられており、より動作の善したバージョンや、性ゆるくした代わりに軽く動作するバージョンが発表されている。

補足

乱数と言っても、メルセンヌ・ツイスタはアルゴリズムの性質上、全に予測不可能なものとはならない。このため、メルセンヌ・ツイスタをそのままセキュリティ技術の根拠として利用することはできない。メルセンヌ・ツイスタをこのような用途で用いる場合は予測不能となる操作(暗号学的ハッシュ関数など)を通して利用しなければならない。

メルセンヌ・ツイスタは、その動作においてメルセンヌ素数を利用しているところから名前がつけられている。計算式による疑似乱数生成は(物理などのに見える領域からのアプローチではい)純数学による研究の結果であり、メルセンヌ・ツイスタは「数学って勉強して何の役に立つの?」という問いかけに対する答えのひとつとなっている。


関連項目



関連リンク



最終更新日: 12/03/17 01:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ