ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


モグラ


ヨミ: モグラ
掲示板をミル!
49カキコ!

モグラ(土竜)とは、盲腸モグラ科の哺乳類の総称である。英名はmole(モール)。


概要


地中でトンネルを掘り生活をすることで有名な動物トンネル内に迷い込んだミミズや小昆虫捕食している。モグラはかきだした土を地表部分に排出するが、の付近にできる土の盛り上がったところをモグラ塚と呼ぶ。

体長は小さく10cm弱から20cm弱程度。足はシャベルのように大きく前足は横を向いた形になっているため、地中で土をかくには適している。は退化してほとんど視く、耳たぶいので外見からはの位置はわかりずらい。体毛は皮膚に対して垂直に生えており、の中での前進と後退の両方が素く行えるようになっている。

日本における代表的な種は、東日本のアズマモグラと西日本コウベモグラである。


モグラに関する誤解


野菜を食い荒らすというイメージがあるかもしれないが、モグラは全な食であり野菜の食に関しては全くの濡れ衣である。むしろ食という点においては農業害虫であるヤガの幼などを大量に食べることから益といえる。ミミズを好むことを考えればにおけるモグラの出現は土が肥えている拠ともいえるだろう。

ただし、モグラのにより野菜を掘り返されたり根を剥き出しにされたりするといったはあるので農業害獣という認識は間違いではない。

また「モグラは日光に当たると死んでしまう」という噂話があるが、それは間違いである。日光に長く当たり体温が上昇して死ぬと言う事も考えられるが、多くは縄り争いから餌場を追い出されての餓死、または耕運機に巻き込まれての負傷が原因と思われる。


モグラと似て非なる動物


アフリカガリネズミキンモグラ科はモグラと同様に地中生活をする哺乳類で、かつてはモグラと同じく食動物であると考えられていたのだが、遺伝子解析の結果全く異なる動物であることが判明している。胎盤を持つ哺乳類は大きく4つの上に分かれるのだが、そもそもその上の時点で異なる(モグラはローラシアキンモグラはアフリカ)。そのため、キンモグラはテンレックとともにアフリカガリネズミという新たなに分類された。

有袋上有袋類フクロモグラフクロモグラ科はオーストラリアに生息する地中生活をする哺乳類。モグラよりもキンモグラの方に似ている。フクロモグラは下綱レベルで異なるので、キンモグラよりもさらにモグラとは遠い動物である。

これらが似ているのは収斂進化、つまり各々が独自に地中生活に適応するよう進化したらたまたま似た形態になっただけということになる。ちなみに、南半球にはキンモグラやフクロモグラはいるが野生のモグラは生息していない。


関連動画



■sm3637333[ニコ動]


関連商品


■azB001KWVC40
■azB001GHEX7C
■azB002FDQ6H6


関連項目



最終更新日: 20/05/09 01:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ