ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


モビルスーツ


ヨミ: モビルスーツ
掲示板をミル!
390カキコ!

モビルスーツMSMobile Suit)とは、アニメ機動戦士ガンダムシリーズに登場する、人型機動兵器ロボット兵器)の分類の一つである。


概要


どの場合、手足のついた人間とほぼ同じ姿形をしている事が多い。
中には足が飾りであったりキャタピラ履帯/クローラー)であったり、ウェーブライダー等に変形したりと一部異なるものも存在するが、これら多少の差異であれば「モビルスーツ」の定義として包含される。ただし、あきらかに人の形とはかけ離れているような、後述するモビルスーツの概念から外れているものについては「モビルアーマー」等に分類される(なお、小作業用のものはプチモビと呼称されている)。

モビルスーツは、「スーツ」という名の通り、人間パイロットとして搭乗する有人兵器である。遠隔操作またはAI動作による兵器は、(例え機体が従来の有人タイプと全く同じものであっても)モビルスーツとは呼ばず、モビルドール等と別の名前で呼ばれている。

モビルスーツの大きさは、人間身長の10倍程度を安に頭頂高にして16m~20m程度のものが較的多いが、中には30m以上の大きさになるものもある。また、バックパックやその他装備を背中に装備する事が多く、それらを含めると非常に巨大となることもある。動については設定により様々だが、出は概ね数千キロワット台と意外と少なめに設定されることが多く、その他の性値に関しては劇中演出に影しない部分も多いためか不統一で、時代が古いのにやたら高性になったりするねじれ現が発生したりすることもある。


何故人型なのか


現実歴史を見ても分かるように、戦争において人兵器およびそれに類する兵器が用いられた事は一度もい。

全な人兵器は、二足歩行をロボットに行わせる事の難しさ、人間の手のような複雑な動きをするマニュピレーターの開発の難しさなど技術的な面もあるが、それでも二足歩行が戦闘において有効であるならば研究が続けられているはずである。
にも関わらず、現在の所二足歩行の人兵器と言えば先行者お台場ガンダムASIMOくらいしかいのは、開発する必要がい=戦術的に有効でないと考えられているからに他ならない。

ではガンダム世界における人兵器は何故作られたのだろうか?
遊べるオモチャを発売しないといけないという大人の事情は置いておいて、以下に人兵器が必要とされた背景を記述する。

ミノフスキー粒子の存在
宇宙世紀ガンダム世界では、ミノフスキー粒子と言う重金属粒子が存在していた。これは、一定以上の濃度になると電波の通過を阻してしまうため、レーダー等の索敵装置や、電波によって制御される長距離ミサイルなどの兵器が使用不可能になる。
戦闘空域が非常に限定された範囲になる事が多く、特化した用途の兵器による外部支援がまるで期待できないため、戦闘空域に赴く兵器には通常以上の汎用性・万性がめられた。そこで、人間と同等の「手」を持ち、武器を持ち替えることで様々に運用が可な人兵器の開発が決定された。手足がある事は、装備面での汎用性だけでなく、戦闘空域が限定されると必然的に発生しやすくなる兵戦にも対応しやすくなるという利点もある。
(なお、ミノフスキー粒子は様々な場所に存在し得る粒子だが、人為的に散布しない限りはレーダーが使用不能になる程の濃度になる事は希である。実際、モビルスーツが開発されるまでの地球連邦軍は従来どおりの電波に頼った兵器を使用しており、そのためにミノフスキー粒子を散布して戦闘空域を限定して戦うといったジオン軍のモビルスーツ部隊に一度大敗を喫した。また、ミノフスキー粒子散布下での戦闘を想定している兵器も、レーダーを搭載していない事はい)
ジオン軍
で圧倒的に地球連邦に劣るジオン軍ジオン公国)は、宇宙空間コロニー内・宇宙要塞内・地球上など、様々に想定される状況それぞれに特化した兵器を作るだけの余裕がかった。そのため、パーツの換装程度の手間であらゆる局面に対応出来る兵器の開発がめられた。
で足がある事によって凹凸しい地面でも輪によって移動するものにべて較的容易に進行出来る他、武器の換装にも手間がかからない。(例:水中ではビーム兵器がほぼ使用不可能になるので実弾兵器を搭載せざるを得ないが、ビーム兵器と実弾兵器は構造が根本的に別物なので、機体そのものに組み込まれている兵器ではパーツの換装程度では対応が不可能。モビルスーツならば手に持つ武器を別の物に替えるだけで済む)
AMBACActive Mass Balance Auto Controlアンバックシステムの採用
兵器を開発するに当たって、まず突き当たるのが動(推進)の問題である。巨大であればあるほど、姿勢制御のためのバーニア等の推進装置が多く必要になり、またそれらの推進装置の出も高いものがめられる。出の高い推進装置を搭載するとそのために兵器自体が大化し、さらに出の高い推進装置が必要になる・・・と言った悪循環を生んでしまう。
これを解決するために採用されたのがAMBACである。AMBACとは簡単に言えば手足などの外側の稼動部を多く用意することにより、それらを動かす反動を姿勢制御に利用するというもの。この概念を採用する事で、想定された規模よりも兵器コンパクトめる事が可になる。初出はみのり書房『刊OUT9月号増刊 宇宙ける戦士GUNDAM CENTURY』における非公式後付け設定。
なお、手足を動かして姿勢制御を行うという手法は、現実宇宙飛行士が重力下で実際に行っている手法である。(もちろん、AMBACと言う名前ではない)ちなみに、映像ではあまり再現されていないというのは気にしてはいけない。

これらの事情から、宇宙世紀では人兵器が十分有効であると判断され、開発されたという設定である。
後に、モビルスーツでの戦闘が標準になってくると、逆に「推進装置との兼ね合いを考えたサイズ・手足」「パーツ換装程度で様々な局面に対応出来る汎用性」「兵戦に対応できる」と言ったモビルスーツの概念に捕らわれず、大で巨大な推進を持つバーニア等に動依存し、限定された用途の高性兵器を搭載し、しかし兵戦には弱い・・・と言った特徴を持つモビルアーマーも開発される。


宇宙世紀以外の作品での背景


宇宙世紀以外の作品においてもそれぞれ人兵器であるモビルスーツの存在理由としての設定がされているが、「ガンダムシリーズ」という内としてのお約束が機することもあり、劇中で明確に説明されないことも多い。

未来世紀(機動武闘伝Gガンダム
元々作業用機械として存在していたロボットが、戦乱に兵器として転用されたという経緯。
なお、本作のモビルファイターは操作するにあたってガンダムファイター人的をそのままトレースする必要があるため、であるという事に高い説得自然ともたらされている上に、ファイトスタイルによっては人ではない機体も多く存在している。
アフターコロニー(新機動戦記ガンダムW
戦争の拡大に深く関わっていた「ロームフェラ財団」が欧州貴族等の特権階級が中心となっていた組織であったため、その「戦争哲学」が色濃く反映された結果、人兵器が多く開発される事となった。
アフターウォー(機動新世紀ガンダムX
特に明確な説明はないが、地球vsコロニー国家と言う構図から、宇宙世紀と同じような背景だと推察されるが、宇宙革命軍と地球連邦軍で、「性と量産性を両立出来る機体1機種に絞って集中的に開発を行う」か「多種の試作機を実戦投入する」かの開発コンセプトが異なっているのが特徴。
∀ガンダム
黒歴史」として過去の作品の背景を引き継いでおり、モビルスーツは発掘される過去の遺物であるという設定。
ズミック・イラ(機動戦士ガンダムSEEDSEED DESTINY
ニュートロンジャマーによって電波が妨され、有視界内での戦闘を余儀なくされるため・・・と言った、宇宙世紀と似たような背景が存在される。
ただし、モビルスーツの開発時期などの設定が資料によって異なる部分があるため、はっきりした所は不明である。
西暦ガンダム00
国家毎に設計背景は異なり、現用の戦闘機戦車MBT)の思想を拡大・発展させた結果、「汎用性に富む人兵器」として帰着している。なお同世界に登場するガンダム太陽光発電設備開発のための宇宙ワークスーツから発展したとされている。
アドバンスド・ジェネレーションガンダムAGE
旧世紀(本編開始前)のコロニー国家戦争にて既に使用されていたが、「の杯条約」なる兵器技術の破棄を盛り込んだ条約により、表面上はMSの製造技術が途絶えていた。ただし、MSの技術継承そのものは行われており、「MS鍛冶」と呼ばれる非合法な技術者や、作業用の「モビル・スタンダード」、あるいはモビルスーツレース等の競技用MSといった非戦闘用途がその手段であった。表立ったMS開発の再開はA.G101年の「天使の落日」といわれるUEアンノウン・エネミー)の襲来による。この事実シリーズ作品にとり、「∀ガンダム」の時代を除いて主人公達の視点で実に100年以上前からMSは存在していた例となっている。
ギルドセンチュリーガンダム Gのレコンギスタ
作品の時代設定が「宇宙世紀の次の時代」とされているため、MSという兵器もそのまま継承されているが、動は「フォトンバッテリー」と呼ばれる特殊な電池に変わっている。このバッテリーは「ヘルメス財団」のみが生産権利と技術を独占しており、宇宙から軌道エレベーターを通じて地球に運ばれてくる。
また、宇宙世紀の時代に大規模な戦争が繰り返された反から、行き過ぎた技術の進歩は自分たちの身を滅ぼすというめを込めた掟「アグテックのタブー」が定められており、テクノロジーの進歩は意図的に止められている。ただし、地球への帰還を果たそうとする宇宙移民たちはこの掟を破り、「ヘルメス薔薇の設計図」から得た強MS群「G系統」を開発している。
Post Disaster機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
作品開始から約300年前に、自機動兵器モビルアーマーによって人類が絶滅しかけるほどの「厄祭戦」と呼ばれる大戦争があり、このモビルアーマーを破壊するためにMSが開発された。すべての機体に「エイハブリアクター」という相転移炉が搭載され、これによって大出・高機動性と、リアクターが発生する「エイハブ粒子」を活用した慣性制御によって、パイロットにかかるG負荷の軽減を両立しており、厄祭戦から300年後の現在でもテクノロジーは継承されている。
ただし、機体とリアクターを新造できるのは作中最大の軍事組織ギャラルホルン」のみで、他の組織は「機体は新造できるがリアクター300年前のもの」「機体もリアクターも作れないので、拾った機体をレストア」という状況になっている。
この世界ガンダムは、リアクターを2基搭載して並列稼働させる「ガンダム・フレーム」という格を使用した機体をす。発電所代わりに使用できるほど大な出を誇り、建造から300年の時を経て経年劣化した状態でも、現代に新造されたMSグレイズ」を圧倒できるだけの強さを保持していた。それだけに技術とコストの両面で問題があり、総生産数はわずか72機、現存しているのは26機と、非常に重な存在とされている。

宇宙世紀におけるモビルスーツの進化


宇宙世紀世界においては複数の作品において非常に多くの種類のモビルスーツが設定されており、それらは時代や特徴によって世代分けがされるようになっている。


第1世代MS


■im6180421(静画)

RX-78ガンダムザクザクII等がこれにあたる。

最も初期に開発されたタイプで、ほぼ全てがモノコック構造をしているのが特徴。(機体表面にある装甲が外格としての役も持ち、装甲の強度によって機体を支える構造)
モノコック構造は生産コスト較的安価であるものの、関節構造に対応させる事が難しく、関節部分が巨大化しがちであるという欠点もあった。モビルスーツの開発が盛んに行われた事もあり、アッガイ局地戦用の陸両用モビルスーツなどが多種存在するのも特徴。
なおハイザック量産型MSとしては初めて後述の全周囲モニターを採用した機体であるが、モノコック構造であり、末期に開発された第1世代MSに分類される。

はIフィールドミノフスキー粒子による場)の特性を利用し、重水素ヘリウム3を衝突させ(D-3He反応)、その膨大なエネルギー電気として取り出すミノフスキー・イヨネス核融合炉で、これをジェネレーター・バッテリーとして使用する。現代機械の稼働方法と異なり、冷却機さえ維持できれば半永久的に稼働させることが可である。しかし発電の許容量が尽蔵という訳ではない為、オーバーヒートを起こしパワーダウンを起こすこともある。
またスラスターなどの推進剤や武装の電はモビルスーツの動とは異なりこの限りではなく、エネルギーの供給に限界があり、出撃毎に補給を行う必要がある。


第2世代MS


■im5573431(静画)

「ムーバブルフレームを採用している」「材質にガンダリウムγを使用している」「全周囲モニターリニアシートを採用している」「イジェクションポッドを採用している」
以上の条件を満たすモビルスーツ。リック・ディアスが史上初の第2世MSとなった。ガンダムMK-2は性的には第2世代と同等のがあるものの、装甲材にチタンセラミック複合材を使用しているため、1.5世代MSといわれる。
また定義には含まれないが、第1世代では一部の高性機のみの装備であったビーム兵器量産機も装備しているのが特徴。またビーム兵装用のカートリッジ式エネルギーパックが登場したのもこの頃である。
この世代のMSの稼働期間は長く、リック・ディアスのロールアウトから実に30年ほど経過した宇宙世紀0123年においても、地球連邦軍がジェガンを運用している。


次へ»
最終更新日: 18/02/05 15:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ