ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


モビルフォース ガンガル


ヨミ: モビルフォースガンガル
掲示板をミル!
30カキコ!

モビルフォース ガンガルとは、ガンプラブームやかなりし1980年頃に東京マルイより発売されたプラモデルシリーズである。

絵の構図やカラーリングアニメ機動戦士ガンダムプラモデルになんとなく似ているが、元は同社が発売していた「メカモデルシリーズリニューアル版であり、間違ってもガンダムごとき一緒にしてはいけない!


ストーリー


そんなものはない


概要


モビルフォースと呼ばれるロボット兵器同士の戦いをフューチャーしたSFロボットプラモデルシリーズなんとなくどこかで見たような何かを髣髴とさせる黄色カラーリングされたロボット兵器「ガンガル」とその敵であろう「量産型ズク」「旧ゲルグ」「ジドム」「アッカム」などがシリーズとして発売された(後述)。縮尺は1/177と1/250の二種類があり、機体によって異なる。パーツ数は較的少なめでシンプルな構造をしており、腕や膝の関節は動かない

近年ではモビルフォース ガンガルの再評価が進み、こち亀ケロロ軍曹などに登場したり、同人では主題歌*1STGゲームが作られ頒布されたりと多くの場面でリスペクトされている。→「機動戦隊ガンガル」「機動戦記ガンガル」を参照。

(*1) 某MOSIC.wavが別名でモビルフォース ガンガルSEED主題歌という名で発表。タイトルは『imitated-イミテイテッド-』


白い悪魔


アニメ機動戦士ガンダムが視聴率の低迷とスポンサーの売り上げ低迷による打ち切りで終了してから数年後、バンダイとかいうオモチャ会社が劇中のロボット兵器をプラモデル化し、それが当時の少年の間で爆発的にヒットした。これをガンプラブームと呼ぶ。偶然にも同時期に発売されてしまった『モビルフォース ガンガル』シリーズは、日陰者のを歩むことになった。ガンプラブームに圧倒され日陰者となったSFロボットプラモデルシリーズは多く、他にアリイ社の『太陽系戦隊 ガルタン』『ザアニメージ』、アオシマ文化教材社の『戦士 ザクレス』などが挙げられる。このムーブメントはロボットプラモデルというジャンルに留まらずプラモデル業界そのものでのバンダイの一人勝ち状態を生み出し、多くの同業他社を消滅や業種転換へと追いやった。

なお、このブームの恐ろしさは、日本人に「塗装された人ロボットがすべてガンダムに見えてしまう」という刷り込みがなされたことである。ガンダムとは、まさに白い悪魔であった・・・。


ガンガルシリーズ


ガンガル
タイトルにもなっているロボット。他のモビルフォースと異なり、両手とも5本のマニピュレータになっている多戦闘兵器カラーリング白い悪魔カラーだが、六芒マークのベルトやV字ウィングが「なんか違う感」を醸し出している。
強化新ガンガル
ガンガルが強化された新左手ドリルになり、男のロマンが加味された。
量産型ズク
量産型なので緑色をしたロボット兵器。頭部カメラが両であり、左手ドリル
強化ズク
良されい色になったズク。左手ペンチ状。
ゲル
か専用のようなっぽい機体。二本のとくちばし状の口を持ち、背中ウィングがある。旧というが新は存在しない。なお、中身はラ○ディーン(ゴッ○バード形態)のニセ○ノの流用で、絵と違い直立しないらしい。
ドム
地上戦闘用の恐竜ロボット兵器。絵ではの機体。
アッカム
四足歩行ロボット兵器。ゾイドの前世であろう。
ザイック
四足歩行ロボット兵器。陸両用っぽいカラーだが、見たサイである。

関連動画



■sm277995[ニコ動]

■sm3169907[ニコ動]
■sm780046[ニコ動]
■sm641630[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 11/02/13 04:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ