ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


モビルワーカー01式


ヨミ: モビルワーカー
掲示板をミル!
3カキコ!

モビルワーカー01式(MS-01、MW-01 モビルワーカー試作)とは、漫画機動戦士ガンダム THE ORIGIN』およびそのアニメ化作品に登場するモビルスーツモビルワーカーである。


概要


MOBILE WORKER 01
モビルワーカー01式
MS-01
ZI-XA3(クラブマン)
MW-01(アニメORIGIN
全高 16.1m / 13.88m(頭頂高)
全幅 14.6m
搭乗者 ランバ・ラル, 黒い三連星
武器

ジオニック社とジオン自治共和独立戦争に向けて開発していた新機動兵器モビルスーツ」の

連邦を欺くため「面の作業用機械」を隠れ蓑にし、表向きにはMW-01 モビルワーカー01式として開発されたと表。しかしジオンはその裏で実用化に向けて「MS-01」として着々と人戦闘兵器の構想を進めていた。

MS-01の開発計画が始動したのは宇宙世紀0071年。ちょうどサイド3「ムンゾ自治共和」がジオン名した頃である。
その時期は既にザビの支配が強まっており、ジオン独立を掲げたザビ導のもと地球連邦軍に対抗し得る「新兵器」の開発に着手していた。
そこで提出されたのがモビルワーカー01式。特異な兵器体系の始祖となった機体である。

としての両脚を装備し、右腕の削減用と思しき「大クローアーム」、左腕はマジックアームとなっている。外装にウインチワイヤー照明が設置され、コックピットは剥き出しと、現時点では作業用の様相が強い。辛うじて戦闘用と言えるのは大の防弾シールドくらいだろう。
頭部は可動式単眼センサーである「モノ・アイセンサー」を採用している。後のジオン兵器は一つモノアイを採用しており、連邦軍のデュアルセンサーゴーグバイザーとは異なる印に仕上がっている。

MS-01は現時点では様々な問題点をんでいた。特にマニピュレーターの精密化、核融合炉の安全性とその巨大さからくる機動運動性の善などは必須で、兵器化する際のネックとなっている。

サイド3・エキストラバンチ、通称「ダークコロニー」にてデータ収集を行い、連邦軍のRTX-65ガンタンク初期」のダミーとテストマッチ撃を潜り抜け格闘戦に持ち込んで勝利する。

MS-01後期では細部の修を行っており、コックピットの保護や姿勢制御良の他、前腕部を作業用機器やマニピュレーターに交換出来るようになった。

以後も実戦に向けた人兵器の開発がすすめられ、

良と試作を繰り返しMS-04プロトタイプザク」と呼ばれる機種で兵器としての完成を迎えた。

なお、旧設定に倣いモビルワーカー初期を「クラブマン」と同一視する動きもある。


MS-01「クラブマン」とは


MS-01 ZI-XA3 クラブマンは、全モビルスーツの原となった作業用ビークルである。

1981年に刊行された『ガンダムセンチュリー』で設定、その後に『機動戦士ガンダム 劇場用アニメ映画第1作フィルムコミック』でクラブマンの名、『G20』でデザインが追加された。また、公式企画である『MSV』でもセンチュリー設定を流用したMS-01の記述が確認出来る。

MS-01 クラブマンとMW-01 モビルワーカー試作ではデザインと設定が全く異なるばかりか、後発のORIGIN版がサンライズ公式で採用されている。

クラブマンの設定

MS-01を参照


設定の違い


実はMW-01、開発経緯こそ上記のクラブマンと同じだが、設定が違っている。

流体内パルスシステム、それに連なるAMBACの未採用、デザイン作業用機械としての「量産化」などが大きな違いに挙がる。
特にAMBACクラブマンの設定とっ向から対立している。ORIGIN公式ガイブックvol2によると、サンライズ公式設定にはモビルワーカーの方が取り入れられたらしい。


関連商品


■azB013D1W5WS


関連項目



最終更新日: 15/10/05 04:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ