ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


モフルン


ヨミ: モフルン
掲示板をミル!
117カキコ!

‐甘い匂いがするモフ!‐


モフルンとは、『魔法つかいプリキュア!』に登場するぬいぐるみモフ~。でも作品的な立場としては妖精という扱いになってるモフ(プリキュアシリーズでは30の歴代妖精(「スマイル」のポップを除けば29番))。声優さんは10年前『ふたりはプリキュア Splash☆Star』で日向みのりちゃんを演じていた齋藤彩夏さんモフ。


概要モフ~


元々は主人公朝日奈みらいが祖のかの子からもらったクマのぬいぐるみ。生まれた時からみらいはモフルンをきょうだいのように長年大切にしており、出歩く時にも連れて行っていた。モフルン自体も動けない時からみらいを見つめ続け、みらいとの思い出を育んできていたのである。

そんなときに出会った魔法つかいの少女リコと共にドクロクシーの手下バッティ、そして彼が生みだした怪物ヨクバールから襲撃を受けるみらい。その時2人が首からさげていた石がり出し、伝説魔法つかいプリキュアへと変身、その覚醒の影でモフルンも動きしゃべり出すようになる。妖精としては異例の誕生経緯となる。もっともモフルン本人は「妖精じゃなくてぬいぐるみモフ」と言っているのだが。

ついでに言うと後述の一件とか「みらいリコと共にはーちゃんお母さん」であることを言ってたとか、はたまた夢の中でシンデレラならぬモフデレになってたりすることから、お前メスだったの!?」と驚かれる事が多い(ランスちゃん含め大体のキャラってオスが多いってのもあるしね)。しかしながらシリーズ構成村山功氏が「初めから女の子という設定にしてある」と発言(当初はみらいが「モフルンって女の子だったの!?」と驚くエピソードも予定されていたとか)はしているものの、現在スタッフにおける公式設定としては「ぬいぐるみなので性別は(または「性別:モフルン」)」となっている。事実キャラデザ宮本美子氏は性別を気にせずにデザインしたという。

妖精であると同時に変身アイテムを兼ねるわけだが、これまでのメップルやシャルルなどのようにアイテム形態に変化するのではなく、ぬいぐるみとしての姿そのままで変身アイテムとして作用する。首元のリボンにはリンクルストーンをはめられるようになっており、みらいリコがストーンをはめてモフルンと共に手を繋ぐことでプリキュア変身となる。また、魔法の作用のためか、いい魔法を感じ取れるようにもなった。魔法合体技)を使う際のリンクルストーン射出などのサポートも行える。また、みらいリコが手が離せない時にははーちゃんのお世話を代わりに行うこともあったりと、結構優秀な妖精でもある。

その一方でリンクルストーンなど魔法の発生について「甘い匂い」として感じるわけだが、これがお菓子の甘い匂いと間違ってしまうこともしばしば。それどころか妖精になった影で食べ物を食べられるようになり、中でもクッキー冷凍みかんイチゴメロンパンに、クマらしく蜂蜜といったのが大好物になったようで、甘い匂いに釣られて行ってしまうこともある。オールスターズ映画の『みんなで歌う♪奇跡の魔法!』ではクッキーの匂いに釣られて猛ダッシュし、はるかの顔面にアタックした、なんてこともやらかしている。

そんなモフルンにもの単独映画では奇跡が起こるようですが……それは後述。


モフロス?


ここ最近プリキュア視聴者(特に大きいお友達)に顕著に見られる、シリーズ終了後の「プリキュアロス」。特に『ハピネスチャージ』『Go!プリセス』ではかなりの喪失感を抱えた人たちがネット上で見受けられる。

そんな中、『魔法つかいプリキュア!』では第1話でモフルンのかわいさにめろめろになると共に、起こりえる事態を想像して既に喪失感に入った重症者が出始めている。そう、モフルンは元々はぬいぐるみ魔法によって動けるようになった存在。と言うことはその魔法がなくなってしまったら……?

物語が始まったばかりで1年後の最終回はどうなるかはまだ知るよしもない。しかし好きになってしまったが故に「起こりえる事態」を想像して既に喪失感を感じるのも理はない。さて、この物語の最後、モフルンはどのような終わりをみらいリコはーちゃんと共に迎えるのだろうか?こらそこ、毎年3月になったらオールスターズで動いているだろ、とか言わない……ってドリームスターズどころかプリアラ映画にも出る勢いなんですけど。モフちゃんつおい。売り上げは正義

その後もちょくちょく顔を出し、キュアぱずでも頑るモフルンさん。やはり、そのらしさという魔法にかかった人が多いのか、2019年9月発表のNHK『発表!全プリキュア投票キャラクター部門で並み居る強を抑えて堂々の第1位いた。他の部門を軒並み初代が制したのを考えると、モフルンのこの栄誉は讃えられるべきものではないだろうか。


キュアモフルンモフ!


ネタバレ注意 この項は、『映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!』のネタバレ成分を……
あれ?タイトルでキュアモフルンって言いましたぁ?」「タイトル通りだから!間違ってないし!」
「見出しもネタバレもんだし~」「ということで、気にしない人はそのまま読み進めてほしいモフ」

-モフモフモフルン!キュアモフルン!- 

単独映画映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!』では、正式タイトル開前から「モフルンに何か大事件が起こる?」とアナウンスされてきた。そして7月14日に正式発表されると、ファンの度肝を抜く事となる。

なんと、願いの石の奇跡人間化しプリキュア変身してしまうのである。確かにこれまで妖精から戦士になったのはミルキィローズキュアビートキュアフェリーチェといるが、イレギュラーとしてはロイヤルキャンディに相当。しかし今回は明確にプリキュアとなされている。
また、映画限定のため『Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』で登場した敵側のダークプリキュア5、『ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』の回想シーンで出てきたキュアアンジェオールスターズシリーズ限定のキュアエコーに続いて4例映画オリジナルプリキュアとなる。一方でモフルンが変身したことで妖精を含めたチーム全員プリキュアになった初の事例とも言える。あとぬいぐるみという生物プリキュアになった事も初かと。

ちなみに色的には黄色なので「今回の黄キュアはこっちか!?」と驚かれたり、カボチャパンツケモミミ変身ポーズもなかなかな物のため速攻であざとイエロー扱いされることに。とはいえ、その後来場者プレゼントの「キラキラ招待状シール」でミラクル・マジカル同様のカラフルスタイルと、映画限定の「ハートフルスタイル」がある事が判明したのだが。
で、デザイン的にはショタっぽくも見えるし、感じとしては女の子でも男の娘でもどちらにも思える。これは、田中裕太監督木優Pによれば、前述の通り「性別のぬいぐるみ」という性質から、「性別を気にせず、中性的な感じで」というオーダーの元、映画作監上野ケン氏によってデザインされている為である。そのため、これまでのプリキュアではあり得なかったパンツスタイルプリキュアとなった。商品化展開は当初考えられていなかったため、結構自由デザインされているものの、実際のデザインを見た声優は「全にモフルンだこれ!」と言ったとか。もっとも、三塚雅人SDは「人変身しても、中身は綿だよ」と言う始末。

余談となるが、演じる齋藤彩夏は前述したとおり、10年前に日向みのりを演じて以来のシリーズ参加だったのだが、今回妖精となり、さらに映画においてプリキュアになるというまさかの展開となった。これには本人はもちろんのこと、発表直後には美翔舞役の榎本温子驚きと喜びを見せ[外部]、所属事務所リマックスの宣伝担当氏も「弊社2人目のプリキュア声優が![外部]と取り乱す始末[外部](ちなみに1人は言わずとしれた美墨なぎさ役の本名陽子)。
ファンの間でも性別論争が起きただけでなくそれを発展させて「TSできるんじゃね?」「ふたなりとかもいけるんじゃ」というよからぬ考えもしたり、演じている人が人なだけに「『ジュエルペット マジカルチェンジ』を思い出した」という、さらには「これおねえさん大変じゃね?」と案の定霧生薫をいじるも見られたりした。

また、『HUGっと!プリキュア』第36・37話にまほプリ一家ゲスト出演したわけだが、第37話終盤でキュアエール達にを与えるべく他のプリキュア達がを合わせる中、ペコリンキュアペコリンとなったその横に見覚えのある足。大人の事情で下半身だけだったとは言え、まさかの奇跡の再来に視聴者はもちろんのこと、リアルタイムで見ていたらしいみらい役の高橋李依仰天した様子[外部]で、同じくテレビ本編初登場で視聴者を驚かせたキュアエコー共々キュアモフルンもTwitterのトレンドに入る結果となった。
それと上述したとおり、キュアモフルンのデザインオリジナル宮本氏ではなく上野氏による物なわけだが、2019年6月発売で『宮本美子東映アニメーションプリキュアワークス』の発行がアナウンスされたときにネット上が騒然となった。購入特典のポストカードの中になんと宮本氏が描くキュアモフルンがラインナップ(文教堂・アニメガ特典)[外部]まほプリの本来のデザイナーがキュアモフルンを描くのはこれが初のことになる。

ツイートを取得できません
https://twitter.com/ichijin_precure/status/1143474032433606656[外部]

 

[画像を見る] ここからは本当に映画ネタバレがあるモフ。
気になる人は先に映画を見てから読んでほしいモフ。

 

 

 

 

 

 

願いの石に選ばれたものの、自分としては願いは特になく、むしろみらいたちの願いをえてほしいというモフルン。「自分の願いをえさせろ」とダークマターにさらわれ、みらいたちと離ればなれになってしまう。ダークマターの仮の姿であるクマタとのやりとりを経て、モフルンは一度はみらいたちを助ける意味でも彼女達の元に戻らないと決めたのだが、ようやく再会したみらいの言葉を聞いて、自らのの願いを悟る。それはみらいと一緒にいたい、みらいを助けたい、と。
その願いにモフルンを選んだ願いの石が呼応し、モフルンのためのリンクルストーンへと変化、みらい二つの人の姿を与え、プリキュアとして変身させた。

その小柄な姿から小回りがきくアクションスタイルを見せ、願いの石から与えられたフル活用魔法を次々と放ち、魔法ほうきを複数作り出してミサイルのように放ったり、連結させて巨大なほうきを作り出してダークマターと互に渡りあう。
しかしダークマターとの戦いの果て、彼の意―人々から、に住むクマたちを含めた動物から、その存在を恐れられ、遠ざけられ、ひとりぼっちになっていた悲しみから来る憎悪―をモフルンが理解した刹那ダークマターの拳はリンクルストーンを、願いの石を砕き、モフルンは普段の姿どころか、本来のぬいぐるみへと戻ってしまう。

まさかの事態に皆は打ちひしがれ、ダークマタークマタの姿になり嘆く、その最中にダークマターの憎悪が暴走シャドウマターとなってクマタの意志とは関係しに魔法界を攻撃し始める。そんな時、みらいは聞こえないはずのモフルンの意志を聞き取り、シャドウマターを消し去ろうと懸命に「キュアップ・ラパパ!」と唱え始め、それを見たリコとことは、クマタもみらいと共に呪文を唱える。
その時、魔法界の人々がミラクルライトに願いをこめたことで想いのが増し、願いの石はハートフルリンクルストーンへと変化して復活、みらいたちをプリキュアに変えただけでなく、モフルンも動ける形に復活させ再びキュアモフルンへと変身させた。

暴走するシャドウマターを止めようとする4人のプリキュア。モフルンもその機動を活かして大活躍するだけでなく、リンクルストーンのを引き出して、ミラクル・マジカルと共にスタイルチェンジ
ルビーに変化してパワーファイトと爆炎のを炸裂させ、サファイアになって3人で高速中戦を行い、トパーズではの玉を変化させて巨大なで防御したり3人で巨大なプリンを作り出してシャドウマターを閉じ込めたり、圧巻はミラクル・マジカルと共にの玉からダイヤルビー・サファイアスタイルミラクルとマジカルの分身まで作り出し、フェリーチェとモフルンを含めた10人でシャドウマターを圧倒する。
さらにミラクルライトによる応援ハートフルリンクルストーンの更なるを発揮させ、レインボーキャリッジによってハートフルスタイルへと変化、合体技「プリキュアハートフルレインボー」でシャドウマターを消し去ることに成功した。


次へ»
最終更新日: 19/11/06 13:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ