ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


モンスターハンター3


ヨミ: モンスターハンタートライ
掲示板をミル!
731カキコ!
モンスターハンター > モンスターハンター3

モンスターハンター3 tri-』とは、カプコンから2009年8月1日Wiiで発売されたハンティングアクションゲームである。

自ら命を懸け、山川木と自在に心通わす者たちがいる。

地を走るに、海原を総べるに、

技と知恵を頼りに挑み続ける者たちがいる。

何が彼らを駆り立てるのか。何を彼らはめているのか。

は言葉を好まない。句ではらない。

知りたくば、ただ武器を取るがいい。

答えはいつも、そこにあるのだから。


概要


モンスターハンター3
トライ)
基本情報
ジャンル ハンティングアクション
対応機種 Wii
開発元 カプコン
発売元 カプコン
発売日 2009年8月1日
価格 7,340円(通常版)
年齢 CERO:C
通信
その他
ゲームソフトテンプレート

モンスターハンターシリーズの第三世代にあたる。Dosとは一部の武器や大モンスターが共通しているが、後述するゲーム仕様狩猟をする土地が変更されている。そのため一部の共通モンスターを除き、登場する大モンスターなどが大きく異なっており、今までとは違う新な狩りが行える。

標準的な操作方法は「リモコンヌンチャクフリースタイル)」で、リモコンを傾けながらボタンを押すなどの操作が追加された。クラシックコントローラーでも操作可で、前作を遊んだ人に向いているとされる。操作方法は二種類用意されていて、PSPPS2と同じような操作に設定できる。また操作方法の変化に伴いモーションが変更・追加されている。


新要素



生態表現


今作での最大の変更点として「綿密さを増す生態表現」が挙げられる。「3」以前のモンスターハンターでは、どんなことがあっても「敵の敵は味方」状態であり、ランポスリオレウスアプケロスも協してハンターを総攻撃していたので、雑魚を残すと非常にストレスがたまるといわれていた(特にたち。MH3ではそこらへんも考慮されたのかリストラされた)。

3では、リオレウスなどの大モンスターが、ジャギィなどの雑魚モンスターを火炎ブレスなどの攻撃で巻き込んで倒しながらハンターを攻撃したり、逆にジャギィたち種は群れて大モンスターに攻撃したりするようになった。
さらには、ドスジャギィなどの小モンスターボスは子分を鳴きで呼んだり、他の大モンスターハンターに攻撃をだしたりと、群れの中でのチームワークを見せるようになった。ボスドスジャギィが移動すると、呼び出した子分のジャギィも一緒にエリア移動したりする。
クルペッコにいたっては全く別種のモンスターまで呼び寄せてしまう。

また、今作からはモンスター同士に「危険度」というものが導入された。
危険度の低いモンスターは危険度の高いモンスターとは一緒に長くいようと思わないようになり、いつもよりエリア移動する。
そのため前作にあったようなモンスターの合流時、二匹にボコボコにされるということはあまりなくなった。
後述する肥やし玉にもエリア移動の効果があるため、上位などの複数クエストでは常に携帯するのがセオリーとなっている。

また、モンスターにはスタミナの概念が導入された。
モンスターに攻撃を続けたり、打撃属性の攻撃をヒットさせたりするとスタミナが減っていく。スタミナ切れの状態になると、ブレス攻撃が不発になったり、突進の後に転んだりするようになる。ハンター側にとって非常に有利な状態になるので、この間にラッシュ攻撃を仕掛けるのもいい。
モンスターが疲れると、モンスター捕食ハンターへの拘束攻撃で体回復しようとする。モンスターの場合、餌場に移動して食事を取ることでスタミナを回復しようとする。このように、見ているだけでモンスターが生きているということを感じさせてくれる要素が追加されている。

ちなみに、細かな変更点として、今まで討伐や捕獲されてもを開けたままのモンスターだったが、今作からはをつぶるようになった。

モンスター麻痺、眠りだけではなく、閃光玉やシビレ落とし穴などのにも耐性を持つようになった。
そのため、閃光玉で怯ませ続けるなどといったハメができなくなり、以前の作品より計画的に狩りをしなければならなくなった。
他にも、高台などの地形は壊れるなど、ガンナーハメの対策もとられている。


モガの森


モガの村に隣接している地域で、ギルドでは「孤」と呼ばれている。村にはクエスト受注時とは別の出入り口があり、クエストを受けなくても行くことができる。
このモガの森の大きな特徴は「制限時間がい」「モンスターを倒すと資がもらえる」「何度尽きても気」「孤に生息している大モンスターが出現する」という点。

そのため、ラギアクルスリオレウスリオレイアなどの討伐練習などにも使用できる。倒すと資ももらえるので一石二鳥。村に帰って村長の息子に報告すると、小を問わず倒した分の特産品と資をもらえる。

また、大モンスターを討伐すると、「王の大鱗」などの通常とは違うアイテムが手に入ることがある。これは希少交易に使用できる特別な特産品である。捨てたりせずに大切にとっておこう。

モガの森」の記事も参照のこと。


漁港&農場


ポータブルシリーズからの逆輸入として農場が追加された。

何回育てるかを農場長に定し、モガの森で入手した資ポイントを使い育成してもらう。自分で増やしたいアイテムは、野生からとってこなくてはならない。

木の実をはじめ、キノコハチミツなども育成対となっている。各肥料は、交易船の船長と交易をするか、モガの森で小モンスターを倒すと手に入れられる。

漁港では、モガの森の資ポイントを使い、「狩猟船」を使って漁師にをとってきてもらう(最大3人)。漁だけでなく宝探しにも行ってくれる。また運がよければ狩猟を承ってくれることもある。

モガの森ルドロスエピオスを狩ると入手できる「見事なかき」や「強かき」を漁師に渡せば航く終わる。狩猟船を改造すれば、さらに質のいいを取ってきてくれるようになる。狩猟船の改造は交易で手に入るアイテムが必要。


概存アイテムの強化


今作では、今までのシリーズにあったアイテムも強化されている。MHP2Gまでにあった様々なアイテムの短所が善され、よりアイテムが使いやすくなった。

一番分かりやすいのは落とし穴は前作までは使用不可能な場所が多く、山などではほとんど仕様不可能であったが、今作では凍土などでも使用が可になり、使用できないフィールドはほとんどなくなった。また、ディアブロスやドス系モンスターにも効くようになっている。

爆弾は、天時水中でも使用が可になり、活躍の場が増えた。

肥やし玉は相手に気づかれていても使えるようになり、拘束攻撃を解除するのにも使用できる。
しかも、上位になると悪なイビルジョーフィールド上をするので、肥やし玉の価値が急上昇。多くの人がモンスターのフンを集めるようになった。
なお、二頭のモンスターがいる場合、危険度が低い方に使用すると高確率で移動してくれる。

釣りダンゴも仕様が変更された。例えば「ダンゴ」を使うと、他のが消えて金魚だけが集まるようになり、金魚クエストの負担が軽減された。

殺しの実は農場で大量生産できるようになり、利用者数が増えた。MHP3ではなぜか農場で育成できなくなってしまったので、再び価値は高騰し始めている。

水中戦

今作には水中戦がが追加されている。水中にいるモンスターを直接攻撃したり、剥ぎ取ったりできるようになったが、陸上と違って高さ方向の移動が加わり操作がやや複雑である。ただし、水中モンスター陸上に移動することがあるので、その際に仕留めることもできる。

水中では酸素ゲージが表示され、面下ではゲージが減少し続ける。これがなくなると体が減り始めるが、面に顔を出す、酸素ポイントから出る気泡に触れる、酸素玉使用などで回復できる。また、ある程度ゲージが減ると表示がくなり、警告音を発してハンターに知らせてくれる。


採取


採取や採掘ポイントに近づくとアイコンが表示され、過去作よりも探しやすくなった。さらに、全て取り終わるとアイコンが消えるため、駄に探すこともくなった。
モンスター死体から剥ぎ取れる素材がある時も、このアイコンが表示されるようになり、取りこぼしが少なくなった。
採掘ポイントが消えて三分くらい経つと再び採掘ポイントが復活する「リポップ」という機も登場。これでシーブライト鉱石アイシスメタルなどの希少鉱石も楽に手に入るようになった。

錆びた塊系のアイテムクエスト終了後にそのまま鑑定されるようになったので、前作のように狙って凄く錆びた系の武器を出すことができない。この仕様変更に多くのハンターたちが悲しんだ。
その代わり、以前の作品より発掘確率が上昇したほか、リポップにより見かける機会は増えている。


フィールド


砂原・凍土・火山が登場し、フィールドが一新された(前作と共通のフィールドはない)。Dosと同じく、拠点は村との2箇所ある(水上に浮かぶ村『モガ』、砂に囲まれたロックラック』)。
上位クエストでは、全てのフィールドイビルジョーするので、肥やし玉が必須アイテムとなっている。


装備


新たにスラッシュアックスという、変形機構を搭載した武器が追加された。
属性開放突きなどの強な攻撃ができるモードと、連続攻撃ができるモードの二つのモードに変更できる。戦闘ではこの二つのモードを入れ替えながら戦うため、いままでの武器新さが評価された。
一の欠点は、まだ実装されたばかりなため作成できる数が少ないといったところくらい。

ボウガンライトヘビィの区別がなくなり、フレーム・バレル・ストックを別々に生産して組み合わせる仕様になった。また、新たにライトヘビィのん中の辺りにある「ミドルボウガン」も登場した。

そのため、自分の好きなようにパーツを組み替えて、好きな弾を撃てるように設定をすることが可になった。初めのうちは色々と面倒に思うかもしれないが、やり始めると楽しい。
素材で強化できるようになったのも今作から。レア度は上がらないが、攻撃などの性はあがるので、下位のレア度でも上位に匹敵する戦闘力になる。

一方で、ガンランス双剣狩猟笛が登場せず、多くのを悲しませた(クルペッコの項など参照)。また、プレイヤーブーメランを投げることもできなくなったが、オフラインプレイではNPCチャチャが投げてくれる(他に狩猟笛のような支援もしてくれる)。

防具は新しく「護石」が登場。防御上昇の効果はいのだが、有能スキルがついている場合がある。
スキルポイントがあと少し足りない・・・といったときにはこの護石の出番。
な入手方法は火山での採掘やクエストの報酬。なにが出るかは全にランダムなので、的の護石が手に入るまで末永く採掘しよう。

下位の防具を上位の防具と同じ防御に強化できる「上位強化」も登場。
やり方は、玉で最大まで防具を強化した後に、上位のモンスター素材を少し使うだけ。MH2の防具強化システムMHP2からのシステムの両方の長所を受け継いだシステムで、上位防具を一発生産するより楽であり、好評を得た。MHP3削除されて残念に思ったプレイヤーも多い。

剣士とガンナーでポーチが二つに分けられた。その上、ガンナー用ポーチはガンナーの弾の調合素材を入れられるよう、4ページ分のアイテムが収容可になった。


属性やられ



次へ»
最終更新日: 21/03/17 18:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ