ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


モンテプリンス


ヨミ: モンテプリンス
掲示板をミル!
5カキコ!

モンテプリンスとは、日本の元競走馬・元種である。

シーホークモンテオーカンヒンドスタン
天皇賞・モンテファスト、半にモンテジャパンパーソロン)がいる。

現役時代は「太陽王子」と呼ばれた。てつをじゃないよ

齢表記は当時のものに合わせて旧表記で記載しています。


太陽の王子と呼ばれて


はすでにフランスセントレジャー勝ちを出す等種実績のあったシーホークシンザンなどを輩出した名種ヒンドスタンというコテコテステイヤー血統ながらも良血の期待としてデビュー
しかし3歳函館で新戦を2戦連続2着と、勝ちきれないスタートとなってしまう。モンテプリンスの将来はこの時すでに暗示されていたのかもしれない。

東京に帰り、上をベテラン吉永正人騎手に変更した未勝利戦でやっと1勝を挙げるとそのまま府中3歳ステークスへ向かうが、ここを4着と敗北。次走の葉牡丹賞(400万以下条件)こそ快勝したものの、翌年の皐月賞前の成績は8戦2勝2着2回という、もいいところな成績である。

だが、この走続きの戦績には理由があった。新戦2つを除く負けた4戦は発熱明けの東京4歳ステークス以外はすべて重馬場不良馬場。そう、モンテプリンスは蹄の形が原因で馬場が大の苦手だったのである。
太陽王子」という異名もそれが由来で、「太陽が出ていれば強い」というよりも、「太陽が出てないと勝てない」というややネガティブな理由が強かったりする。

とはいえ、苦手な馬場でも大崩れはせずにスプリングステークス3着、弥生賞府中3歳ステークス4着に入っており、馬場さえ良ければモンテプリンスの実は同世代の中でもトップクラスなのは事実である。

そんなわけで挑んだ最初の大レース皐月賞。ここで勝てば今までの敗戦なんてお釣りが来るさと意気込む営。

当日は不良馬場でした。

それどころか内ラチ沿いが水田みたいになってて馬場ですらありませんでした。

それでも農耕戦車ことハワイアンイメージオペックホースが競り合うのをに4着したのは、悪が苦手なモンテプリンスとしては十分といっていいほどの結果だったと言えるだろう。


太陽の王子、クラシック戦線の主役になる


ここまでサクラホクトオーよりマシとはいえ馬場に泣かされ続けてきたモンテプリンスのが発揮されたのは、太陽の見守る良馬場で開催された次走のダービートライアルNHK杯だった。
このレースで2番人気と支持されたモンテプリンスは2着のレッドジャガー以下に7身差という大差をつけて圧勝するのである。

ここに至って、「モンテプリンスってひょっとしてすげー強いんじゃね?」と気づいたファンは、続いて良馬場で行われた大一番・日本ダービーでモンテプリンスを1番人気に支持した。
なにしろ皐月賞ハワイアンイメージは重馬場専用であり、皐月賞2着のオペックホースは勝ちきれないレースが続いた中での圧勝劇である。はいはいブーメランブーメラン
新しいスター・モンテプリンスがダービーへの最短距離にいると思われたのも当たり前なことだろう。

だが、馬場でも太陽が出ていなかったのが悪かったのか、直線で抜け出して勝ちパターンに持ち込んだモンテプリンスは、直前にを亡くして弔い合戦に燃えるオペックホースにクビ差かわされてしまう。
この後オペックホースは一度も勝てないまま引退することになるので、まさに一世一代の大駆けに食われてしまったと言えるだろう。

このダービーの後、モンテプリンスはシーズンの疲労をとるために休養へ入り、シーズンセントライト記念から始動。ここを当然のように快勝し、菊花賞へ。京都新聞杯で5着に敗れてるけど不良馬場だし仕方ないよね

そして迎えた本番、菊花賞素晴らしい馬場だった。そのうえにモンテプリンスを破ったハワイアンイメージ菊花賞を回避、オペックホースは前走のオープン戦を惨敗と順調さを欠いており、血統的にも得意な距離で戦えるモンテプリンスにとっては願ってもいない舞台が整ったと言えるほどだった。今回は太陽も出てるし。

だが、先行して抜け出すモンテプリンスにゴール直前で襲いかかる小さな影。神戸新聞杯を快勝、京都新聞杯でも2着していながら5番人気に甘んじていたノースガストである。

ダービーと同じくクビ差かわされたモンテプリンスは、結局クラシックシーズン冠のままで終えることとなった。


太陽の王子、無冠の帝王と呼ばれる


菊花賞後すぐに休養に入ったモンテプリンスは翌年天皇賞(春)して5歳初戦に場のオープン戦を選択。しかしここを2着した後に血行障による疲労が判明し、シーズンの全休を余儀なくされた。
復帰戦となる毎日王冠は良馬場であるにも関わらず10着と惨敗し、 標である天皇賞(秋)では5番人気と評価をかなり落としてしまう。

これに反発したのか、同じく評価を下げていた前年のグランプリホースホウヨウボーイと直線で競り合いを展開。ハナ差の勝負を繰り広げて復活をアピールする。……ただし前年のダービー菊花賞に続いて3度八大競走2着(それも全て僅差)であり、某巨大掲示板が当時あったらまず間違いなくネタにされたであろう戦績である。

それでもこのレースでモンテプリンスのは再び上昇し、次走に選んだ新設されたばかりの際競走・ジャパンカップでは、前走でモンテプリンスを破ったホウヨウボーイや外たちを抑え、日本最高の2番人気(1番人気アメリカのザベリワン)に支持された。
だが、現在で言うGⅠ級競走未勝利の身で日本大将格をるにはさすがに役者不足だったか、外どころか日本ゴールドスペンサーホウヨウボーイにすら先着を許す7着と敗。

辱を期した有馬記念ではアンバーシャダイホウヨウボーイの前に返り討ちに遭い、とうとう大レース勝利のまま一般的な競走馬にとって最も充実する年齢と言われる5歳シーズンを終了。
上位には来るものの勝ちきれないレースぶりから、「冠の帝王」と呼ばれるようになってしまう。 

ちなみにこの年のモンテプリンスは5戦して未勝利に終わっているのだが、ダービーでモンテプリンスを破ったオペックホースもっと悲惨なことになっていたのであまりそれを言われることはない。


太陽の王子に栄冠輝く


明けて6歳、今度こそ大レース勝利をと、前年回避した天皇賞(春)に向けて東京新聞杯から始動。エイティトウショウ以下を下して快勝し、約1年4ヶぶりの勝利を手にする。
次走の中山記念は不得手な稍重だったため前走で破っていたエイティトウショウの2着となるも、本番の天皇賞(春)では良馬場だったこともあって1番人気に支持される。

その期待に応え、直線で抜け出したモンテプリンス。今までならば直後に後続の急襲に遭って惜しくも2着という結果に終わっていただろうが、そこからが違った。 
追いすがるアンバーシャダイ以下をそのまま突き放すという横綱相撲で圧勝、とうとう「冠の帝王」というありがたくないニックネームを返上したのだ。
なお、この時の杉本清アナの実況、「冠の子にが訪れてから9年冠のプリンスにもが訪れました」 は有名であるが、これは遡ること9年前、モンテプリンスと同じように大レースで惜敗続きだった「冠の子」ことタイテエムが同じように天皇賞(春)冠を返上していたことに由来する。

ともあれ、冠を返上したモンテプリンスは返す宝塚記念に出走、今までの惜敗続きがのように快勝し、とうとうモンテプリンスの時代が来たことを予感させたが、靭帯炎を発祥してしまい、シーズンは全休。
有馬記念こそ出走にこぎつけたものの足元は限界を迎えており、ヒカリデユールの11着と敗れ、そのまま引退することになった。

ちなみに引退式は同厩舎のシービークロスと共に行われ、これがJRA史上初の合同引退式である。


引退後


引退後は種入りしたのだが、ステイヤー血統が嫌われてあまり人気が出ず、ライバルだったアンバーシャダイメジロライアンカミノクレッセらを輩出)、合同引退式を行ったシービークロスタマモクロスホワイトストーンらを輩出)に差をつけられる結果となってしまったが、それでもグレートモンテ(札幌記念愛知杯)、サークルショウワ(クイーンカップ)を輩出しているのはせめてもの意地だろう。
それでもなお種として人気が出なかったため一時期は危うく屠殺場送りの危機を迎えたが、東京大学農学部付属牧場に拾われ、研究用種となった。

晩年は茨城の牧場で余生を過ごし、2002年に老衰により他界。太陽王子に帰ったのだ。 


1982年の年度代表馬論争


モンテプリンスが最盛期を迎えた1982年だが、この年に八大競走クラシック三冠クラシック二冠、天皇賞有馬記念)を2勝したはおらず、このうち天皇賞(春)に加えてグランプリと呼ばれる宝塚記念を勝っているモンテプリンスは年度代表及び最優秀古の最有補だった。
しかし、当時は「成績が横並びの時は有馬記念を勝ったこそその年の最強」という潮があり、しかもに好成績を残したの成績が悪いと軽視されていて、この年のに中央移籍して朝日チャレンジカップ有馬記念を勝っただけのヒカリデユールが年度代表の座を射止めてしまう。
モンテプリンスにも「ドリーム賞」という特別賞が与えられ、JRA発表のフリーハンデではヒカリデユールを上回る評価となったものの、一部の競馬評論家からは競馬偏重の評価に異論が唱えられる結果となった。

なお、GⅠ級競走を2勝していながらGⅠ級1勝に年度代表の座を奪われた事例は1993年ビワハヤヒデ菊花賞)に負けたヤマニンゼファー安田記念天皇賞(秋))の例があり、この時も年度代表の選定について論争が起きている。


関連動画


勝ったレース動画がないので冠の帝王時代のレース3連発


■sm1169579[ニコ動]

オペックホースに急襲された日本ダービー

■sm5556825[ニコ動]

ホウヨウボーイに競り負けた天皇賞(秋)

■sm6783236[ニコ動]

アンバーシャダイホウヨウボーイに敗れた有馬記念

■sm4405706[ニコ動]

オマケで産駒のグレートモンテの勇姿


関連商品


モンテプリンスに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 14/03/03 00:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ