ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


モーリス・メルロ=ポンティ


ヨミ: モーリスメルロポンティ

モーリス・メルロ=ポンティ(1908~1961)とは、20世紀半ばに活躍したフランス哲学者である。


概要


高等師範学校ジャン=ポール・サルトル、シモーヌ・ド・ボーヴォワール、クロード・レヴィ=ストロースらと知り合い、戦後サルトルとともに『レ・タン・モデルネ』を創刊し、フランス思想界をけん引した。当初はサルトルよりも急進的で、『ヒューマニズムとテロル』ではソ連に味方することを説いていたが、朝鮮戦争政治からは退き、アカデミズムの世界で活躍。マルクス義も批判する立場となった。

思想はエドムント・フッサールを受け継いだもので、現学を推し進めたものである。メルロ=ポンティは々が身体をもって存在する、といういわば当たり前のことに着し、世界における意味のあり方の観察をを重んじた。

そして未完に終わった大作『見えるものと見えないもの』では、伝統的な哲学の発想である、世界には確固とした体が存在し、体同士は界を持ち、例えば握手は体同士が触れ合っている、を否定する。対してメルロ=ポンティの発想は、体同士は区別を乗り越えて相互浸透しあう世界、つまり「世界」のなかにいるとするのである。


関連商品


■az4480058389
■az4062743566
■az4140093250
■az4480084681
■az4622031817


関連項目



最終更新日: 19/04/22 19:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ