ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ユウナレスカ


ヨミ: ユウナレスカ
掲示板をミル!
57カキコ!

ユウナレスカとは、FF10に登場する架の人物である。


概要


FF10世界で、1000年前に歴史上初めてシンを倒した召喚士。その後も死人としてスピラにとどまり、ザナルカンドに辿り着いた召喚士に究極召喚を授ける。

ストーリー上では、ユウナ一行に究極召喚の真実を告げ、それを否定したユウナ達の前に立ちはだかる。10年前アーロンの命を奪ったのもユウナレスカであり、アーロンの顔の傷はその時のものである。またユウナの名前はユウナレスカに由来している。

較的難易度の低いFF10の中では、シーモア・終異体と並ぶトラウマボスであり、エロからグロへ変化するインパクトも相まって、印の強いボスの一人ではないだろうか。


戦闘力


シーモア・終異体のような強な大ダメージ攻撃は持っていないが、第三形態までありHPは10万をえるため、かなりの長期戦を強いられる。さらにこちらに優位な補助魔法を解除する通常攻撃、物理攻撃を加えるとブライン、魔法攻撃を加えるとサイレスカウンターしてくるなど、嫌らしい戦い方をする。

しかしなんといってもユウナレスカをトラウマボス足らしめているのは、味方全体を一撃死させるオーバーであろう。第三形態まで辿り着いた間に( ゚д゚)ポカーン; となったプレイヤーは数知れず。

実は第二形態以降に使用してくるヘルバイターでゾンビ状態となったキャラを残しておけば、一撃死効化出来る仕組みになっているのだが、あまりFFになじみのないプレイヤーではゾンビ状態が一撃死を防げるという知識がない者も多く、また背景の色と同化してゾンビ状態になっていることが分かりづらかったりもする。

更にがつくほど親切なFF10ライブラを使うと、ご丁寧に「ゾンビ状態になったら聖水で解除しよう。」と書いてある。何故このバトルだけ、巧妙なひっかけになっているのかはである。

召喚獣に戦わせると、ユウナレスカはずっと俺のターン状態になりなぶり殺しにされる。


各形態への対策、楽な戦い方


事前準備

第1形態

HP 24000

全てのユウナレスカに対する行動にカウンターを行う。物理攻撃に対してはブライン、魔法に対してはサイレス、どちらにも分類されないもの(使う、盗むなど)はスリプルを使用。

行動パターンは通常攻撃と吸収のループ。吸収は最大HPの半分を奪う。また、吸収の攻撃対は「現在HPが最も高いキャラクター」になる。通常攻撃はランダム。この通常攻撃には「プロテス、シェルヘイスト」を解除する効果があるので、それらの補助アビリティには頼らないようにしよう。といっても、頼ったところで差はあんまりない。

HPはそこそこ高いが攻撃は非常に弱いため、ボコボコ殴れば普通に倒せる。カウンターリフレクで反射させればになる。ここで召喚をし、オーバードライブゲージを消費するのは得策ではない。直後に吸収で10002000以上のHPを回復され、最悪連続で使われ倒されてしまう…というか確実に倒される。

オススメパターン一例
  1. メンツはリュックルールーアーロンor鉄壁
  2. リュックルールーリフレクリュックはひたすら魔石を投げる。ルールー魔法で攻撃
  3. アーロンはひたすら「かばう」、鉄壁役がいるなら鉄壁
  4. 吸収を使われたらすぐに回復させる。アルベド回復がいいかも
  5. 2〜4繰り返し

第2形態

HP 48000

第1形態を倒した直後に全員ゾンビにする全体物理攻撃のヘルバイターを使用。それに対し、ケアルラかリジェネの回復攻撃で攻撃してくる。また、ユウナレスカを攻撃した場合、3/4の確率カウンターで通常攻撃を使用し、それ以外の行動には1/2の確率カウンターをする。

ゾンビ状態はつらいが、解除しても1/3の確率でまたヘルバイターが使われるため、放っておいた方がいい。回復はせず、ボコボコ殴るのがベスト。直前にアーロン用のゾンビ防御の装備が手に入るので、それを使用しアーロンにするといい。回復攻撃はランダムであるため、ゾンビでないキャラに使う可性もある。

聖水に余裕があるのであれば、こまめに回復するのもあり。アーロン一人は確実に耐えられるため、後の二人は守り重視で攻撃をする。また、はげますで補助するとよい。HPの管理さえしっかりすれば、まず負けることはない。この場合でのHP管理は、HPが尽きそうなメンバーが2名以上いる場合は、自殺or他殺させるか、ゾンビを回復し生させるの2択。好きな方を選ぶといい。

召喚獣を出してOD技で攻撃させてもいいが、確実に倒されるため、第3形態を楽にしたい場合は自重するのがベター。

ただし、注意したいのは倒す前に全員ゾンビにすること。でないと倒した直後にオーバーデスを食らい、全滅するからである。HPチェックし、わざとヘルバイターを食らってからトドメを刺そう。

オススメパターン一例
  1. メンツは基本メンツ。プレーヤーの好みでいい
  2. はげますで攻撃&防御強化(余裕があれば)
  3. 生を最優先に、ゾンビの解除は基本視して殴り続ける
  4. 状況に応じ、HP管理
  5. 3を倒せる一歩手前まで
  6. 全員ゾンビなのを確認し、トドメを刺す

第3形態

HP 60000

今までより複雑な行動パターンを持つ。ヘルバイターor回復攻撃の2回行動後、混乱50%マインブラスト、もう1度ヘルバイターor回復攻撃をしたあとにオーバーデス。これをループする。また、全ての行動に100%確率で通常攻撃のカウンターをする。

混乱厄介であるため、混乱防御を持っておくとよい。第2形態と同様、ゾンビ視した方がいい。

が、召喚獣を温存しているため、さほど気にする必要はない。全員混乱する確率はさほど高くなく、殴り合って全滅することはそうそうない。万全を期すのであれば、防具を改造して混乱防御を持たせておこう。

行動としては、第3形態になったら即ユウナが召喚ボンバーをする。ユウナには事前ヘイストをかけておくといい。そして、その合間にボコボコ殴ればあっという間に終わりである。

召喚は普通にプレイすれば5体。うち1体は限界突破するため、HP6万はすぐに溶ける。

オススメパターン一例
  1. すぐさま召喚して召喚ボンバー
  2. 合間の攻撃は第2形態と同じようにやり過ごす。ただし、二人以上はゾンビを維持する
  3. あとは召喚ボンバーで勝てる

結論

対策なくても案外勝てる。


関連動画



■sm279979[ニコ動]

■sm5286464[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 11/04/01 14:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ