ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ユン・ピョウ


ヨミ: ユンピョウ
掲示板をミル!
5カキコ!

ユン・ピョウとは、香港を代表するアクション俳優である。


概要


本名は震で1957年7月26日生まれ。
ユン・ピョウという名前は学校時代に与えられた芸名でユンはその学校の教官の占元(ユン)から一字を取って与えられた名前である。
カンフー映画ではブルース・リージャッキー・チェンサモ・ハンと並んで有名な俳優であり人気も高い。
特にジャッキー・チェンサモ・ハンとは同じ学校出身ということもあり映画で何度も共演する等親交は深い。
学校時代はエリート中のエリートの七小福結成メンバーに最年少で選ばれた。
身体は非常に高く大福で共演した西脇美智子く「自分の思い通りに体を動かせる」とのこと。
全てのアクションを高いレベルでこなすことができ、特に蹴り技の美しさとスピードは随一。
燃えよドラゴンエキストラとして上記の3名と共演している話は有名。
映画デビュー自体は侠女という映画で上記の二名と共演している。がスタントマンとしての共演であり顔は映っていない模様。
かなりの童顔をもちアクション俳優としての人気のみならずその甘いマスク女性からの人気はかなり高い。
現在カナダでの生活がとなっているが俳優としては現役である。


京劇学校時代~映画デビュー


6歳のときに学校入学する。当初から才を発揮しており教官からはを掛けられていた。
これ以降の10年間は地獄のような生活の10年間であり、彼の重要な基礎づくりの10年間でもあった。
その才ゆえ上級生からはあまり快く思われることはなく、しごきも兼ねたイジメにあうこともしばしばであった。(ジャッキー・チェンは割とユン・ピョウをかばっていたようだ。)
年を重ねもともと高かった才を更に引き延ばしエリート集団の七小福の結成メンバーに選ばれる。
この時の七小福のメンバーはユン・ピョウ含め現在でも香港映画界で一線で活躍する大物ぞろいである。
卒業前から先に卒業していたサモ・ハン等から仕事を回されることがしばしばあった。
卒業後はブルース・リーの影で世間はカンフー映画ブームでありその流れにのるべく、ゴールデンハーベストに入社し、先に卒業していたサモ・ハンを介してブルース・リー関連の映画スタントマン等の仕事を次々とこなしていた。
満帆かと思われたが一気にカンフー映画ブームは終息することとなる。ブルース・リーの急逝である。
カンフー映画界全体が沈んでしまい、仕事の量がかなり落ちてしまった。
また、信頼すべき大先輩ジャッキー・チェンすらが俳優業を諦めコックをオーストラリアに渡ってしまう等ユン・ピョウとしてももはや他の仕事を探さなければならない状態であった。


カンフー映画の新時代へ


映画会社もかつてのブームを取り戻すべく、香港を離れたジャッキー・チェンを呼び戻しブルース・リー映画二番煎じのような映画がいくつも作られるがどれも今一つの成績に終わってしまう。
しかしジャッキー・チェンが次の一手として放ったコミカルアクション映画である「スネーキーモンキー拳」や「ドラクモキー酔拳」が大ヒットを記録。
ほぼ同時期にサモ・ハンカンフー映画の恐慌を脱出すべく放った「燃えよデブゴンシリーズ」が高い評価を得る。
これらにより一気にカンフー映画界がかつてのにぎやかさを取り戻した。
ユン・ピョウもこの二人と縁が深いこともあり仕事が有り余る状態になり次第に注されるようになる。
そしてここまでの長い下積み人生を経てようやく自身の演作「ツーフィンガー」「モンキーフィス拳」の話が上がり本格的に俳優として仕事を進めることとなる。
(ただし「ツーフィンガー」は実際には、元祖カンフースターである関徳による人気作「黄飛鴻シリーズ」の番外編であり、日本で言うならば、「男はつらいよ」のメインゲストに大抜と言ったところ)
こぼれ話だが「ツーフィンガー」で役として共演したリリー・リーがのちにのちに出演するヤングマスターでも同じく役として共演。またゴールデンハーベスト後輩であるジェット・リー版の黄飛鴻シリーズ明」に「ツーフィンガー」の時と同様に黄飛鴻子の役で出演していたりもする。

ここからはまさに黄金時代といえる。サモ・ハン日本で言うところの「燃えよデブゴンシリーズ」には幾度となく出演。演作としては「ユン・ピョウINドラ息子カンフー」が再び大ヒット俳優業の傍らスタント業や武術導等較的裏方の仕事も数多くこなし、名実ともにアクションスターとなる。


伝説の黄金トリオ


1980年以降も仕事に困ることはなかったがややカンフー映画ブームブレーキがかかり始めていた。
それでもなお精的に仕事をこなすことでかつてほど下火になることはなかった。
そんな中再びカンフー映画界を燃え上がらせるべく一つの映画製作が決まった。
1984年制作の「プロジェクトA」に出演が決まる。ユン・ピョウ、ジャッキー・チェンサモ・ハンが本格的に共演した映画である。 
映画は大爆発ヒットを記録し、これを機にユン・ピョウ、ジャッキー・チェンサモ・ハントリオ映画を幾度となく撮影することになり、伝説トリオと呼ばれるようになる。
そして狙い通りカンフー映画界は再び業火を放つようになる。
このトリオの中ではサモ・ハンジャッキーの二人は両者が強く、ぶつかることも少なくなかったがその仲裁をユンピョウがやっていたとのこと。
この三人が共演する映画ではユン・ピョウだけ微妙に出番が少ないことが多く三人の中での上下関係が感じられる。


1990年代以降


1990年代以降はあまり自身の映画製作するよりも準クラスで数多くの映画に出演する。
ワンス・アポン・ア・タイムインチャイナ/明」での年齢を感じさせないまるで若い青年のような演技や「金城武の死都市香港」の演技は印に残っている方も多いのではないだろうか?
またこのころから「実写孔雀映画シリーズ」に出演したり、太田光の「バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ」萩本欽一監督日本映画に出演するなど今までよりも際的に活動するようになる。


21世紀に入ってから


映画への出演回数はそこまで多くなく、それ以外の仕事の方が中心となるが身体は衰えを知らず2006年に出演した「プロジェクトBB」ではジャッキー・チェンとともに凄まじい殺を繰り広げている。
現在カナダ々の生活を送りながらも時折香港仕事をする生活を送っている。
日本ではブルース・リージャッキー・チェンサモ・ハンべると知名度などでは劣っているが、カンフー映画ファンの心をつかんで離さない魅を今もなお放っており、近年になって彼の事を知ってファンになる人間も少なくない。


関連動画



■sm2398183[ニコ動]

■sm14592135[ニコ動]

■sm9833017[ニコ動]
■sm5943121[ニコ動]


関連商品


■azB000NJMLHS
■azB0064LSBGY


関連項目



最終更新日: 13/12/28 17:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ