ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ユーゼス・ゴッツォ


ヨミ: ユーゼスゴッツォ
掲示板をミル!
316カキコ!

ユーゼス・ゴッツォとは、バンプレスト作品の登場人物である。CV大友龍三郎α)、乃村健次(DW以降)。 

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任読み進めてください。

 


その概要も私だ


初出は「スーパーヒーロー作戦」のラスボス。その後、「スーパーロボット大戦シリーズにも出演するが、設定上はスーパーヒーロー作戦で登場したユーゼスとは別人とされる。詳しくは後述。

両作品ともに、「全ての運命を自らの手で制御する」という野望を抱く異人の天才科学者という位置づけで、それを実現するべく「限定因果操作装置(クロスゲート・パラダイム・システムCPS))」という装置を自で開発・稼動させるほどの類稀な才及び技術を持っている。

登場する作品ではほぼ共通して、例の仮面を装着した姿で登場するため、正体(素顔)を知る者が存在しないという点も含め、大ボス然としたイメージが強い人物となっている。
しかし登場作品によっては素顔をして行動している場合もあり、本来の素顔は同作で確認できる通り「第3次スーパーロボット大戦α」のゴッツォ一族や「第2次OG」のアルテウルのような逞しい顔つきである。また「スーパーヒーロー作戦」の場合は後述する経緯から整形手術を受けた事、そして自らのクローンとしてイングラムを生み出したという設定もあり、こちらの仮面の下の素顔はイングラムと同じものになっている。

初登場の頃より、イングラム・プリスケンとは切っても切れない因縁がある。
(ユーゼスとイングラムの関係・因縁については「イングラム・プリスケン」を参照)
イングラム以外にもリュウセイ・ダテとも深い因縁があり、ユーゼスが登場する作品ではイングラムいはリュウセイの手で倒されるケースが多い。

以下に、出演作品ごとの概要を記述。


スーパーヒーロー作戦


記念すべきデビュー作品。ラスボスとしての登場。

本作では地球人とバー人の混血であり、宇宙刑事ギャバンと共に銀河連邦警察科学アカデミーに所属する科学者である。地球には、同組織の一員として赴いた。
地球自然好する一方で、それを汚染したりしている地球人を軽蔑している。そのため、当初の的たる調任務とは別に自らの手で地球環境を再生するべく自らが開発して数々の惑星で成果を挙げた「大気浄化弾」を独断で使用するも、地球の大気と浄化弾は相性が合わず、結果として電磁地球全土に広がった事でレーダーが使用不能となり、怪獣たちの侵攻という深刻な事態を招いたことで独房入りを余儀なくされた。
やがてETF侵攻作戦によって死亡したとされたが、顔と身体の大部分に重傷を負ったところをザラ人に助けられていた。しかし彼らによって新たに与えられた顔を酷く嫌ったユーゼスは素顔を隠すべく、仮面を被るようになる。(スパロボ等でもお染みのあの姿である。)

その後クロスゲート・パラダイム・システム40年という日をかけて作り上げ、ウルトラマンデビルガンダムなど様々なを取り込んで全ての時間・因果を制御できる存在となるべく暗躍する。
やがてガイアセイバーズとの最終決戦ではそれを実現できる存在「ゼスト」と成り、自らを取り巻く全ての因果を破壊しようとするが、時や因果を御するウルトラマン達の英断で封印され、最後はSRX天上天下一撃必殺で倒された。
ガイアセイバーズとの決戦に敗れた後はイングラム達に自らの本心を全て明かし散っていく。この時の会話によれば、ユーゼス自身も善と悪の間でしていたようであり、後のスパロボαシリーズに登場するような全なる悪役にはなれなかったようだ。同様に、本作におけるイングラムはユーゼスの良心を生き映した姿、とも評されている。 


スーパーロボット大戦シリーズ


スーパーロボット大戦α

本作に登場するユーゼスは純然たるバルマー人(ゼ・バルマリ帝国の出身)である。
先述のスーパーヒーロー作戦に登場した彼とは姿こそ一緒であるものの人格はまるで別人で、自分以外の存在を具・手駒としか考えていないなど冷酷非情な人物となっており、悪役としての側面を強調する一面が押し出されている。

こちらの作品でも上記と同様に、自らが越者(絶対者)となる事を最終的に行動しており、帝国観察軍第7艦隊の副官という立場のもと地球侵攻作戦を実行。する傍らで、的を実行する上で必要不可欠たるサイコドライバー超能力者)を地球内に探しめたり、地球人がバルマー他異人部隊に対抗できるを得られるよう様々な仕掛け・下準備を地球側へ施していた。その1つとして予め地球人として地球に潜入させていたイングラム・プリスケンを利用し地球側の戦データを収集させたり、サイコドライバーを見つけ身柄を確保してくる、などというものがある。
 さらには艦隊官であるラオデキヤ・ジュデッカ・ゴッツォを謀殺した後に自らが作成した、自らに有利な行動を取るよう調整されたクローンを差し替える事により事実上艦隊を思うがまま操っていた。
そして、自分が一連の事件の黒幕である事を明かした際の台詞それも私だネット上などでネタになった。

その結果、ユーゼスの論見通り事は進んでいったのだが地球人達が想定外を手に入れた事により返り討ちに遭ってしまい、さらには自らの手駒として利用していたはずのシュウ・シラカワ及びイングラム、そしてサイコドライバーとしての覚醒させたリュウセイを筆頭とするスーパーロボット軍団に倒された。
DC版では結末が異なり、クローンではないオリジナルラオデキヤによって粛清される事になる)

α外伝以降のシリーズでも彼の名前はストーリー中でちょくちょく登場するのだが、その理由としてαシリーズにおける全ての黒幕霊帝ケイサル・エフェス』の存在、正負のの存在、地球人とバルマー人の関係、さらにはサイコドライバーに関連する事実など、ゼ・バルマリィ側でも秘匿されていた真実にただ一人辿り着いていたという事が大きいだろう。
(上記の事実が判明するのは、サルファストーリー終盤にて登場人物達が霊帝の存在を知った辺りである)
αシリーズ世界にてユーゼスがCPSを作り上げたのも、霊帝たるケイサル・エフェスに対抗するためではないかともされているため、彼自身に非な才があった事は間違いない。
さらに付け加えるなら、α世界の場合は結果として自身が倒される事でイングラムリュウセイ達(ほか、後のαナンバーズ)を自らに代わって霊帝を倒すための抑止とさせる事ができたことにもなるのだが。

また、後述する台詞を見る限り、この世界のユーゼスもまた別の世界からやってきたのではないかという可性が示唆されているが・・・?

スーパーロボット大戦OGシリーズ

直接の登場は「第2次OG」からだが、OGSの冒頭にも登場している彼らしき人物が後述する通りOG世界イングラム憑依した「何者か」についてを知っているような台詞がある。先述の事実とあわせ、「実はユーゼスもイングラムと同様に虚構世界から転移してきたのではないか」と言われていたが、今作のユーゼスや鋼龍戦隊の一部の面々の様子から、前世(過去の登場作品)の記憶を断片的に持っている、という事実が判明する。
OG」のプロローグ以降長らく姿を見せなかったが、「第2次OG」より満を持して登場。

第2次OG」でもバルマー人で、アルテウル・シュタインベックと名乗って暗躍し、「α」同様に全なる調停者となって己の運命を変える事を論んでいた。その一環としてツェントル・プロジェクトへ出資したり、異世界からの訪問者であるアクセル・アルマーとの接触を図っていたりした他、自らの手足となる連邦特殊部隊ガイアセイバーズ」を編成して官となるなど、ストーリー初期から活発に活動していた。また、前述の通り前世(「αシリーズ)での記憶を幾らか持っており、機動兵器ガリルナガンを開発して、配下のアーマラ・バートンに与えて暗躍させた。
なお、アルテウルと名乗っている時は仮面を外して素顔を見せているが、この素顔は「SHO」でザラ人に整形される前の顔をリデザインしたものである。SHOで登場した大気浄化弾を使用する際のユーゼスや「第3次α」のハザル、シヴァー達と似た顔立ちをしている為、過去作品をプレーした人はアルテウルの顔を見て彼の正体にピンときた人も少なくなかったのではなかろうか。
アニメ「ディバイン・ウォーズ」を見た人ならキャラクター辞典の記述『CV乃村健次』でも気づいたかもしれないし、物事を意のままに操作しようとする行動や雰囲気などから察することもできたかもしれないが。)

中盤で用済みとなったグライエン・グラスマン大統領を謀殺し、その罪を鋼龍戦隊に被せて連邦軍の実権を握してからは鋼龍戦隊を執拗に狙うが、悉く失敗する。また、配下のカーリー・ナウマンやミツコ・イスルギなど次第に周囲からも疑惑のを向けられるようになる。

最終局面で遂に正体を表し、鋼龍戦隊敗北したナシム・ガンエデンを乗っ取ると、AI1やガリルナガンクロスゲート、更にイーグレット・イングエグゼクスバインを取り込んだ異形の存在「アダマトロン」となり、自らの的を達成させようとするが、異人としての正体を現した事で昂したカーリーことリー・リンジュン戦艦エアクリスマスで特攻した隙にイングに脱出された事で形成が逆転し、鋼龍戦隊の総攻撃を受けて敗北。自身の結末を認めないまま消滅した。
流れ自体は上述のSHOラストウルトラ兄弟(=エアクリスマス)が犠牲になってゼストのを殺いだ過程を再現している、とも受け取れるが、イングを筆頭とする鋼龍戦隊敗北したのちトチ狂って絶対者である事をひたすら叫びながら散っていく姿はSHOαの最期とは似ても似つかないものだった。

ちなみに、イングラムエアロゲイターを操ったりホワイトスター(ネビーイーム)を地球圏へ送り込む事で、L5戦役を起こした黒幕であった事が本作で判明する。

なお、今作ユーゼスは因果の鎖を断ち切らない限り運命を変えられない事や、イングラム必要不可欠な存在である事を知らないなど、過去作にべて知識が欠けている部分がある。
そりゃあトロンベの人にも、「アルテウルの策略は巧妙なように見えてが多い」とか言われてるし。
また、作中ではアダマトロンで異間を開いたり並行世界へ干渉するなど様々にやらかしているが、α世界にて「因果の番人」の役割を持っていたイングラムクォヴレーいは、別の並行世界にも存在すると思われる「因果の番人」の担い手)がOG世界アダマトロンの元へ姿を現さない事を考えると、結局はアダマトロンの出現そのものがOG世界のユーゼスを取り巻く「運命(因果)」の一部だったと考えるのが妥当か。言い換えれば、「因果の番人たる存在に、『並行世界や運命をめる存在』とすら認識されかったから」とも言える。
仮にもし論み通り鋼龍戦隊を消滅させる事に成功したとしても、的のためにCPSで因果を変したり並行世界へ干渉することを続ければ、並行世界に存在する因果の番人にを付けられるであろう事は想像に難くない為、結局CPS拘り続ける限り破滅へ追い込まれる運命に変わりはないと思われる。


その名台詞も私だ


スーパーヒーロー作戦

スーパーロボット大戦α

OGシリーズ


次へ»
最終更新日: 14/11/11 13:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ