ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヨメガ・セイバーウイングファイヤーボール


ヨミ: セイバーウイングファイヤーボール

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧

ヨメガヨメガ・セイバーウイング > ヨメガ・セイバーウイングファイヤーボール
バンダイハイパーヨーヨー > ステルスファイヤー

セイバーウイングファイヤーボール(Saber Wing Fireball)とは、ヨメガが販売しているヨーヨーの名である。

ハイパーヨーヨーでの名称は「ステルスファイヤー」


概要


ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/agh0Pulv9rz0rVw/status/1189475292374388736[外部]
ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/clotfoa/status/974578694860795904[外部]

1997年発売。

ヨメガ初のバタフライ形状機種。
セイバーウイングシリーズ1号であり、単に「セイバーウイング」と言う場合は本機をす。
パッケージロゴも「SABER WING」とだけ書かれているが、カタログ通販では「セイバーウイングブレイン」との区別のため「Saber Wing Fireball」と表記されていることが多い。

ボディによりストリングの上にヨーヨーを載せやすくなっている、ストリングプレイ向きの機種。
ナイロンベアリングによりある程度のロングスリープができ、第1期ハイパーヨーヨーの「スーパーレベル」程度であれば余裕をもってこなせる。ルーピングプレイがやりづらいとはいえ、エッジが高めであるため不可能というほどではない。

第1期ハイパーヨーヨーでは「ステルスファイヤー」の名で発売され、「ハイパーブレイン」「ファイヤーボール」と人気を三分した機種である。
超速スピナー』で、人気ヒロイン霧崎マイが使用したことも人気に拍をかけた。

軽くて子どもにも扱いやすく、スリープループもそこそここなせるために「ハイパーヨーヨー」という組みの中では使いやすいヨーヨーであった。
一方、ヨーヨーの設計技術が進歩し、プレイスタイル自体もルーピングプレイストリングプレイを別のヨーヨーで行うようになると、本機の仕様ストリングプレイに向いていないとされるようになった。
また、ボールベアリングの価格破壊に伴い、ナイロンベアリングの「安価」というメリットがなくなってしまった。

こうして「セイバーウイングファイヤーボール」は2000年以降使われなくなっていき、「ダンカン・フリーハンド」などの安価ボールベアリング機が盛すると、競技用としては全に時代遅れとなった。

第2期ハイパーヨーヨーでも発売されたが、それより前に「フリーハンド」がリリースされていたために「ステルスレイダー」ともども見劣りするヨーヨーになってしまい、ろくに売れなかった。

2000年代半ば頃を最後に生産終了となり、現在は在庫のみの販売である。
「軽い」というコンセプトは、のちに「ヨメガ・パワースピングロウイング」に引き継がれている。


関連機種



関連動画



■sm31946708[ニコ動]

■sm35445207[ニコ動]


関連静画


■im2235647(静画)


関連商品


■azB0020RHIWY


関連項目



最終更新日: 19/10/31 00:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ