ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヨメガ・レイダー


ヨミ: レイダー

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧ヨメガ > ヨメガ・レイダー
ヨーヨーヨーヨーの機種一覧バンダイハイパーヨーヨー > ハイパーレイダー/ストームタイガー

レイダー(Raider)とは、ヨメガが販売するヨーヨーの名である。
ハイパーヨーヨーでは、「ハイパーレイダー」または「ストームタイガー」の名称で発売された。


概要


ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/rewindyoyo/status/729854275241680896[外部]

1991年発売。

ヨメガボールベアリング搭載機種。これにより、当時としては驚異的なスリープ時間を実現。

発売当初から2010年代後半まで、ルーピングモデルの頂点に君臨し続けた。
ハイパーヨーヨーの大会では上位入賞者が軒並みハイパーレイダーを使っており、ハイパーヨーヨー撤退後は下記のように改造した「ナイスペレイダー」世界大会を席巻した。

そして今なお、ナイスペレイダーのセッティングは、ルーピングヨーヨーのデファクトスタンダードである。

2010年代後半以降は大会の最前線にはあまり登らなくなっているが、それでも、レイダーの仕組みを受け継いだ他社製ヨーヨー環境の大多数を占めている。


歴史


2000年代を通し、レイダーえるシステムを持つルーピングヨーヨーを作る試みは、他社もヨメガ自身も行ってきた。

く、コントロールエッジの高い薄シェイプがよい。
く、レスポンスシステムフリクションステッカーゴムリングはたまた縫い付けたストリング
く、慣性モーメントを稼ぐため金属リムやヘヴィグラヴティにするのはどうか。

しかし、メーカーが何を作ろうと、ユーザーの支持は一時的なものにとどまり、ナイスペレイダーに舞い戻るという状況が続いた。

結局、各メーカー「これ以上大きくいじりようがない」という結論を出した。
ユーザー「ナイスペレイダーみたいなヨーヨーが欲しい!」という要えるヨーヨーは、ついに作れなかったのである。

2010年代ルーピングヨーヨー「ウチ流のナイスペレイダーを作る」方向性で固まっている。
溝幅を調整できる「ヨーヨーファクトリー・ループ1080」「JPLSolutions・LoopUP」。
開けてすぐ使いやすい「ヨーヨージョーカー・ボルテクス」「C3ヨーヨーデザイン・イニシエーター」。

その結果、わざわざ改造しなくともよいルーピングヨーヨーが増え、レイダーそのもののシェアは下がっていった。そして2018年ジャパンナショナルヨーヨーコンテストにおいて、決勝進出者の中にレイダー使用者はついに2名のみとなり、20年にもわたるレイダー下は終焉を迎えた。

しかし、後に続くヨーヨーは、すべてレイダーシェイプ」「スターバースト」「小径ベアリング」「スペーサー」を持っている。

レイダーは時代遅れになったのではなく、他メーカープライドを捨ててまでもフォロワーを作らせ、20年間袋だたきにして、やっと倒せたヨーヨーであるといえる。


ナイスペレイダー


現在広く行われている、レイダー改造法。

ルーピングヨーヨーは戻りの良さが命であり、そのためにはギャップ幅は狭い方がいい。
しかし、ノーマルレイダーは幅が広く作られている。

ノーマルレイダーには金属スペーサーが搭載されているが、初期の頃に付属していたポリアセタール脂製のスペーサー(当初ナイロン製だと思われていたので、通称ナイス)も別売りされている。

ナイスペはスペよりも薄いため、これに換装してネジを強く締め込むことで、溝幅を狭くすることができる。このままではスペーサーにストリングが挟まってしまうので、やすりで削って調整する(現在は調整済みのものも売っている)。

読めば分かる通り、この改造ヨーヨーを壊す可性が非常に高く、作れたとしても使い続けるうちに感覚が変わってしまうという非常にデリケートなものである。
試す時は、いくつか壊す覚悟で、自己責任で行うようにしたい。

ナイスペ「レイダー」という名前だが、実際にはファイヤーボールで行われることが多い。
これは、レイダー(2500円)+ナイスペ2個(240円)を買うよりも、ファイヤーボール(1500円)とナイスペを買ってボールベアリング(600円)・レイダー用軸(300円)を使いまわしたほうが安上がりであるため。
また、ファイヤーボールデザインが好きなプレイヤーが多いことや、カラーバリエーションが豊富なことも理由。

なお、第3期ハイパー版の「ストームタイガー」や「スピンフェニックス」は、軸がボルトになっていおり、はずせないようになっている。ハイパーヨーヨーではヨーヨー改造が禁止されており、ナイスペ化を防ぐ的と思われる。しかしながら、軸がついていない方に面と通常レイダーの軸を使うことでナイスペ化は可である。

昔は、2Aを本格的にやろうとしたらナイスペレイダーを作るのが必須だった。
現在では改造でも優秀なヨーヨーが多数販売されているが、ナイスペレイダーの感覚にこだわるプレイヤーもまだまだ多い。


改造禁止時のセッティング


ハイパーヨーヨーでは、ヨーヨー改造が禁止されている。
すなわち、戻りを良くするためにギャップ幅を狭めることができない。
当時のトッププレイヤーは、それ以外の方法で戻りを良くする方法に苦心した。

具体的には、以下の方法を使っていたようである。

第3期ハイパーヨーヨーでは、「スパイラルジャガー」や「エースラッシュ」といった、製品仕様としてギャップ幅を狭められるヨーヨーが発売されたため、ナイスペレイダーが作れないことはさほど問題にならない。


モデル


細かいバージョン違いも含めればもっと多いと思われるが、ここでは、部品や造形が大きく変化した時期で区切る。


バージョン1


ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/yoyoshopnest/status/1312230743590883328[外部]

初期。同時期の「ファイヤーボール」「ブレイン」と同じくXフレームが入っており、スペーサーはポリアセタール脂製である。


1990年代後半


日本で「ファルホークレイダー」「ハイパーレイダー(第1期)」として販売されていたものと概ね同等品。

Xフレーム止され、金属スペーサーに変更された。

21世紀になってからは生産拠点を米国から中国に移行。は同じと発表されてはいるものの、プレイヤーの中には「中国製になってから使いにくくなった」と感じ、USA版にこだわる者も多い。


ハイパーレイダー(第2期)


2003年発売。基本的な構造は第1期と同じだが、スターバーストの山が高くなり、戻りが良くなったと言われている。


ストームタイガー


第3期ハイパーヨーヨー版。

基本的な構造は海外版と同じだが、軸がボルト・ナットになっており、全に外すことができない。


2012年版


デザインだけ変更。ドクロと天使羽根モチーフにした、ロックデザインとなった。

しかし、これが米国暴走族Hell's Angelsのロゴにそっくりなことから、商標権を有する当該団体から告訴された。その後の経過は不明なまま2018年デザインに移行している。


2018年版


おそらくデザインだけの変更。全体的に細身のロゴとなった。同時にリニューアルされた「ファイヤーボール」「ブレイン」と異なり、オリジナルの「レイダー」に近いデザインである。


2020年版


デザイン2018年版のまま。この版から設計変更がある。

ボディリム部分の「MADE IN CHINA」の表記がモールドによる刻印となった。スペーサーがリニューアルされ、外れにくくなっている。軸はいわゆる「ブラウンアクセル」から変更されたため、ナイスペ化のやり方が従来と異なる可性がある。

この版は、ボディ内側の部分に「©2020 Yomega Corp.」のプリントがある。


派生機種



セイバーレイダー / ステルスレイダー


■azB000O1P7Y4
■azB0035VTU1G

ステルスレイダー

レイダーストリングプレイタイプモデル


レイダーEX / スパイラルジャガー


■azB00NIFBJHW
■azB006M6Y0S4

ヨメガ・レイダーEX

厚みの違う金属スペーサーが複数付属したレイダー
メーカー下で、安全にルーピング仕様レイダーが作れる。


レイダー Lock n' Load


軸にベアリング圧入されており、ベアリングの精度を高めたレイダー

…なのだが、すなわちベアリングが外れないということである。
こんなものはナイスペを作る上で邪魔でしかないため、総スカンを食らってそうそうに姿を消した。

しかし、空中分解してもベアリングをなくさない」というメリット活用すればよいことに随分あとになって気づかれ、「ヨメガ・マグネター」に応用されている。


RBⅡ / ハイパーアールビーツー


■azB018F6D3IQ
■azB002UNAUB4

ヨメガ・RBⅡ

キャップがついていないレイダー。「ヨメガ・パワースピン」のボールベアリング版。
重量が軽く、外側よりになるため、軽さとスリープを両立させたというウリ文句だった。


RPM


ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/shikaking/status/740920353472421890[外部]

コンピューターを内蔵し、スリープ時間・回転速度ループ回数を測ってくれる。

コロコロコミックでも紹介されていたが、バンダイ撤退によりハイパーヨーヨー化することはなかった。


ハイパーワープ


ヨメガ・ハイパーワープ

レイダーより重量が重く、スリープの高い機種。キャップはまっら。
当初ハイパーヨーヨーとして発売されており、英語版でも「ハイパー」がつけられている。


関連機種



1990年代



2000年代



2010年代



次へ»
最終更新日: 20/12/23 21:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ