ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヨーヨージャム・シグマブレード


ヨミ: シグマブレード

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧ヨーヨージャム > ヨーヨージャム・シグマブレード

シグマブレード(Sigma Blade)とは、ヨーヨージャムに降臨せし双剣である。


概要


チームヨーヨージャムメンバーだった、島田大輔シグネイチャーモデル
当人のプレイスタイルであるAAA向けのヨーヨーとして開発された。

能面での特徴は「幅が狭い」「小であり、複雑なストリング構造の間にも入っていけるように工夫されていたが、最大の特徴は中二病イズムあふれる見たコンセプトである。

大剣と直線的なロゴを中心に据えたキャップデザインは、良くも悪くも牧歌的なデザインだった当時(2002-3年頃)のヨーヨージャム機種にべて鮮イメージを植え付けた。

このコンセプトは、後継機の「シグマブレードツヴァイ」でさらに先鋭化する。
あえて当時のトレンドから外した設計と文字通り「った」デザインが、かえって「選ばれたもののみが扱える」という秘性を刺し、大人気機種となった。


シグマブレード


最初のシグマブレード
狭い全幅・小という特徴を最初に備えた機種。
ニッケル真鍮リム搭載。レスポンスシステムは当時引き戻しに向いているとされたスターバースト

時の人気機種「ヨーヨージャム・ナイトムーブズ」は、トラピーズ有効幅を大きく取った機種であったため、好対照となった。


シグマブレードツヴァイ


というわけで、初心者にはおすすめできません。怪しても知りませんよ?

後継機にして問題作

普通ストリングトリック機において「全幅」と「トラピーズ有効幅(トラピーズをしたときに、ストリングが乗る範囲)」はほぼ同義であり、狭い隙間に通すため幅を狭くすれば、トラピーズは成功しづらくなる。

島田は、全幅を変えずにトラピーズ有効幅を広げる奇策として、フチの部分をらせることにした。
金属リム機種で
こうしてできた「シグマブレードツヴァイ」のプロトタイプは、見たからして危険極まりない代物で、手を傷だらけにしてプレイしなければならなかった。

いくら自己責任と言っても、製品として問題があるレベルであったため、いったん発売中止になる。
しかし発売を要望するは多く、2005年に正式発売。リム若干丸められている。

レスポンスシステムは、組み替えてスターバーストとWOリングにすることを想定し、プロトタイプではハイブリッドスターを採用していた。
製品版では、本人のプレイスタイルの変化もあって、両面Oリングになっている。


シグマブレードゼクス


「シグマブレードツヴァイ」のマイナーチェンジ版。Sigma Blade Zwei EX の略。
それまでのニッケル真鍮リムを捨て、幅の広いアルミリムを採用と、かなり冒険した機種。

…というわけではなく、島田Blogで紹介されたエイプリルフールネタである。
その正体は「シグマブレード」のプロトタイプの一つであった模様。
当時、「ツヴァイ発売中止の報があってしばらく後であったため、引っかかったプレイヤーは多かった。


シグマグレイヴ


島田大輔第3のシグネイチャーモデルになるべく、プロトタイプが作られていたヨーヨー
島田独立し、ヨーヨージョーカーを設立したことにより、未発売に終わった。

デザインとしては、インバースラウンドを採用したフルメタル機種であり、このコンセプトは「ヨーヨージョーカーダブルジョーカー」に受け継がれた。


関連動画



■sm590286[ニコ動]

■sm32051956[ニコ動]


関連商品



関連項目



最終更新日: 17/10/10 12:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ