ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ライオン


ヨミ: ライオン
掲示板をミル!
103カキコ!
曖昧さ回避 この記事では動物のライオンについて解説しています。

ライオン (Lion) とは、ネコヒョウ属の食動物である。


概要


[画像を見る]ご存じの王、最強捕食動物(補)、デッカいネコ。数ある動物の中でも1・2を争うほどの人気を持つ、超ド級メジャー動物である。

オスは立な鬣を持つ事で有名(ただし鬣が未発達だったり存在しない個体や生息地もある)。

大きいものでは体長3メートルを越す個体もいるが、赤ちゃん子供幼獣の頃は本当にただのみたいで可らしい。といっても四肢の太さや顔のパーツ位置、頭と体の率の違いなどからイエネコの成との区別は容易である。

基本的に緯度が高い地域ほど大になり、気温が暑い地域ほど体格が小柄になり鬣も小振り・あまり発達しなくなる模様。モロッコ辺りに生息するバーバリライオン現在のライオン中最もデカい種類になる。

サバンナなど原地帯で群れを成して暮らしている。生涯単独行動する種がほどんどのネコ動物において、群れを形成しての集団生活を営む習性は実はかなりしい(イエネコも集まっているをしばしば見ることはあるが、ライオンのように狩猟を共にするわけではない)。

スタミナはい代わりに一と役割分担によるチームワークで、び寄ってからの飛び掛かりや獲物を追い込んで包囲したりなどで狩りをする。

生息地における生態系の頂点に君臨する、強捕食者。必要となればあらゆるサイズ動物捕食と見なし、ありとあらゆる動物狩り殺せる。獲物として攻撃するだけでなく、ハイエナヒョウチーターなどは向こうが苦労して獲得したエサを強引に奪い取る対や子ライオンに対する驚異を排除する的で攻撃を仕掛ける事もある。サバンナにおいてはライオンの圧をどうやって潜り抜けるかが生存の鍵とも言えるほど圧倒的存在感を持つ、まさに強者・王者である。

食性は食。要な獲物はインパラガゼルイノシシシマウマ・ヌー・スイギュウなどで、生息地域によって差がある。通常は襲ったりはしないが、空腹などの状況によってはキリンゾウカバサイといった大動物ヤマアラシラーテルダチョウ・ヒヒといった狩るのに苦労が多い動物も標的となる。特に期に大集団を形成して大移動をしてくるヌーはライオンの大切な食糧獲得イベントであり、テレビでも度々ライオンとヌーの命がけの攻防戦はお染みのとなっている。1度の食事で30㎏もの量のらげる。

プライドと呼ばれる集団を形成する。内訳はオス成数頭にメス成多数、そして育児中の幼個体という構成。いわゆる一夫多妻制のハーレムに近い環境ではあるが、オス個体は若くして生まれ育った群れを追い出され、生き残って子孫を残すためには他の群れのオスと闘争して勝ち抜き自分が群れのリーダーになるしかないという全実社会であり(さもなくば餓死)、負ければメスを奪われ子どもは皆殺し自分の命も危うくなると文字通り全てを失ってしまう、男性にとってはお世辞にも楽とは言いがたい生活史を持つ。

一方メスはメスで狩りという最大の本業を担わなければならず、狩りの技術がヘタクソだったり他のメスとの連携ができなかったり獲物の群れを発見できなかったりすると、子ども達や夫ともども野垂れ死に一直線という責任重大な立場である。この世は弱肉強食、強く生き残るを持つ個体だけが生存を許されるのだ。

オスは一定年齢以上に達し性成熟するとプライドを追い出され、己ののみで生きていかなければならない。立ちやすい鬣や巨体で1頭のみで狩りをして生きていくのは生半可な事ではなく、オスは自身のプライドを確保するのを生涯一にして最大の標と定め、広大サバンナを流浪しながら経験を得てを高めていく。

やがてプライドリーダーのオスに戦いを挑み、死闘に勝利すればそのプライドに属するモノ全てを手に入れる。負けた方は内容にもよるが心身共にボロボロの状態でサバンナの大地に放り出される事になり、最悪の場合そのまま命を落とす。老化や相次ぐ戦いによるケガ・ストレスよる身体の衰えから何時かは他の若いオスに負ける定めにあり、プライドを維持出来る期間はほんの僅かである。

そのためプライドを支配するオスは外敵排除など群れの維持以外は極消費を抑える暮らしを取るようになり、大体はゴロゴロして1日を過ごす(動き続けるにはアフリカの気温はあまりにも暑い、この暮らしは空腹時以外のメスなども同様)。プライドを守る責任の報酬として自分で狩りをしなくてもメスが獲物を用意してくれるし、食事でもっ先にエサにあり付ける。

リーダーのオスに勝ちプライドを奪い取ったオスはプライド内に居る一定基準以下の子ライオンを全て噛み殺すという、子殺しの習性を持つ事で知られている。この行動はプライド内に居るメスの発情を促すためと見られている。メスは子ライオンが一定以上成長するまで交尾にならないため、いちく子孫を1頭でも多く残したいオスにとっては、自分の遺伝子を受け継いでおらず繁殖活動を遅らせる・自分の子孫のライバルになる、などリスクにしかならない子ライオンを生かしておく理由もないため、さっさと殺してメスを発情させようという底した合理的判断によって、この習性は遂行される。プライド内のメスは抵抗する時もあるが、大抵の場合は粛々と子殺しを受け入れ、抵抗活動もどは成功しない。

中には自分の子どもを殺されるのを納得出来ずプライドから脱走する個体も居るようだが、群れを失い且つオスよりも戦闘で劣るメスライオンが子守りをしながら生きていけるほど自然界は優しい場所ではなく、プライド内のメスは余所者のメスが加わるのを嫌うため、まず子共に野垂れ死んでしまう。

の王と呼ばれるほどの強大なを持つライオンだが、当然ながら子どもの頃は貧弱であり、周囲のあらゆる驚異にされる。前述した子殺しの習性の危険にされるほか、ハイエナなど他の動物動物は将来の敵を減らすべく子ライオンを見つけると率先して殺しに掛かってくる。狩りで手に入れた獲物が少ないと子ライオンにはエサが与えられず餓死の危険もある。誕生した子どものうち1年以内に死ぬ割合は全体の60%・2年以内だと割合は80%にも達する。事成長する個体はほんの僅かだけ。

堂々とした体格と、雄の成のみが持つ立な鬣から、「の王」の二つ名を持ち、古来から勇気・王権の徴とされの姿に用いられたり(スフィンクス等)、紋章に描くシンボルとして利用されや文化の守護者と崇められたり、基本的にな扱いを受けている。

この対として、他者の獲物の強奪や屍喰らいのイメージから狡猾・卑怯者のレッテルセットハイエナが引き合いに出されることが多いが、実際のところハイエナもきちんと生きている獲物を狙って狩りを行うし、むしろライオンの方がハイエナチーターの獲物を横から強奪するVTRに押さえられるなど、別にどちらの方が誇り高くてどちらの方が卑怯かといった優劣はない。あくまでも人間が勝手に後付けした価値観である。他の動物が手に入れた獲物をで奪い取りの前で貪り食うは、自然界の弱肉強食の掟とライオンの理不尽なまでのと権威を見せ付けてくる。


ライオンのトリビア



ライオンを基とするもの



関連動画



■sm3789001[ニコ動]

■sm5570279[ニコ動]
■sm413056[ニコ動]
■sm4165179[ニコ動]
■sm13998118[ニコ動]


関連商品


■azB000ESXCQ2
■azB000GHOA7Q
■azB000A3DX10
■azB00003IQK1


関連項目



最終更新日: 18/04/18 00:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ